映画-Movie Walker > 人物を探す > アーサー・イベットソン

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1985年 まで合計21映画作品)

1985年

サンタクロース

  • 1985年12月7日(土)
  • 撮影

クリスマス・イヴになるとやって来ると言われる伝説の人物サンタクロースが悪人の手から世界の子供たちを守る姿を描く。製作はイリヤ・サルキンドとピエール・スペングラー、監督は「スーパーガール」のジャノー・シュワーク。デイヴィッド&レスリー・ニューマンの原作を基にデイヴィッドが脚色。撮影はアーサー・イベットソン、音楽はヘンリー・マンシーニが担当。出演はダドリー・ムーアほか。

監督
ヤノット・シュワルツ
出演キャスト
ダドリー・ムーア ジョン・リスゴー デイヴィッド・ハドルストン Santa Claus

バウンティ 愛と反乱の航海

  • 1985年11月2日(土)
  • 撮影

18世紀末に南太平洋上で反乱のため忽然と姿を消した英国戦艦バウンティ号の事件を描く。提供はディノ・デ・ラウレンティス、製作はバーナード・ウィリアムス。当初デイヴィッド・リーンが予定されていた監督は、オーストラリア出身で今作が本邦初紹介のロジャー・ドナルドソン。脚本はロバート・ボルト。史実に忠実に描くということより原作は数ある文献の中よりリチャード・ハフのCaptain Bligh and Mr.Christian。撮影はアーサー・イベットソン、音楽はヴァンゲリスが担当。出演はメル・ギブソン、アンソニー・ホプキンス、ローレンス・オリヴィエ、エドワード・フォックス、ウイ・クキ・カア、テヴァイテ・ヴァーネットなど。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
メル・ギブソン アンソニー・ホプキンス ローレンス・オリヴィエ エドワード・フォックス
1981年

リトル・プリンス

  • 1981年
  • 撮影

イギリスの名門貴族である伯爵家に後継ぎとして指命された少年が思いやりにかける老伯爵に愛とまごころを呼び起こさせる姿を描く。製作はノーマン・ローズモント。監督は「スカイ・エース」のジャック・ゴールド。フランセス・ホジスン・バーネットの有名なファミリー小説「小公子」を基にブランチ・ハナリスが脚色。撮影はアーサー・イベットソン、音楽はアリン・ファーガソンが各各担当。出演はリッキー・シュローダー、アレック・ギネス、コニー・ブース、エリック、ポーター、コリン・ブレイクリー、カーメル・マクシャリーなど。

監督
ジャック・ゴールド
出演キャスト
リッキー・シュローダー アレック・ギネス コニー・ブース エリック・ポーター
1980年

ゼンダ城の虜(1979)

  • 1980年4月26日(土)
  • 撮影

仮想国ルリタニアを舞台に、王と瓜ふたつの男が、王位継承をめぐってまき起こる城の陰謀をまるくおさめるまでを描くコメディ時代劇。製作はウォルター・ミリッシュ、監督は「暗黒街の特使」のリチャード・クワイン。アンソニー・ホープの原作を基にエドワード・ローズがドラマ化した原案を基にディック・クレメントとイアン・ラ・フレネイが脚色。撮影はアーサー・イベットソン、音楽はヘンリー・マンシーニ、編集はバイロン・ブラント、製作デザインはジョン・J・ロイド、特撮はアルバート・ウィトロックが各々担当。出演はピーター・セラーズ、リン・フレデリック、ライオネル・ジェフリーズ、エルケ・ソマー、グレゴリー・シェラ、ジェレミー・ケンプ、カトリーヌ・シェルなど。

監督
リチャード・クワイン
出演キャスト
ピーター・セラーズ リン・フレデリック ライオネル・ジェフリーズ エルケ・ソマー
1976年

暗殺者を撃て

  • 1976年10月16日(土)
  • 撮影

スパイ、逆スパイ、裏切り、大国間の緊張緩和を描いたアクション映画。製作はジョゼフ・シャフテル、監督は「ダーティハンター」のピーター・コリンソン、脚本はマレー・スミスとジャドソン・キンバーグ、撮影はアーサー・イベットソンが各々担当。出演はリチャード・ウィドマーク、オリヴァー・リード、ゲイル・ハニカット、サム・ワナメーカーなど。

監督
ピーター・コリンソン
出演キャスト
リチャード・ウィドマーク オリヴァー・リード ゲイル・ハニカット サム・ワナメーカー

逢いびき(1974)

  • 1976年2月11日(水)
  • 撮影

平凡な家庭の主婦と開業医の悲痛な恋を描いたノエル・カワードの戯曲「静物画」の再映画化作品。製作はセシル・クラーク、監督はTV出身のアラン・ブリッジス、脚本はジョン・ボウエン、撮影はアーサー・イベットソン、音楽はシリル・オーナデンが各々担当。出演はソフィア・ローレン、リチャード・バートン、ジャック・ヘドレー、ローズマリー・リーチ、ジョン・ル・メズリヤーなど。

監督
アラン・ブリッジス
出演キャスト
ソフィア・ローレン リチャード・バートン ジャック・ヘドレー ローズマリー・リーチ
1975年

新おしゃれ泥棒

  • 1975年3月29日(土)
  • 撮影

全世界のダイヤモンド相場を一手にコントロールするといわれるロンドンのダイヤ公社の地下室に眠る数百万カラットのダイヤ原石を一粒残らず盗みだした男女二人組の犯行を描く。製作はエリオット・カストナー、監督はアラム・アヴァキアン、脚本はジェフリー・ブルームとチャールズ・グローディン、原作はジェラルド・A・ブラウン、撮影はアーサー・イベットソン、音楽はマイケル・J・ルイスが各々担当。出演はキャンディス・バーゲン、チャールズ・グローディン、ジョン・ギールグッド、トレヴァー・ハワード、ジェームズ・メイスン、ピーター・ヴォーン、ヘレン・チェリーなど。

監督
アラム・アヴァキアン
出演キャスト
キャンディス・バーゲン チャールズ・グローディン ジョン・ギールグッド トレヴァー・ハワード
1971年

八点鐘が鳴るとき

  • 1971年
  • 撮影

消えた金塊船の行方を追う諜報部員の活躍を描くアクション映画。製作はエリオット・カストナー、監督はエティエンヌ・ペリエ、アリステア・マクリーンが自らの原作を脚色、撮影はアーサー・イベットソン、音楽はウォルター・スコット、編集はジョン・シャーリーが各々担当。出演はアンソニー・ホプキンス、ナタリー・ドロン、ロバート・モーレイ、ジャック・ホーキンスなど。

監督
エティエンヌ・ペリエ
出演キャスト
アンソニー・ホプキンス ナタリー・ドロン ロバート・モーレイ ジャック・ホーキンス

若草の祈り

  • 1971年12月25日(土)
  • 撮影

少年少女に親しまれるエディス・ネズビット女史の原作物語の映画化。製作はロバート・リン、監督・脚本は俳優から転出のライオネル・ジェフリーズ、撮影はアーサー・イベットソン、音楽はジョニー・ダグラス、編集はテディ・ダーバスが各々担当。出演はダイナ・シェリダン、バーナード・クリビンス、三人の姉弟にはジェニー・アガター、サリー・トムセット、ゲイリー・ワレンが扮している。

監督
ライオネル・ジェフリーズ
出演キャスト
ダイナ・シェリダン バーナード・クリビンス ジェニー・アガター サリー・トムセット

マロニエの別れ道

  • 1971年9月24日(金)
  • 撮影

ロンドンの裏町を背景に、足が悪いため恋愛をあきらめていた女がパーティーで知り合った画家と恋におちいりとりことなるが、この恋には恐しい罠が……。恋と自尊心との間に揺れ動く女心のラブ・ロマンスをサスペンス・タッチの中に描いた作品。原作は「マーニー」を書いたウィンストン・グレアムの小説で、監督は新人エリック・ティル、脚色はジョージ・ブルーストン、撮影は「荒鷲の要塞」のアーサー・イベットソン、音楽はスタンリー・マイヤーズが各々担当。サマンサ・エッガーの衣装は「グラン・プリ」のチーム、ミア・フォンサグリーブスとビッキー・ティールがデザイン。出演は「欲望」のデイヴィッド・ヘミングス、「コレクター」のサマンサ・エッガー、エムリン・ウィリアムズ、「湖愁」のフィリス・カルヴァート、「吸血鬼」のファーディ・メイン、「大逆転」のダッドリー・サットンなど。

監督
エリック・ティル
出演キャスト
デイヴィッド・ヘミングス サマンサ・エッガー エムリン・ウィリアムズ フィリス・カルヴァート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アーサー・イベットソン