TOP > 人物を探す > マルク・ヴァルベル

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1953年 まで合計2映画作品)

1953年

奇襲作戦命令

  • 1953年1月19日(月)
  • 出演(Captain de Riel 役)

「モロッコ守備隊」のジャック・レミーとギイ・カルヴェのシナリオをレミーと「二百万人還る」のジャン・ドレヴィルが共同で潤色し、ドレヴィルが監督した一九四九年度作軍事劇である。撮影は「娼婦マヤ」のアンドレ・トーマ、音楽は「愛人ジュリエット」のジョゼフ・コスマ。出演者はヴェラ・ノルマン、「二百万人還る」のフランソワ・パトリス、「愛人ジュリエット」のルネ・ブランカール、(「天井桟敷の人々」)、マルク・ヴァルベル、ヨー・デストなどである。

監督
ジャン・ドレヴィル
出演キャスト
ヴェラ・ノルマン フランソワ・パトリス ルネ・ブランカール マルク・ヴァルベル
1934年

別れの曲

  • 1934年
  • 出演(Alfred de Musset 役)

楽聖フレデリック・ショパンの伝記に取材して「春のパレード」を脚色したハンガリーの劇作家エルンスト・マリシュカが脚色し、「モナ・リザの失踪」「春のパレード」のゲザ・フォン・ボルヴァリーが監督に当った映画である。撮影は「ワルツの夢」「少年探偵団」のウェルナー・ブランデスが担当し、台詞は「吼えろ!ヴォルガ」のジャック・ナタンソンが書き、ルネ・クレールの助監督として「最後の億万長者」「パリ祭」に協力したアルベール・ヴァランタンが総指揮に任じた。なおショパンの音楽を編曲に当ったのは伯林国立歌劇場の指揮者アロイス・メリハルである。ショパンには「姿なき殺人」出演の新進ジャン・セルヴェが扮し、助演者はいずれも舞台と映画とに出演している人々、ジャニーヌ・クリスパン、ダニエル・ルクルトワ、リュシエンヌ・ルマルシャン、マルセル・ヴァレ等の腕利きを始め「にんじん」のカトリーヌ・フォントネー、古くから知られているエルナ・モレナ、その他の面々である。

監督
ゲザ・フォン・ボルヴァリー
出演キャスト
ジャン・セルヴェ ジャニーヌ・クリスパン カトリーヌ・フォントネー マルセル・ヴァレ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > マルク・ヴァルベル