映画-Movie Walker > 人物を探す > ロミナ・パワー

年代別 映画作品( 1967年 ~ 1972年 まで合計4映画作品)

1972年

シューベルト物語

  • 1972年3月25日(土)公開
  • 出演(Anna 役)

楽聖シューベルトが世に認められるまでのさまざまな葛藤を描いた作品。製作はトンマソ・サゴネ、監督は「ほほにかかる涙」のエットーレ・M・フィザロッティ、脚本は「貴方にひざまづいて」のジョヴァンニ・グリマルディ、撮影はマリオ・カプリオッティが各々担当。音楽はシューベルトの佳曲をラヴァニーノが編曲。挿入曲は〈菩提樹〉〈野ばら〉〈鱒〉〈セレナーデ〉〈未完成交響曲〉など。出演はカンツォーネ歌手のアル・バーノ、「哀愁の湖」ロミナ・パワー、アゴスティーナ・ベリ、ポール・ミュラーなど。

監督
エットーレ・M・フィザロッティ
出演キャスト
アル・バーノ ロミナ・パワー アゴスティーナ・ベリ ポール・ミュラー
1971年

哀愁のみずうみ

  • 1971年7月10日(土)公開
  • 出演(Mariette 役)

上流階級の虚飾に満ちた生活に空しさを感じ、真実を求めて飛び出した女が、初めて見出した愛。しかしその愛も自堕落な生活を断ち切れない男の弱い意志によって、はかなく消え去ってしまう。平和主義者でドイツの作家ステファン・ツヴァイクの小説「女の24時間」の映画化、監督はドミニク・ドルーシュ、脚色はドミニク・ドルーシュとマリー・フランス・リヴィエールが共同執筆。撮影はワルター・ウォティッツが各々担当。出演はダニエル・ダリュー、ロベルト・ホフマン、「マルキ・ド・サドのジュスティーヌ」のロミナ・パワー、レナ・スケルラ、マルト・マリシアなど。

監督
ドミニク・ドルーシュ
出演キャスト
ダニエル・ダリュー ロベルト・ホフマン ロミナ・パワー レナ・スケルラ
1969年

マルキ・ド・サドのジュスティーヌ

  • 1969年10月公開
  • 出演(Justine 役)

禁断の作家マルキ・ド・サドの原作『ジュスティーヌ、または美徳の不幸』の映画化。ジュスティーヌには「イタリア式 愛のテクニック」で初登場のロミナ・パワー、サディズム教の教主には「ゲバラ!」のジャック・パランス、サドには「群盗荒野を裂く」のクラウス・キンスキーが、扮している。共演は「ボディガード」のシルヴァ・コシナ、「キャサリン大帝」のエイキム・タミロフ、ローズマリー・デクスター、マーセデス・マッケンブリッジ、マリア・ローム等。監督は西独のジェス・フランコ。脚色はピーター・ウェルベック、撮影はマヌエル・メリノ、音楽はブルーノ・ニコライが担当。製作はハリー・アラン・タワーズ。

監督
ジェス・フランコ
出演キャスト
ロミナ・パワー ジャック・パランス クラウス・キンスキー シルヴァ・コシナ
1967年

イタリア式愛のテクニック

  • 1967年5月3日(水)公開
  • 出演(Irene 役)

ウィリバル・エセルの原案を、カステラーノとピポロが共同で脚本化し、ルチアーノ・サルチェが監督したコメディ。撮影はエリコ・メンツェル、音楽は「夕陽のガンマン」のエンニオ・モリコーネが担当。出演は「目をさまして殺せ」のロベルト・ホフマン、新人ロミナ・パワー、エルザ・マルティネッリ、ナジャ・ティラーほか。

監督
ルチアーノ・サルチェ
出演キャスト
ロベルト・ホフマン ロミナ・パワー エルザ・マルティネッリ ナジャ・ティラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロミナ・パワー