映画-Movie Walker > 人物を探す > フレッド・ストーン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1951年 まで合計7映画作品)

1951年

西部の男

  • 1951年1月11日(木)公開
  • 出演(Caliphet_Mathews 役)

製作は「我等の生涯の最良の年」「虹を掴む男」のサミュエル・ゴールドウィン、監督は「我等の生涯の最良の年」「女相続人」「月光の女」のウィリアム・ワイラーで、このコンビが「嵐ケ丘」に次いで発表した1940年製作の西部劇である。スチュアート・N・レイクのストーリーを「打撃王」「救命艇」のジョー・スワーリングと「追跡(1947)」「白昼の決闘」のナイヴン・ブッシュが協同脚色した。撮影は「嵐ケ丘」「我等の生涯の最良の年」の故グレッド・トーランド、音楽は「疑惑の影」「ラッキー・パートナー」のディミトリ・ティオムキン。「打撃王」「ヨーク軍曹」のゲイリー・クーパーが主演し、「打撃王」「ヨーク軍曹」のウォルター・ブレナン(本作品によりアカデミー助演賞を獲得)、「西部の裁き」のフォレスト・タッカー、「秘境」のトム・タイラー、「ママの新婚旅行」のチル・ウィルス以下ドリス・ダヴェンポート、リリアン・ボンドらが助演する他、「海の呼ぶ声」「哀しみの恋」のダナ・アンドリュースも出演している。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ウォルター・ブレナン フレッド・ストーン ドリス・ダヴェンポート
1938年

大学3人男

  • 1938年当年公開
  • 出演(Coach_O'Hara 役)

「陽気な街」「銀盤の女王」のリッツ兄弟の大1回主演映画で、ダーレル・ウエーア作の大衆小説をカール・タンバークとドン・エトリンガーが脚色し「靴を脱いだ女」「死刑か無罪か」のウィリアム・A・サイターが監督に当り、「氷上乱舞」「モヒカン族の最後(1936)」のロバート・プランクが撮影した。助演者は「氷上乱舞」のジョーン・デイヴィス、「艦隊を追って」のトニー・マーティン、「虎鮫島脱獄」のグロリア・スチュアート「楽天伯爵」のフレッド・ストーン、「歓楽の女王」のナット・ペンドルトン、新人ジョック・ボールドウイン、「三角の月」のジョーン・マーシュその他である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
リッツ兄弟 ジョーン・デイヴィス トニー・マーティン グロリア・スチュアート
1936年

楽天伯爵

  • 1936年当年公開
  • 出演(Lafe 役)

「ロマンスの街」「ある雨の午後」のフランシス・レデラーと「青春万歳」「百万弗小僧」のアン・サザーンが主演する映画で、エルマー・デイヴィスが書き下ろし、「南瓜おやじ」のヴァジニア・ヴァン・アップが脚色、「過去から来た男」「女罠」のハロルド・ヤングが監督、「放送豪華版」のハリー・フィシュベックが撮影したもの。助演は「丘の一本松」のフレッド・ストーン、「結婚十分前」のビリー・バーク、アーネスト・コサート、グラント・ミッチェルその他である。

監督
ハロルド・ヤング
出演キャスト
フランシス・レデラー アン・サザーン フレッド・ストーン ビリー・バーク

丘の一本松

  • 1936年当年公開
  • 出演(Judd_Tolliver 役)

野外で撮影された最初のテクニカラー映画で「Gウーマン」「青春の溜息」のシルヴィア・シドニー、「春を手さぐる」「花嫁の感情」のフレッド・マクマレイ、「月は我が家」「恋の歌」のヘンリー・フォンダが主演する。原作はジョン・フォックス・ジュニアの山間物語で、「あたしは別よ」のハーヴェイ・シュウとホレース・マッコイが協力潤色し、「ロイドの牛乳屋」「ベンガルの槍騎兵」のグローヴァー・ジョーンズが脚色し、監督には「永遠に愛せよ」「ベンガルの槍騎兵」のヘンリー・ハサウェイが当たった。助演者は「乙女よ嘆くな」のフレッド・ストーン「虚栄の市(1935)」のナイジェル・ブルース、「月は我が家」のビューラ・ボンディ、「断固戦うべし」のロバート・バラット、「アメリカの恐怖」のアラン・バクスター、「旅烏子供連れ」のスパンキー・マクファーランド等で撮影はロバート・C・ブルース指揮のもとにハワード・グリーンが担当している。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
シルヴィア・シドニー ヘンリー・フォンダ フレッド・マクマレイ フレッド・ストーン
1935年

アリス・アダムス

  • 1935年当年公開
  • 出演(Virgil_Adams 役)

「心の痛手」に次ぐキャサリン・ヘップバーン主演映画で、ブース・ターキントンの小説に基づいて「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンがドロシー・ヨースト及びモーティマー・オフナーと協力して脚色し、「旅烏子供連れ」のジョージ・スティーヴンスが監督に当たり、「心の痛手」のロバート・デ・グラスが撮影したもの。助演は「輝ける百合」「名を失える男」フレッド・マクマレイ、舞台に名高いフレッド・ストーン、「明日なき抱擁」のイヴリン・ヴェネブル、「海軍士官候補生(1933)」のフランク・アルバートソン、「フランダースの犬(1935)」のアン・シューメイカー、チャールズ・グレイプウィンなど。

監督
ジョージ・スティーヴンス
出演キャスト
キャサリン・ヘップバーン フレッド・マクマレイ フレッド・ストーン イヴリン・ヴェネブル
1921年

裸一貫(1921)

  • 1921年当年公開
  • 出演(Jermiah_Lambet 役)

「蔭の名優」「山を抜く力」等で喜活劇の名手として人気のあるフレッド・ストーン氏のロバートスン・コール主演映画である。ジョージ・ワシントン・オグデン氏の原作、「ユーモレスク(1920)」等のフランク・ボーゼージ氏の監督である。相手役は雪洲の「黒人の意気」や最近ユ社映画に出たヴォラ・ヴェイル嬢、其他ジョシー・セジウィック嬢等が共演ている。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
フレッド・ストーン ヴォラ・ヴェイル ジョシー・セジウィック Jim Duncan
1918年

山羊

  • 1918年当年公開
  • 出演(Chuck_McCarthy 役)

喜歌劇から映画界に入ったフレッド・ストーン氏の処女作であり、又本邦に於る氏の御目見得映画である。撮影場の内部を背景とした喜劇で、フランセス・マリオン嬢原作、ドナルド・クリスプ氏の監督である。新顔のウィニフレッド・グリーンウッド嬢が氏の恋人に扮し、「山賊と牧師」「鷹の追跡」出演のリー・ミッチェル嬢や、感じの良いフィロ・マッカロー氏其他パ社の御歴歴レイモンド・ハットン氏、ノアー・ビーリー氏等も顔を見せる。

監督
ドナルド・クリスプ
出演キャスト
フレッド・ストーン ファニー・ミドグレイ チャールズ・マックヒュー リー・ミッチェル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フレッド・ストーン