映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・E・C・フェアチャイルド

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1958年 まで合計8映画作品)

1958年

潜航電撃隊

  • 1958年5月31日公開
  • 監督、脚色

イタリア映画「人間魚雷」「特攻魚雷作戦」などで映画化された、伊海軍フロッグメンに対する、英国側の対抗作戦を描いた作品。マーシャル・ピューの原作を「文化果つるところ」「マルタ島攻防戦」の脚本家ウィリアム・E・C・フェアチャイルドが脚色・監督。撮影監督は「マダムと泥棒」のオットー・ヘラー。美術監督はビル・アンドリュース、音楽ウィリアム・オルウィン。「嵐の中の青春」のローレンス・ハーヴェイが主演、「寝台の秘密」のドーン・アダムスが提督付婦人士官に扮する他、「キャンベル渓谷の激闘」のマイケル・クレイグ、ジョン・クレメンツ等が助演。イタリア側から「カルタゴの女奴隷」のジャンナ・マリア・カナーレや、マッシモ・セラート等が出演している。製作バートラン・オストラー。

監督
ウィリアム・E・C・フェアチャイルド
出演キャスト
ローレンス・ハーヴェイ ドーン・アダムス マイケル・クレイグ ジョン・クレメンツ
1955年

台風圏

  • 1955年12月19日公開
  • 脚色

美貌の女を囲む貨物船の荒くれ船員の葛藤を描いた海洋ドラマ。リチャード・アームストロングの原作を「文化果つるところ」のウィリアム・E・C・フェアチャイルドが脚色し、「暁の出航」のロイ・ウォード・ベイカーが監督した。撮影は「春風と百万紙幣」のジェフリー・アンスワース、音楽は「零下の地獄」のクリフトン・パーカー。主な出演者は「秘境ザンジバー」のアンソニー・スティール、「ロビン・フッド」のピーター・フィンチ、新星ダイアン・シレント、「快傑紅はこべ」のシリル・キューサック、「三文オペラ」のヒュー・グリフィス、「戦慄の七日間」のジェフリー・キーンなど。英ジュリアン・ウィントル・プロ製作、J・アーサー・ランク提供。

監督
ロイ・ウォード・ベイカー
出演キャスト
アンソニー・スティール ピーター・フィンチ ダイアン・シレント シリル・キューサック

マオリ族の怒り

  • 1955年1月29日公開
  • 脚色

「極楽ホテル」のジョージ・H・ブラウンが製作し、「剣と薔薇」のケン・アナキンが監督したニュー・ジーランド植民秘話。ジョン・ガスリーの小説を「封鎖作戦」のウィリアム・E・C・フェアチャイルドが脚色した。テクニカラー色彩撮影は「卑怯者」のジェフリー・アンスワース、音楽は「春風と百万紙幣」のウィリアム・オルウィン。「怒りの海」のジャック・ホーキンス、「憧れの小径」のグリニス・ジョンズが主演し、「デカメロン夜話」のノエル・パーセル、イニア・テ・ウィアタ、「浮気は巴里で」のケネス・ウィリアムズ、新人ラヤ・ラキらが助演。

監督
ケン・アナキン
出演キャスト
ジャック・ホーキンス グリニス・ジョンズ ノエル・パーセル イニア・テ・ウィアタ

マルタ島攻防戦

  • 1955年1月15日公開
  • 脚本

「戦慄の七日間」のピーターー・デ・サリニーが一九五三年に製作した戦記映画。「マオリ族の怒り」のウィリアム・E・C・フェアチャイルドとナイジェル・バルチンの共同脚本より「舞姫夫人」のブライアン・デズモンド・ハーストが監督した。撮影は「ロミオとジュリエット(1954)」のロバート・クラスカー、音楽は「マオリ族の怒り」のウィリアム・オルウィン。出演者は、「地中海夫人」のアレック・ギネス、「マオリ族の怒り」のジャック・ホーキンス、「秘境ザンジバー」のアンソニー・スティール、「ジェット機M7号」のミュリエル・パヴロウ、「ロミオとジュリエット(1954)」のフローラ・ロブソン、「最後の突撃」のルネ・アシャーソンら。

監督
ブライアン・デズモンド・ハースト
出演キャスト
アレック・ギネス ジャック・ホーキンス アンソニー・スティール ミュリエル・パヴロウ
1953年

封鎖作戦

  • 1953年11月13日公開
  • 脚色

第二次大戦、Uボートの基地サン・ナゼール軍港を封鎖した英駆逐艦の活躍を描く戦争映画一九五二年作品で、「人生模様」(第三話)のアイヴァン・ゴフとベン・ロバーツのチームが書きおろしたストーリイを、「文化果つるところ」のウィリアム・E・C・フェアチャイルドと、ヒュー・ヘイスティングス、ウィリアム・ローズの三人が脚色した。監督は、「フォーサイト家の女」のコンプトン・ベネット、製作はジョージ・ピッチャー。「鷲の谷」のハリー・ワックスマンが撮影を、「宝島」のクリフトン・パーカーが音楽を担当。出演者は「文化果つるところ」のトレヴァー・ハワード、「夜霧の都」のリチャード・アッテンボロー、「銃弾都市」のソニー・タフツ、「ジェット機M7号」のジェームズ・ドナルド、新人ジョーン・ライス(ロビン・フッド物語)、「落ちた偶像」のバーナード・リー、ロビン・ベイリー、ドラ・ブライアンら。

監督
コンプトン・ベネット
出演キャスト
トレヴァー・ハワード リチャード・アッテンボロー ソニー・タフツ ジェームズ・ドナルド

ジェット機M7号

  • 1953年8月1日公開
  • 脚本

「四重奏」のアントニー・ダーンボロウが製作し、「激情」のアンソニー・アスキスが監督した航空映画一九五三年作品。脚本は「文化果つるところ」のウィリアム・E・C・フェアチャイルドのオリジナル。撮影は「ハムレット(1947)」のデスモンド・ディキンソン、作曲は「極楽ホテル」のベンジャミン・フランケル、演奏指揮は「オリヴァ・ツイスト」のミュア・マシースンが担当。主演は「激情」のフィリス・カルヴァート、「舞姫夫人」のジェームズ・ドナルド、「艦長ホレーショ」のロバート・ビーティ、「絶壁の彼方に」のハーバート・ロムで、ミュリエル・パヴロウ(「間諜M1号」)、ウォルター・フィッツジェラルド(「宝島」)、モーリス・デナム(「青い珊瑚礁」)らが助演する。

監督
アンソニー・アスキス
出演キャスト
フィリス・カルヴァート ジェームズ・ドナルド ロバート・ビーティ ハーバート・ロム

文化果つるところ(1951)

  • 1953年3月19日公開
  • 脚色

「第三の男」のキャロル・リードが一九五一年に製作・監督した作品で、海洋小説家ジョゼフ・コンラッド原作の映画化。脚色は新進ウィリアム・E・C・フェアチャイルド、撮影はジョン・ウィルコックス(「超音ジェット機」の空中場面)、音楽は「女狐(1950)」のブライアン・イースデルの担当。出演者は「超音ジェット機」のラルフ・リチャードソン、「第三の男」のトレヴァー・ハワード、舞台俳優のロバート・モーレイとウェンディ・ヒラー(「渦巻」)、リードがこの作品のために発見したケリマ、それにジョージ・クールリス、ウィルフリッド・ハイド・ホワイトらである。

監督
キャロル・リード
出演キャスト
ラルフ・リチャードソン トレヴァー・ハワード ロバート・モーレイ ウェンディ・ヒラー
1950年

曉の出航

  • 1950年12月11日公開
  • 脚色

「南極のスコット」「幸福なる種族」のジョン・ミルズと「ギニ・ピッグ」等で今売出しの新人リチャード・アッテンボローが主演する映画で、ケネス・ウーラードの舞台劇を、海軍将校から戦後映画界に転じた新顔のウィリアム・E・C・フェアチャイルドが脚色し、新進のロイ・ウォード・ベイカーが監督した。撮影は「ハムレット(1947)」のデスモンド・ディキンソン、水中撮影は特に英海軍のホッジス少佐が受けもっている。助演者は「脱走兵(1948)」のナイジェル・パトリック、「青い珊瑚礁」のジェームズ・ヘイター、「闇の人生航路」のアンドリュー・クロフォード、「四重奏」のジョージ・コール、我国には初めてのヘレン・チェリー及び新進のラナ・モリス等である。

監督
ロイ・ウォード・ベイカー
出演キャスト
ジョン・ミルズ ヘレン・チェリー リチャード・アッテンボロー ラナ・モリス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・E・C・フェアチャイルド