TOP > 人物を探す > ウィリアム・コートライト

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1928年 まで合計26映画作品)

1928年

先駆者時代

  • 1928年
  • 出演(Old_Bill 役)

「ジェス・ジェームス」に次いで製作されたフレッド・トムソン氏第2回主演西部劇で、同じくフランク・M・クリフトン氏が原作を執筆し、ロイド・イングレアム氏がアルフレッド・L・ワーカー氏と共同して監督したものである。助演者もやはり「ジェス・ジェームス」に出演したノラ・レーン嬢及びシルヴァー・キングを始め、トム・ウィルソン氏、ウィリアム・コートライト氏、ジョージ・マリオン氏で並びに監督のロイド・イングレアム氏も出演している。

監督
ロイド・イングレアム アルフレッド・L・ワーカー
出演キャスト
フレッド・トムソン シルヴァー・キング ノラ・レーン トム・ウィルソン

黒衣の騎士

  • 1928年
  • 出演(Bill_Foster 役)

「ジェス・ジェームス」「先駆者時代」に次ぐフレッド・トムソン氏主演西部劇で右記2映画を原作したフランク・M・クリフトン氏、共同監督したロイド・イングレアム氏とアルフレッド・L・ワーカー氏、撮影したマック・ステングラー氏、即ち同じ原作者、監督者、撮影者によって製作されたもの。助演者は「死線に立つ」「ニューヨークの暗黒面」等出演のエドナ・マーフィ嬢を始め、ハリー・ウッズ氏、ウィリアム・コートライト氏及び名馬シルヴァー・キング等である。

監督
ロイド・イングレアム アルフレッド・L・ワーカー
出演キャスト
フレッド・トムソン エドナ・マーフィ ウィリアム・コートライト ハリー・ウッズ

キット・カーソン

  • 1928年
  • 出演(Bill_Williams 役)

「ジェス・ジェームス」「先駆者時代」「黒衣の騎士」に次ぐフレッド・トムソン氏主演西部劇で、右三映画と同じく原作者はフランク・M・クリフトン氏、監督者はロイド・イングレアム氏とアルフレッド・ワーカー氏である。助演者は、「先駆の時代」「ジェス・ジェームス」「一夜の秘密」のノラ・レーン嬢を始め、ラウール・パオリ氏、ドロシー・ジャニス嬢、ウィリアム・コートライト氏等で白銀王が活躍すること例の通り。

監督
ロイド・イングレアム アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
フレッド・トムソン ノラ・レーン ラウール・パオリ ドロシー・ジャニス
1927年

弱虫運動療法

  • 1927年
  • 出演(Bob 役)

J・C・ニュージェント氏、エリオット・ニュージェント氏合作の喜劇を映画化したもので、ポール・ショーフィールド氏が脚色し「喧嘩友達」「相縁奇縁」と同じくリチャード・ウオーレス氏が監督した。主役は「結ぶ縁恋の釣天井」「想い叶いて」等出演のジャック・マルホール氏が勤め、「与太奮戦記」「喧嘩友達」等出演のチャーリー・マレイ氏を始め「太平洋横断」「ドン・ファン(1926)」等出演のジェーン・ウィントン嬢「南京豆小僧」「頓珍漢武者振るう」等出演のグレン・トライオン氏、ジーン・アーサー嬢、ブルース・ゴードン氏、ヘンリー・ヴィバート氏等が共演している。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ジャック・マルホール チャーリー・マレイ ジーン・アーサー ジェーン・ウィントン

デパート娘大学

  • 1927年
  • 出演(Stock_Clerk 役)

キャスリーン・ノーリス女史の小説を、アレン・マクニール氏とティム・ウィーラン氏とが映画向きに書き改め、それを更にホープ・ロアリング女史が実際用に脚色し、「ロイドの福の神」を監督したサム・テイラー氏が監督した「アンニー可愛や」「雀」に続くメアリー・ビャクフォード嬢主演の映画である。相手役は「青春の悦び」出演の新進チャールズ・ロジャース氏で、そのほかアヴォンヌ・テイラー嬢、ホバート・ボスウォース氏、カーメリタ・ジェラティ嬢、マック・スウェイン氏、ルシェン・リトルフィールド氏、ウィリアム・コートライト氏などが是れを助けて出演している。

監督
サム・テイラー
出演キャスト
メアリー・ピックフォード チャールズ・ロジャース アヴォンヌ・テイラー ホバート・ボスウォース

ジェス・ジェムーズ

  • 1927年
  • 出演(Parson_Bill 役)

フレッド・トムソン氏がパラマウント社と提携後第1回製作映画で、從来のフレッド・トムソン映画と同じ顔触れによって作られている。すなわち、原作をフランク・M・クリフトン氏が書き卸し、ロイド・イングレアム氏が監督の任に当り、エイ・エル・ワーカー氏が総指揮を掌っている。相手役は新顔のノラ・レーン嬢で、その他に名馬シルヴァー・キングは申すに及ばず、モンタギュー・ラヴ氏、メアリー・カー夫人、ジェームズ・ピアース氏なども出演している。因に主人公のジェス・ジェームズというのはアメリカ史上南北戦争時代を賑わした実際の人物で、この映画はその事蹟を粉飾して作られたものである。

監督
ロイド・イングレアム
出演キャスト
フレッド・トムソン メアリー・カー ジェームズ・ピアース ハリー・ウッズ

アリゾナ・ナイト

  • 1927年
  • 出演(Bill_Barrow 役)

「ドン・マイク」「先駆者時代」「ジェス・ジェームズ」等と同じくフレッド・トムソン主演西部劇で、同じくロイド・イングレアムが監督。ステュアート・エドワード・ホワイト原作の物語を、ハル・コンクリンが改作脚色した。トムソンの相手女優は「ジェス・ジェームズ」「先駆者時代」出演のノラ・レーン、昔時の連続映画監督だったJ・P・マッゴワンが敵役を勤め、ウィリアム・コートライト等が助演するほか、例によってトムソンの愛馬シルヴァー・キングが活躍している。

監督
ロイド・イングレアム
出演キャスト
フレッド・トムソン ノラ・レーン J・P・マッゴワン ウィリアム・コートライト
1926年

無理矢理探訪大飛脚

  • 1926年
  • 出演(The_Janitor 役)

「無理矢理空の大統領」「無理矢理ロッキー破り」と同じくモンティ・バンクス氏の主演する長編喜劇であるが、監督は前作品とは異なり「長恨悲歌」「大学行進曲」のエドワード・エッチ・グリフィス氏である。チャールズ・ホーラン氏とアルフ・グールディング氏とが協力して原作を物しあわせて脚本を作った。相手役を演ずるのは「村の医者」「市俄古」のヴァージニア・ブラッドフォード嬢であるが、そのほかメアリー・カー夫人、ヴァージニア・ペアソン嬢、アール・メトカルフ氏、アーニー・ウッド氏、フレッド・ケルシー氏、アメリカ・チェディスター嬢、等も出演している。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
モンティ・バンクス メアリー・カー Albert Fisher ヴァージニア・ブラッドフォード

肉弾トムソン

  • 1926年
  • 出演(Luke_Baxter 役)

「白馬疾風」「猛牛魔境」等と同じくフレッド・トムソン氏主演西部劇で、ボーイ・スカウツ生活を取り入れたバックレー・F・オークスフォード氏作の物語を、デイヴィッド・カークランド氏(コンスタンス・タルマッジ嬢の初期の主演映画の監督たりし人)が脚色監督したものである。トムソン氏の相手役は、「鬼とも取り組む男」「名馬翼を得たり」等出演のオリーヴ・ハスブルーク嬢が勤め、ハリー・ウッズ氏T・ロイ・バーンズ氏、ロバート・マッキム氏、メアリー・カー夫人、ウィリアム・コートライト氏等が助演するほか、例のシルヴァー・キングが出演している。

監督
デイヴィッド・カークランド
出演キャスト
フレッド・トムソン オリーヴ・ハスブルーク メアリー・カー ハリー・ウッズ

電光トムソン

  • 1926年
  • 出演(Doctor 役)

「ドン・マイク」「アリゾナ・ナイト」と同じくエフ・ビー・オー社発売のフレッド・トムソン氏主演西部劇でフランク・M・クリフトン氏作の物語を「未来派女学生」「珍サーカス王」等の監督者デル・アンドリュース氏が脚色し、「ジョニー髪を切れ」「ギブソンの伊達男」及び「ベン・ハー(1926)」の戦車競走の場面を監督したリーヴス・イースン氏が監督したのも。トムソン氏の相手役は「田園哀慕調」のベス・フラワース嬢が勤め、フランク・ハグニー氏、ビリー・バッツ君、ウィリアム・コートライト氏等が共演し例の白銀王も力演している。

監督
リーヴス・イースン
出演キャスト
フレッド・トムソン ベス・フラワース ビリー・バッツ フランク・ハグニー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ウィリアム・コートライト