映画-Movie Walker > 人物を探す > ルドルフ・ヴァレンティノ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1927年 まで合計15映画作品)

1921年

黙示録の四騎士(1921)

  • 1921年当年公開
  • 出演(Julio_Desnoyers 役)

西班牙の文豪イバネスの原作をジューン・メイシスが脚色し、「征服の力」で最近我国にも知られたレックス・イングラムが監督した大作品である。ルドルフ・ヴァレンティノ氏とアリス・テリーとが主役、そのほか著名の人が数多く出演している。製作に6カ月と百万ドル以上とを費やし、45万尺のネガティーヴと1万2千5百人の俳優と、14台のカメラと、15人の撮影監督助手を使ったと云うのもまんざらほらではないらしい。4騎士とはー―白い馬に跨る「征服」、赤い馬に跨る「戦い」、黒い馬に跨る「飢饉」、灰色の馬に跨る「死」の4騎士をいうのである。世界始まって以来常に戦争は人々を苦しめて来た。この20世紀に来てさえもその恐怖は人々を戦慄させた。野心止む時なき「人」を懲すため神の裁きの剣は抜き放たれたのである。壮大真に魂を驚かせる物語が展開されていく。米国映画界の興行上記録破りの大映画であるから上映の上は定めし我国でも大騒ぎとなろう。

監督
レックス・イングラム
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ アリス・テリー Pomeroy Cannon ジョセフ・スウィッカード
1920年

情熱の楽園

  • 1920年当年公開
  • 出演(Prince_Angelo_Robbia 役)

C・N及びA・M・ウィリアムソン氏共作の「ヘルキュリースの賓客」The Gauests of HelculesをJ・A・バリー氏が監督した社界劇である。主役はキャサリン・マクドナルド嬢で、対手として「暗黒の妖星」出演のノーマン・ケリー氏や、「凡ての女に一度」出演のルドルフ・ヴァレンティノ氏出演。「原作はさほど立派なものではないが、スターの演技も良いし、モン・カルロの雰囲気がよく出ている」とはニュース誌の評。

監督
J・A・バリー
出演キャスト
キャサリン・マクドナルド ノーマン・ケリー ネル・クレイグ エドウィン・スティーヴンス

凡ての女に一度

  • 1920年当年公開
  • 出演(Juillantimo 役)

「野心」Ambitionとして製作された映画を改題して発売せるもの、ドロシー・フィリップス嬢最後のジウエル映画である。嬢の夫君アレン・ホルバー氏の原作及び監督で、嬢の相手は「君国の為に」や「潮の花弁」等出演のロバート・アンダーソン氏とルドルフ・ヴァレンティノ氏とである。

監督
アレン・ホルバー
出演キャスト
ドロシー・フィリップス William Ellingford マーガレット・マン Emily Chichester

関連ニュース

「ジョニー・デップは歴史に残る名優」とロブ・マーシャル監督が絶賛!
「ジョニー・デップは歴史に残る名優」とロブ・マーシャル監督が絶賛!(2011年6月2日)

『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』(公開中)のロブ・マーシャル監督によれば、ジョニー・デップはハンフリー・ボガードやルドルフ・ヴァレンティノ、チャールズ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルドルフ・ヴァレンティノ