TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャック・ウォーナー

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1962年 まで合計7映画作品)

1962年

スパイ戦線

  • 1962年9月11日(火)
  • 出演(Mr. Bushell 役)

R・J・ミニーの原作にもとづき、「女になる季節」のルイス・ギルバート監督がヴァーノン・ハリスと共同で脚色し彼が演出した作品で、女スパイの生涯を描いたもの。撮影はジョン・ウィルコックス、作曲はウィリアム・アルウィン、指揮はミューア・マシーソンが担当。出演者はヴァージニア・マッケナ、ポール・スコフィールド、ジャック・ウォーナー、ドニーズ・グレーなど。

監督
ルイス・ギルバート
出演キャスト
ヴァージニア・マッケナ ポール・スコフィールド ジャック・ウォーナー ドニーズ・グレー
1957年

マダムと泥棒

  • 1957年12月24日(火)
  • 出演(Police Superintendent 役)

若手の脚本家ウィリアム・ローズのオリジナル・シナリオを「成功の甘き香り」のアレクサンダー・マッケンドリックが渡米前にイギリスで監督したスリラー・コメディ。撮影監督はオットー・ヘラー、音楽はトリストラム・ケリイー。主演は「戦場にかける橋」のアレック・ギネス、「完全なる夫」のセシル・パーカー、「戦争と平和」のハーバート・ロム、「文なし横丁の人々」のダニー・グリーン、新人のピーター・セラーズ、七十七歳の老女優カティ・ジョンソン。

監督
アレクサンダー・マッケンドリック
出演キャスト
アレック・ギネス セシル・パーカー ハーバート・ロム ピーター・セラーズ
1955年

原子人間

  • 1955年11月21日(月)
  • 出演(Lomax 役)

ナイジェル・ニールのBBCテレビ劇からリチャード・ランドウと「銀の靴」の脚本を書いたヴァル・ゲストが共同脚色し、ヴァル・ゲストが監督した空想科学映画。撮影はジミー・ハーヴェイ、音楽はジェームズ・バーナード。主な出演者は「暴力帝国」のブライアン・ドンレヴィ、「鷲の谷」のジャック・ウォーナー、マージィア・ディーン、リチャード・ウォーズワースなど。

監督
ヴァル・ゲスト
出演キャスト
ブライアン・ドンレヴィ ジャック・ウォーナー マージィア・ディーン リチャード・ウォーズワース
1953年

鷲の谷

  • 1953年3月8日(日)
  • 出演(The Inspector 役)

「狂乱の狼火」の脚本を書いたテレンス・ヤングが脚本と監督を受けもった一九五一年作品で、北極の大雪原を舞台にしたメロドラマ。製作はナット・A・ブロンステン、撮影はハリー・ワックスマン(「艦長ホレーショ」の第二撮影者)、作曲はニーノ・ロータの担当。主演は「兇弾」のジャック・ウォーナー、フランス映画出身のナディア・グレイ、それにジョン・マッカラムの三人で、アンソニー・ドーソン(「スペードの女王」)、メアリー・ローラ・ウッド、ノーマン・マックオーアン、アルフレッド・モーアスタッドらが助演。

監督
テレンス・ヤング
出演キャスト
ジャック・ウォーナー ナディア・グレイ ジョン・マッカラム アンソニー・ドーソン
1947年

乱闘街

  • 1947年
  • 出演(Nightingale 役)

マイケル・バルコンが製作した一九四七年作品で、「愛の海峡」と同じくT・E・B・クラークが脚本を書卸し、編集者から昇進した新人でこれが第四回作品であるチャールズ・クライトンが監督し「捕われた心」のダグラス・スローカムが撮影した。音楽は「美女と野獣」のジョルジュ・オーリックが作曲している。出演者は「青の恐怖」「ウォタルー街」のアラステア・シム、「捕われた心」のジャック・ウォーナー及びジャック・ランバート、ヴァレリー・ホワイト、映画初出演の新人ジョーン・ダウリング、少年俳優ハリー・ファウラー以下十一名のブラッド・アンド・サンダー・ボーイズ等で、ほかに三百名の少年が登場する。

監督
チャールズ・クライトン
出演キャスト
アラステア・シム ジャック・ウォーナー ヴァレリー・ホワイト ジャック・ランバート
1950年

兇弾(1946)

  • 1950年8月15日(火)
  • 出演

殺人を犯した不良青年と、それを追う警官を描いた、バルコン・タッチの犯罪映画の代表作である。(バルコン・タッチとは、イーリング社のプロデューサーであるマイケル・バルコンの主張する劇映画とドキュメンタリー映画の融合気分であり、後のイギリス映画の、とりわけ冒険活劇やサスペンス・ドラマに大きな影響を与えたもの)監督は、後に「波止場の弾痕」「暴力のメロディ」「紳士同盟」など、同様な作品を作り続けたバジル・ディアデン。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
ダーク・ボガード ジャック・ウォーナー
1948年

とらわれた心

  • 1948年3月
  • 出演(Cpl. Horsfall 役)

「愛の海峡」と同じくマイケル・バルコンが製作した映画で、パトリック・カーワンが書きおろしたストーリーを、アンガス・マクフェイルがマーラグ収容所に捕虜生活をしていたガイ・モーガン中尉と協力して脚本を執筆し、かつて俳優だったバジル・ディアデン--「中途の家」「丑満時」の監督作品があり--が監督しダグラス・スローカムが撮影監督した。出演者は、目下ハリウッドにある「丑満時」「星への道」のマイケル・レドグレイヴを始め、彼の夫人で映画初出演のレイチェル・ケンプソン、同じく新人のジェーン・バーレット、マーヴィン・ジョンズ、ベイジル・ラドフォード、ゴードン・ジャクソン、ジャック・ウォーナー、ジミー・ハンリー、ガイ・ミドルトン、デレク・ボンド等で、マーラグ収容所にロケーションして撮影されたものである。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
マイケル・レッドグレーヴ レイチェル・ケンプソン マーヴィン・ジョンズ ベイジル・ラドフォード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャック・ウォーナー

ムービーウォーカー 上へ戻る