映画-Movie Walker > 人物を探す > ナイジェル・パトリック

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1974年 まで合計13映画作品)

1974年

マッキントッシュの男

  • 1974年2月9日(土)公開
  • 出演(Soames_Trevelyan 役)

国際的スパイ戦に巻き込まれた男の行動を追う。製作はジョン・フォアマン。監督は「ロイ・ビーン」のジョン・ヒューストン。原作はデズモンド・バグリーの「フリーダム・トラップ」、脚本はウォルター・ヒル、撮影はオズワルド・モリス、音楽はモーリス・ジャール、編集はラッセル・ロイドが各々担当。出演はポール・ニューマン、ドミニク・サンダ、ジェームズ・メイスン、ハリー・アンドリュース、イアン・バネン、マイケル・ホーダーン、ナイジェル・パトリック、ピーター・ヴォーン、ローランド・カルヴァーなど。

監督
ジョン・ヒューストン
出演キャスト
ポール・ニューマン ドミニク・サンダ ジェームズ・メイソン ハリー・アンドリュース
1973年

美しく青きドナウ

  • 1973年3月10日(土)公開
  • 出演(Johann Strauss Sr. 役)

ワルツの王様と呼ばれるワルツに明け暮れる華やかなウィーンの話題と人気の中心であった不滅の作曲家ヨハン・シュトラウスの半生を描く。製作・監督・脚本はアンドリュー・L・ストーン、撮影はデイヴィス・ボウルトン、音楽はヨハン・シュトラウス・ジュニア、ヨハン・シュトラウス・シニア、ヨゼフ・シュトラウス、音楽監督及び指揮はローランド・ショー、編集はアーネスト・ウォルターが各々担当。出演はホルスト・ブッフホルツ、メリー・コスタ、ロッサノ・ブラッツィ、ナイジェル・パトリック、イボンヌ・ミッチェル、ジェームス・フォークナー、ヴィッキ・ウルフ、スーザン・ロビンソン、ジョージ・ハウなど。日本語版監修は高瀬鎮男。

監督
アンドリュー・L・ストーン
出演キャスト
ホルスト・ブッフホルツ メリー・コスタ ロッサノ・ブラッツィ ナイジェル・パトリック
1970年

華麗なる暗殺

  • 1970年9月19日(土)公開
  • 出演(Colonel_Scott 役)

裏切り者を求めて暗躍する、秘密諜報員の非情のアクション。製作はチャールズ・H・シニア、監督は「黄金線上の男」のサム・ワナメイカー。ゴードン・マクドネルの原作をジャック・パルマンが脚色。撮影はデニス・クープ、音楽はロン・グッドウィン、編集はロイ・ワッツがそれぞれ担当。出演は「ペンダラム」のジョージ・ペパード、「火曜日ならベルギーよ」のジョーン・コリンズ、「天使のいたずら」のジュディ・ギーソン、「ギャング情報」のナイジェル・パトリック。他にチャールズ・グレイ、ジョージ・ベイカー、キース・ミッチェル、アレクサンダー・ソービィなど。テクニカラー、パナビジョン。1969年作品。

監督
サム・ワナメーカー
出演キャスト
ジョージ・ペパード ジョーン・コリンズ ジュディ・ギーソン ナイジェル・パトリック
1967年

ゴール!サッカー1966世界選手権戦

  • 1967年6月24日(土)公開
  • ナレーション

ブライアン・グランビルの解説台本をもとに、アビディーネ・ディノとロス・デヴェニッシュが共同で監督した1966年度サッカー世界選手権の長編ドキュメンタリー。チーフ・カメラマンはジャン・ジャック・フローリ、デイヴィッド・サミュエルソン、ハリー・ハート。音楽は「追いつめられて…」の製作者から転じたジョン・ホークスワース、ナレーションはナイジェル・パトリックが担当。総指揮はマイケル・サリバン、製作はオクタビオ・セノレ。

監督
アビディーネ・ディノ ロス・デヴェニッシュ
1963年

ギャング情報

  • 1963年11月30日(土)公開
  • 出演(Johnoe 役)

「SOSタイタニック -忘れえぬ夜-」のウィリアム・マッキティが製作した密告者と刑事のサスペンスドラマ。ダグラス・ウォーナーの小説“Death of a Snout”からアラン・ファルコナーが脚本を書き、「南海漂流」のケン・アナキンが監督した。撮影をレジナルド・ワイヤー、音楽にクリフトン・パーカーがあたった。出演者は「紳士同盟」のナイジェル・パトリック、「土曜の夜と日曜の朝」のコリン・ブレークリー、「年上の女」のデレン・ネスヴィット、他にマギー・ホワイティング、フランク・フィンレイら新人。

監督
ケン・アナキン
出演キャスト
ナイジェル・パトリック Catherine Woodville マギー・ホワイティング コリン・ブレークリー
1960年

紳士同盟(1960)

  • 1960年当年公開
  • 出演(Race 役)

ジョン・ブル気質たっぷりなサスペンス・コメディ映画。「サファイア」のコンビである製作者のマイケル・レルフと監督のバジル・ディアデンが出演もしているブライアン・フォーブスのシナリオを映画化したもの。撮影を担当したのはアーサー・イベットソン。音楽はフィリップ・グリーン。出演するのは、「ベン・ハー」のジャック・ホーキンス、「サファイア」のナイジェル・パトリック、ロジャー・リヴシー、キーロン・ムーア、ノーマン・バードなど。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
ジャック・ホーキンス ナイジェル・パトリック ロジャー・リヴシー リチャード・アッテンボロー

サファイア

  • 1960年10月27日(木)公開
  • 出演(Hazard 役)

「波止場の弾痕」のマイケル・レルフとバジル・ディアデンの製作・監督チームの作品。撮影の際、この物語は秘密にされた。その種のミステリー映画だという製作者の要望により、この欄においても結末は伏せる。脚本は舞台女優で劇作家のジャネット・グリーン。撮影はハリー・ワックスマン、音楽はフィリップ・グリーン。出演は「愛情の花咲く樹」のナイジェル・パトリックのほか、イヴォンヌ・ミッチェルら。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
ナイジェル・パトリック イヴォンヌ・ミッチェル マイケル・クレイグ ポール・マッシー
1958年

愛情の花咲く樹

  • 1958年2月1日(土)公開
  • 出演(Jerusalem_Webster_Stiles 役)

ロス・ロックリッジ・ジュニアの同盟処女小説の映画化で南北戦争を背景としてロマン篇。「日本人の勲章」のミラード・カウフマンが脚色、「山」のエドワード・ドミトリクが監督した。撮影監督は「悪人への貢物」のロバート・サーティース、音楽はジョニー・グリーン。主演は「私は告白する」のモンゴメリー・クリフト、「ジャイアンツ」のエリザベス・テイラー、「夜を逃れて」のエヴァ・マリー・セイント、「女ひとり」のアグネス・ムーアヘッド。ほかに「攻撃」のリー・マーヴィン、「星のない男」のミルナ・ハンセン、「黄金の賞品」のナイジェル・パトリックなど。

監督
エドワード・ドミトリク
出演キャスト
モンゴメリー・クリフト エリザベス・テイラー エヴァ・マリー・セイント ナイジェル・パトリック
1955年

黄金の賞品

  • 1955年4月17日(日)公開
  • 出演(Brian 役)

「男の城」と同じく、アーヴィング・アレンとアルバート・R・ブロッコリがイギリスで製作した1955年作品で「秘境ザンジバー」のマックス・カットーの小説から「銃の後に立つ男」のロバート・バックナーと「乱暴者」のジョン・パクストンが脚色、「トコリの橋」のマーク・ロブソンが監督した。テクニカラー色彩の撮影はテッド・ムーア、音楽は「ホブスンの婿選び」のマルコム・アーノルドである。「あの高地を取れ」のリチャード・ウィドマーク以下、「あの手この手」のマイ・セッタリング、「超音ジェット機」のナイジェル・パトリック、「裸の島」のジョージ・コール、ドナルド・ウォルフィット、ジョセフ・トメルティなどイギリス俳優が出演。

監督
マーク・ロブソン
出演キャスト
リチャード・ウィドマーク マイ・セッタリング ナイジェル・パトリック ジョージ・コール
1953年

超音ジェット機

  • 1953年1月4日(日)公開
  • 出演(Tony Garthwaite 役)

「逢びき」「陽気な幽霊」などのデイヴィッド・リーンが製作ならびに監督に当った航空映画一九五二年作品で、超音速ジェット機出現までの苦しい経緯をえがいたもの。ストオリイと脚色は劇作家のテレンス・ラティガン(「ブラウニング・ヴァーション」)、撮影はジャック・ヒルドヤード(「ホテル・サハラ」)、作曲はマルコム・アーノルドの担当。主演は「四枚の羽根」のラルフ・リチャードソン、「情熱の友」のアン・トッドで、ナイジェル・パトリック(「パンドラ」)、ジョン・ジャスティン(「バグダッドの盗賊(1940)」)、ダイナ・シェリダン(「禿鷹は飛ばず」)、ジョゼフ・トメルティ(「邪魔者は殺せ」)、デンホルム・エリオットらが助演する。

監督
デイヴィッド・リーン
出演キャスト
ラルフ・リチャードソン アン・トッド ナイジェル・パトリック ジョン・ジャスティン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ナイジェル・パトリック