映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・ビーティ

年代別 映画作品( 1948年 ~ 2018年 まで合計12映画作品)

2018年

2001年宇宙の旅 字幕版)

  • 2018年10月19日(金)公開
  • 出演(Hlvorsen 役)

科学小説作家アーサー・C・クラークと「博士の異常な愛情」のスタンリー・キューブリックが製作・監督したSF。撮影は「オセロ」のジョフリー・アンスワース、補助撮影はジョン・オルコットが担当した。なお、特殊撮影効果のすべてはキューブリックの考案、監督のもとに行われた。セットの製作デザインはトニー・マスターズ、ハリー・ラング、アーネスト・アーチャーの3人を中心にデザイナーと製図工35人が動員された。特殊効果監督には、ウォリー・ビーヴァーズ、ダブラス・トランブル、コン・ペダーソン、トム・ハワード、の3人があたり衣裳は、ハーディ・エイミーズが担当した。そして、この映画を科学技術的に正確にするため、キューブリック監督はアメリカ航空宇宙局の多くの科学者、アメリカおよびイギリスの主要な科学研究所や大学と密接な提携をし、撮影中は、3人の一流科学者が技術顧問としてつき添った。それはもと陸軍弾道ミサイル部のフレドリック・J・オーダウェイとハリー・H・C・レンジ、元航空宇宙局の宇宙飛行センター勤務で、今はアラバマ州ハンツビルのジェネラル宇宙飛行研究会社のジョー・C・ジマーシャルである。出演は「女狐」のキア・デュリア、TVや「ヤング・ヤング・パレード」のゲイリー・ロックウッド、「BM15必死の潜行」のウィリアム・シルヴェスター、「キッスは殺しのサイン」のレナード・ロシター、「BM15必死の潜行」のマーガレット・タイザック、コンピューターに扮するダグラス・レインである。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
ケア・ダレー ゲイリー・ロックウッド ウィリアム・シルベスター Daniel Richter
1978年

黄金のランデブー

  • 1978年1月28日(土)公開
  • 出演(Tohman 役)

嵐の吹きすさぶカリブ海の真っ只中で、超豪華客船に起った事件で描く海洋冒険映画。製作はアンドレ・ピーターセ、監督はアシュレイ・ラザラス、脚本はスタンリー・プライス、原作はアリステア・マクリーンの「黄金のランデヴー」(早川書房刊)、撮影はケネス・ヒギンズ、音楽はジョフ・ウェインが各々担当。出演はリチャード・ハリス、アン・ターケル、デイヴィッド・ジャンセン、バージス・メレディス、ジョン・ヴァーノン、ドロシー・マローン、ゴードン・ジャクソン、リー・ロンソン、ロバート・ビーティなど。

監督
アシュレイ・ラザラス
出演キャスト
リチャード・ハリス アン・ターケル デイヴィッド・ジャンセン バージェス・メレディス
1968年

荒鷲の要塞

  • 1968年12月21日(土)公開
  • 出演(Cartwright_Jones 役)

「ナバロンの要塞」の作家アリステア・マクリーンのオリジナル・シナリオ(彼はのちに、この脚本を小説化している)を、俳優から転じた「追いつめて殺せ!」のブライアン・G・ハットンが監督したアクション篇。撮影は「暗殺! 5時12分」のアーサー・イベットソンで、ロケ地はオーストリア・アルプスのザルツブルグ地方である。音楽は「クロスボー作戦」のロン・グッドウィンが担当した。出演は「危険な旅路」のリチャード・バートン、「夕陽のガンマン」シリーズのクリント・イーストウッド、「カスター将軍」のメアリー・ユーア、「ジョーカー野郎」のマイケル・ホーダーンほか。製作は「今宵限りの恋」のジェリー・ガーシュインとエリオット・カストナーのコンビ。

監督
ブライアン・G・ハットン
出演キャスト
リチャード・バートン クリント・イーストウッド メアリー・ユーア マイケル・ホーダーン
1963年

桃色株式会社

  • 1963年5月3日(金)公開
  • 出演(Larry Hoffman 役)

「恋の体温計は40度」の脚本を書いたニコラス・フィップスとアンソニー・キミンズの脚本をキミンズが監督したお色気映画。撮影はウィルキー・クーパー、音楽は「喰いついたら放すな」のジョン・バリー。出演者は「しのび逢い」のジョーン・グリーンウッド、「二都物語」のセシル・パーカーほか、イアン・カーマイケル、リズ・フレイザー、デニス・プライス、ロバート・ビーティなど。製作はレスリー・ギリアット。

監督
アンソニー・キミンズ
出演キャスト
ジョーン・グリーンウッド セシル・パーカー イアン・カーマイケル ロバート・ビーティ
1961年

裸の鏡

  • 1961年9月22日(金)公開
  • 出演(Jarvis 役)

ロンドンの売春組織の実態をあばいた犯罪ドラマ。リー・ヴァンスとジョン・レモントが共同で書き下したシナリオを、日本初登場のジョン・レモントが監督した。撮影に当ったのはブレンダ・J・スタッフォード。音楽担当はフィリップ・グリーン。出演しているのは「フランケンシュタインの逆襲」のヘイゼル・コート、「息子と恋人」のドナルド・プレゼンス他、ビル・オーエン、ロバート・ビーティなど。製作はノーマン・ウィリアムズ。

監督
ジョン・レモント
出演キャスト
テレンス・モーガン ヘイゼル・コート ドナルド・プレゼンス ビル・オーエン
1957年

ターザンと消えた探検隊

  • 1957年7月9日(火)公開
  • 出演(Tuskar_ Hawkin 役)

おなじみ、密林の王者ターザンの活躍を描く初のシネマスコープ。エドガー・ライス・バロウズの原案からモンゴメリー・ピットマンとリリー・ヘイワードが脚本を執筆、「10人のならず者」のブルース・ハンバーストーンが監督した。撮影監督はC・R・ペニントン・リチャーズ。音楽監督は「白鯨」の演奏指揮者ルイス・レヴィ、作曲はクリフトン・パーカー。主演は「ターザンの密林」でターザン役としてデビューしたゴードン・スコット(12代目)、「夢みる妻」のベッタ・セント・ジョン、「黒い牙」のロバート・ビーティ。

監督
ブルース・ハンバーストン
出演キャスト
ゴードン・スコット ロバート・ビーティ ヨランド・ドンラン B・S・ジョン

黒い牙

  • 1957年5月8日(水)公開
  • 出演(Jeff_Newton 役)

アフリカ原始林に野蠻なマウマウ族と闘いつつ大地を開く不屈の開拓者の物語。ロバート・C・ルアークの同名小説を「最後の銃撃」のリチャード・ブルックスが脚色、監督した。撮影も同じくラッセル・ハーラン。音楽は「悪人への貢物」のミクロス・ローザ。主演は「大空の凱歌」のロック・ハドソン、「あの日あのとき」のダナ・ウィンター。ほかに「誘拐」のファノ・ヘルナンデス、「暴力教室」のシドニイ・ポアティエ、英国の新星ウェンディ・ヒラーなど。

監督
リチャード・ブルックス
出演キャスト
ロック・ハドソン ダナ・ウィンター ウェンディ・ヒラー シドニー・ポワチエ
1953年

綱渡りの男

  • 1953年11月18日(水)公開
  • 出演(Barovic 役)

チェコスロバキアの小サーカス団が国境脱出を企てる物語=ニール・パスタン原作の短篇「国際事件」の映画化。ロバート・L・ジャックス「砂漠の鼠」が製作し、「革命児サパタ」のエリア・カザンが監督した1953年作品。脚色は「我等の生涯の最良の年」のロバート・E・シャーウッド、撮影はゲオルグ・クラウス、音楽は「愛しのシバよ帰れ」のフランツ・ワックスマンの担当。主演は「セールスマンの死」のフレドリック・マーチ、「愛しのシバよ帰れ」のテリー・ムーア、「突然の恐怖」のグロリア・グレアム、「荒野の襲撃」のキャメロン・ミッチェルで、アドルフ・マンジュウ「ミズーリ横断」、ロバート・ビーティ「艦長ホレーショ」、アレクサンダー・ダーシー、リチャード・ブーン等が助演する。

監督
エリア・カザン
出演キャスト
フレドリック・マーチ テリー・ムーア グロリア・グラハム キャメロン・ミッチェル

ジェット機M7号

  • 1953年8月1日(土)公開
  • 出演(Sam Seagram 役)

「四重奏」のアントニー・ダーンボロウが製作し、「激情」のアンソニー・アスキスが監督した航空映画一九五三年作品。脚本は「文化果つるところ」のウィリアム・E・C・フェアチャイルドのオリジナル。撮影は「ハムレット(1947)」のデスモンド・ディキンソン、作曲は「極楽ホテル」のベンジャミン・フランケル、演奏指揮は「オリヴァ・ツイスト」のミュア・マシースンが担当。主演は「激情」のフィリス・カルヴァート、「舞姫夫人」のジェームズ・ドナルド、「艦長ホレーショ」のロバート・ビーティ、「絶壁の彼方に」のハーバート・ロムで、ミュリエル・パヴロウ(「間諜M1号」)、ウォルター・フィッツジェラルド(「宝島」)、モーリス・デナム(「青い珊瑚礁」)らが助演する。

監督
アンソニー・アスキス
出演キャスト
フィリス・カルヴァート ジェームズ・ドナルド ロバート・ビーティ ハーバート・ロム
1952年

艦長ホレーショ

  • 1952年11月1日(土)公開
  • 出演(Lt._Bush 役)

「絶望の空路」のラウール・ウォルシュが監督に当たったテクニカラーの海洋活劇1951年作品、C・S・フォレスター(「アフリカの女王」)の原作小説を、著者自身映画用に潤色し、アイヴァン・ゴッフ、ベン・ロバーツ、イーニアス・マッケンジー(「黒騎士」)の3人が脚色した。撮影はガイ・グリーン、作曲はロバート・ファーノンの担当。主演は「愛欲の十字路」のグレゴリー・ペックと「ダニー・ケイの天国と地獄」のヴァージニア・メイヨで、ロバート・ビーティ(「邪魔者は殺せ」)、ジェームズ・R・ジャスティス(「四重奏」)、デニス・オディア(「邪魔者は殺せ」)らのイギリス俳優が助演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
グレゴリー・ペック ヴァージニア・メイヨ ロバート・ビーティ ジェームズ・R・ジャスティス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・ビーティ