映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフ・グールディング

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1929年 まで合計5映画作品)

1929年

俺は水兵(1929)

  • 1929年公開
  • 監督

「俺は探偵」「俺は曲芸師」と同じくカール・デーン氏、ジョージ・K・アーサー氏の共演になるもので「スピードウエイ」「大飛行艦隊」のバイロン・モーガン氏の原作から同氏及びアン・プライス女史が共同で脚色をなし「雷親父」のアルフ・グールディング氏が監督した。主演者を援けて「シンギング・フール」「極北恋の滑走」のジョセフィン・ダン嬢、ハーバート・プライアー氏、エディー・ベーカー氏等が助演している。キャメラはアーサー・リード氏が担任である。

監督
アルフ・グールディング
出演キャスト
カール・デーン ジョージ・K・アーサー ジョセフィン・ダン ハーバート・プライアー
1926年

無理矢理探訪大飛脚

  • 1926年公開
  • 原作、脚本

「無理矢理空の大統領」「無理矢理ロッキー破り」と同じくモンティ・バンクス氏の主演する長編喜劇であるが、監督は前作品とは異なり「長恨悲歌」「大学行進曲」のエドワード・エッチ・グリフィス氏である。チャールズ・ホーラン氏とアルフ・グールディング氏とが協力して原作を物しあわせて脚本を作った。相手役を演ずるのは「村の医者」「市俄古」のヴァージニア・ブラッドフォード嬢であるが、そのほかメアリー・カー夫人、ヴァージニア・ペアソン嬢、アール・メトカルフ氏、アーニー・ウッド氏、フレッド・ケルシー氏、アメリカ・チェディスター嬢、等も出演している。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
モンティ・バンクス メアリー・カー Albert Fisher ヴァージニア・ブラッドフォード
1925年

雷親爺

  • 1925年公開
  • 監督

「突貫花婿」と同じくルバート・ヒューズ氏の原作でアルフ・グールディング氏の監督になったもので脚色はアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が担当した。主役は新進のサリー・オニール嬢で相手役は「青春に浴して」に出演したジョン・パトリック氏が演じ、「突貫花婿」出演のバート・ローチ氏「良人の危険時代」等出演のジェームズ・モリソン氏、エステル・クラーク嬢、デウィット・ジェニングス氏、ジョニー・フォックス君等が助演している。

監督
アルフ・グールディング
出演キャスト
サリー・オニール ジョン・パトリック バート・ローチ ジェームズ・モリソン

在りし日

  • 1925年公開
  • 出演(Tom_Robinson 役)

マーティン・ブラウンの戯曲に基づき「秘密」と同じく「ステラ・ダラス(1925)」「熱砂の舞」等のフランシス・マリオンの脚色、「なまけ者」「第七天国(1927)」等のフランク・ボーゼージの監督、「お転婆キキー(1926)」「椿姫(1927)」等のノーマ・タルマッジの主演という良いトリオからなる映画である。相手役はウォーレス・マクドナルドで、そのほかブランドン・ハースト、ポーレット・デュヴァル、マーガレット・セドン、ジョージ・ハッカソーン、マーク・マクダーモット、監督として知られているアルフ・グールディングなどが出演している。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ノーマ・タルマッジ ウォーレス・マクドナルド ブランドン・ハースト アルフ・グールディング

恋の手ほどき(1925)

  • 1925年公開
  • 出演(John The_Barber 役)

久々でジョン・エマースン氏アニタ・ルース女史合作の台本になるコンスタンス・タルマッジ嬢作品で「桃色の夜は更けて」「ダルシー」等と同じくシドニー・A・フランクリン氏が監督した。「桃色の夜は更けて」「ダルシー」「金魚娘」等主演のコンスタンス・タルマッジ嬢が主役で相手役は「国境の狼」「殺人ラジオ」等出演のアントニオ・モレノ氏が演じ、ジョニー・ハロン氏、ウォーレス・マクドナルド氏、アルフ・グールディング氏、エミリー・フィッツローイ嬢が助演する愉快な喜劇である。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
コンスタンス・タルマッジ アントニオ・モレノ エミリー・フィッツローイ ジョニー・ハロン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフ・グールディング