TOP > 人物を探す > アンジェラ・マオ

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2013年 まで合計5映画作品)

1992年

ストロンゲスト 史上最強の映画スターは誰だ!?

  • 1992年4月18日(土)
  • 出演

様々な映画の格闘技の名場面を軸に、世界から選ばれたアクション・スターたちと、シンシア・ラスロックら全米マーシャル・アーツ・チャンピオンの談話で、マーシャル・アーツの歴史をたどる。製作は、ブルース・リーの名作「燃えよドラゴン」の製作も務めたフレッド・ワイントローブ、監督・脚本は、その娘サンドラ・ワイントローブ。エグゼクティヴ・プロデューサーはレイモンド・チョウとトーマス・K・グレイ。西洋に『カンフー』の威力を知らしめたブルース・リーをはじめ、ジャッキー・チェン、サモ・ハン、ユン・ピョウなどのスターたちが出演。さらに、70年代に活躍した武道の女王アンジェラ・マオ、ジャッキー・チェンとの死闘が有名なベニー“ザ・ジェット”ユキーデも登場。ジャン・クロード・ヴァン・ダムの初期作品「シンデレラ・ボーイ」における格闘シーンもある。全編のナレーションを担当するのは「燃えよドラゴン」でブルース・リーと共演したジョー・サクソン。

監督
サンドラ・ワイントローブ
出演キャスト
ブルース・リー ユン・ピョウ ジャッキー・チェン Samo Hung
1974年

暗黒街のドラゴン 電撃ストーナー

  • 1974年11月2日(土)
  • 出演(Rir 役)

アジア・マフィア組織が、その地下工場で大量に麻薬を密造、輸送船を買収しては国外に送り出している事実を突きとめた女秘密捜査官とアメリカの特別麻薬捜査官の活躍を描く空手映画。製作はレイモンド・チョウ、監督・脚本はフアン・フェンが担当。出演は「アンジェラ・マオの女活殺拳」のアンジェラ・マオ、「女王陛下の007」のジョージ・レーゼンビー、ベティ・ティンペイ、高城丈二など。ワイドスコープ。

監督
フアン・フェン
出演キャスト
アンジェラ・マオ ジョージ・レーゼンビー ベティ・ティンペイ

アンジェラ・マオの女活殺拳

  • 1974年6月29日(土)
  • 出演(Yu Ying 役)

合気道の道場を経営する若い美人拳士と悪らつな日本人グループの対決を描く空手映画。製作はレイモンド・チョウ、監督はフアン・フェン、脚本はホー・チエン、撮影はリー・ユー・タン、音楽はライ・シュ・ファが各々担当。出演は「燃えよドラゴン」でブルース・リーの妹役を演じたアンジェラ・マオ、カーター・ワン、サモ・ハン・キンポー、パイ・イン、テルオ・ヤマネ、チー・ハン・チアエなど。

監督
フアン・フェン
出演キャスト
アンジェラ・マオ カーター・ワン サモ・ハン・キンポー パイ・イン
2013年

燃えよドラゴン ディレクターズカット

  • 2013年6月15日(土)
  • 出演(Su_Lin 役)

香港の裏社会に君臨するハンの手下に姉を殺され復讐に燃えるリーは、秘密情報局の承諾を得てハン主催の武術トーナメントに乗り込んでいく…。ブルース・リー主演による、世界を席巻したカンフー映画のディレクターズカット版。2013年4月6日より、全国52の劇場で開催された「新・午前十時の映画祭」にてデジタル上映。

監督
ロバート・クローズ
出演キャスト
ブルース・リー ジョン・サクソン ジム・ケリー アーナ・カプリ
1973年

燃えよドラゴン

  • 1973年12月22日(土)
  • 出演(Su_Lin 役)

少林寺拳法を武器に強大な悪に対決するスーパーヒーローの活躍を描く。主演は”空手映画”ブームをまき起こし、これを最後に世を去ったブルース・リー。製作はフレッド・ワイントローブ、ポール・ヘラー、レイモンド・チョウ、監督はスチール・カメラマン出身のロバート・クローズ、脚本はマイケル・アリン、撮影はギルバート・ハッブス、音楽はラロ・シフリン、編集はカート・ハーシュラーとジョー・ウッターズが各々担当。出演はブルース・リー、ジョン・サクソン、アーナ・カプリ、ジム・ケリー、ボブ・ウォール、シーキエン、アンジェラ・マオ・イン、ベティ・チュンなど。

監督
ロバート・クローズ
出演キャスト
ブルース・リー ジョン・サクソン ジム・ケリー アーナ・カプリ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アンジェラ・マオ

ムービーウォーカー 上へ戻る