TOP > 人物を探す > ライス・ウィリアムズ

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1961年 まで合計21映画作品)

1954年

明日に別れの接吻を

  • 1954年10月9日(土)
  • 出演(Vic_Mason 役)

「午後の喇叭」のウィリアム・キャグニーが1950年に製作したギャング映画。「雪原に追跡」のホレース・マッコイの小説を「兄弟はみな勇敢だった」のハリー・ブラウンが脚色、「放射能X」のゴードン・ダグラスが監督した。撮影監督は「謎のモルグ街」のペヴァレル・マーレイ、音楽はカーメン・ドラゴン。「白熱(1949)」のジェームズ・キャグニーが主演するほか、「南部に轟く太鼓」のバーバラ・ペイトン、「午後の喇叭」のヘレナ・カーター、ワード・ボンド、ルーサー・アドラーなどが出演する。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー バーバラ・ペイトン ヘレナ・カーター ワード・ボンド
1953年

平原の勇者

  • 1953年7月1日(水)
  • 出演(Chandler_Leach 役)

「カナダ平原」と同じくナット・ホルトが製作し、エドウィン・L・マリンが監督した西部劇1949年作品。脚本は「インディアン征路」のフランク・グルーバー、撮影はフレッド・ジャックマン・ジュニア、音楽はポール・ソーテルの担当。主演は「拳銃45」のランドルフ・スコットで、ビル・ウィリアムスとヴィクター・ジョリー(共に「決闘カリブ街道」)、新進ジェーン・ナイ、「嵐を呼ぶ太鼓」のデール・ロバートソン(映画第1回)らが助演する。

監督
エドウィン・L・マリン
出演キャスト
ランドルフ・スコット ビル・ウィリアムス ヴィクター・ジョリー ジェーン・ナイ

銃弾都市

  • 1953年3月13日(金)
  • 出演(Lieut._Williams 役)

製作ベネディクト・ボジャース、脚本リチャード・H・ランドー、監督ロバート・フローリー、音楽ルイス・フォーブスと、「片眼のジョニー」と同じスタッフによって製作されたギャング映画1949年作品。原作はロバート・モンローのラジオ・ドラマ“No Blade too Sharp”で、撮影は「夜歩く男」のジョン・アルトン。出演者は「南支那海」のジョン・ペイン、「落日の決闘」のソニー・タフツ、「コロラド」のエレン・ドリュー、「わが谷は緑なりき」のライス・ウィリアムズ、以下ジョン・ハーモン、ハリー・ブロンスン、グレタ・グランステットら。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ジョン・ペイン ソニー・タフツ エレン・ドリュー ライス・ウィリアムズ
1952年

検察官閣下

  • 1952年8月14日(木)
  • 出演(Inspector_General 役)

ニコライ・ゴーゴリの著名な戯曲「検察官」をミュージカル・コメディ化した映画で、ダニー・ケイ「ダニー・ケイの天国と地獄」が主演する1949年作品。製作はジェリー・ウォルド「ガラスの動物園(1950)」、監督はヘンリー・コスター「ハーヴェイ」の担当。脚色はフィリップ・ラップとハリー・カーニッツ「ヴィナスの接吻」で、作詞作曲はいつものダニー・ケイ夫人のシルヴィア・ファイン「彼女は協力製作者」、撮影はエルウッド・ブレデルである。ケイをめぐる出演者は、ウォルター・スレザク「踊る海賊(1948)」、バーバラ・ベイツ「イヴの総て」、エルザ・ランチェスター「気まぐれ天使」、ジーン・ロックハート、アラン・ヘール、ウォルター・カトレットらである。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
ダニー・ケイ ヴァルター・シュレツァク バーバラ・ベイツ エルザ・ランチェスター
1951年

故郷の丘

  • 1951年1月17日(水)
  • 出演(Mr._Milton 役)

「隠れた眼」のロバート・シスクが製作し助監督出身のフレッド・M・ウィルコックスが監督した1948年製作になるテクニカラー映画。アイアン・マックラレンの短篇「旧式な医者」に取材してウィリアム・ルドウィグが脚本を書下し、「サンマー・ホリデイ」のチャールズ・エドガー・シェーンバウムが撮影、「哀愁」のハーバート・ストサートが音楽を担当している。主演は「山荘物語」の名犬ラシイ、「大地は怒る」のエドモンド・グウェン、「わが谷は緑なりき」のドナルド・クリスプ、「初めか終りか」のトム・ドレイク、「傷心の愛」のジャネット・リーで、「わが谷は緑なりき」のライス・ウィリアムズ、「小間使(1946)」のレジナルド・オーウェン等が助演している。

監督
フレッド・M・ウィルコックス
出演キャスト
エドモンド・グウェン ドナルド・クリスプ トム・ドレイク ジャネット・リー
1948年

ミネソタの娘

  • 1948年4月
  • 出演(Adolph 役)

「春のあけぼの」「嘆きの白ばら」のロレッタ・ヤング、「恋の十日間」「ガス燈」のジョセフ・コットン、劇団の名女優エセル・バリモアが顔合わせする映画でRKOラジオの撮影所長ドア・シャーリーが製作した1947年作品。ジュニー・ターヴィタエ作の戯曲に取材してアレン・リヴキンとローラ・カーが協力して脚本を書き、「カッスル夫妻」「牧童と貴婦人」のH・C・ポッターが監督に当り、「スポイラース(1942)」「凸凹宝島騒動」のミルトン・クラスナーが撮影を監督した。助演者は「旋風大尉」のチャールズ・ビックフォード、「美人劇場」のローズ・ホバート、「小麦は緑」のライス・ウィリアムズ、新顔のトム・パワーズ、「冒険」のハリー・ダヴェンポートらである。

監督
H・C・ポッター
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ジョゼフ・コットン エセル・バリモア チャールス・ビックフォード
1947年

小麦は緑

  • 1947年1月14日(火)
  • 出演(Mr.Jones 役)

1938年から2年間ロンドンで上演されたエムリン・ウィリアムスの戯曲を「サラトガ本線」のケイシー・ロビンソン、「我が道を往く」のフランク・キャヴェットが脚色、「情熱の航路」のアーヴィング・ラパーが監督にあたったもので1945年度の作品。

監督
アーヴィング・ラパー
出演キャスト
ベティ・デイヴィス ナイジェル・ブルース ジョン・ドール ジョーン・ローリング

鉄腕ジム

  • 1947年7月29日(火)
  • 出演(Harry_Watson 役)

「海賊ブラッド」のエロール・フリンと、「永遠の処女」のアレクシス・スミスが主演する映画で、ヘビー級ボクシングの世界選手だったジェームズ・J・コーベット伝からヴィンセント・ローレンスとホレース・マッコイが脚色し「いちごブロンド」のラオール・ウォルシュが監督し、「我が心の歌(1942)」のシド・ヒコックスが撮影した。助演は、「いちごブロンド」のジャック・カーソンおよびアラン・ヘールを始めジョン・ローダー、ウィリアム・フローリー等である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
エロール・フリン アレクシス・スミス ジャック・カーソン アラン・ヘイル

心の旅路

  • 1947年7月
  • 出演(Sam 役)

「失はれた地平線」「チップスさん左様なら」のジェームズ・ヒルトン作の小説の映画化で主役は「キューリー夫人」のグリア・ガースンと「消え行く灯」のロナルド・コールマンが勤める。「大地」のクローディン・ウェストが、ジョージ・フローシェル、「紅はこべ」のアーサー・ウインベリスと協力して脚本を書き「キューリー夫人」と同じくマーヴィン・ルロイ監督、シドニー・A・フランクリン製作、ジョゼフ・ルッテンバーグ撮影のスタッフによってものにされた。助演は新人フィリップ・ドーン及びスーザン・トラヴァース、レジナルド・オーウェン、ライス・オコナーその他で、ピータースを除けば全部英国俳優のキャストである。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ロナルド・コールマン グリア・ガースン フィリップ・ドーン スーザン・ピータース
1950年

わが谷は緑なりき

  • 1950年12月29日(金)
  • 出演(Dai_Brando 役)

ダリル・F・ザナック製作になる1941年度作品で、「荒野の決闘」「果てなき航路」のジョン・フォードが監督し、同年のアカデミー作品賞、監督賞、撮影賞、男優助演賞、美術賞、装置賞をうけた傑作。リチャード・レウエリンのベスト・セラー小説より、「ボストン物語」のフィリップ・ダンが脚色し、「呪われた城」のアーサー・ミラーが撮影、音楽は「嵐ケ丘」のアルフレッド・ニューマンが書いた。「奥様武勇伝」のウォルター・ピジョン、「西部の王者」のモーリン・オハラ、「嵐ケ丘」のドナルド・クリスプ、「幽霊と未亡人」のアンナ・リー、「激闘」のロディ・マクドウォール、「旧友」のジョン・ローダー、「果てなき航路」のバリー・フィッツジェラルド、「凸凹探偵の巻」のパトリック・ノウルズ、「熱血児」のアーサー・シールズ等が出演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ウォルター・ピジョン モーリーン・オハラ ドナルド・クリスプ アンナ・リー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ライス・ウィリアムズ