TOP > 映画監督・俳優を探す > ルドルフ・ヴァレンティノ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1927年 まで合計15映画作品)

1927年

荒鷲

  • 1927年
  • 出演(Vladimir_Dubrovsky 役)

アレキサンドル・プウシュキンの小説「デュプロフスキー」を基として「三人の女」「禁断の楽園」等と同じくハンス・クレーリー氏が脚色し「鷲鳥飼う女」「燻ゆる情炎」等と同じくクラレンス・ブラウン氏が監督したもので主役は「情熱の悪鬼」「ボーケール」等主演のルドルフ・ヴァレンティノ氏が演じ、相手役はイタリアから渡米した新しい花形のヴィルマ・バンキー嬢で「鷲鳥飼う女」主演のルイズ・ドレッサー嬢が主要な役を演じるほかジョージ・ニコルズ氏ジェームズ・マーカス氏等も出演する復讐と愛とのロマンスである。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ ヴィルマ・バンキー ルイズ・ドレッサー アルバート・コンティ
1924年

ボーケール

  • 1924年
  • 出演(Duc_de_Chartres(Monsieur_Beaucaire) 役)

ヴァレンティノが長い間去っていた映画界へ復帰した第1回の作品で、ブース・ターキントン原著の小説及びターキントンとエヴェリン・グリーンリーフ・サザーランド合作の舞台劇に基づき、フォレスト・ハルシーが脚色し、「海底の大宮殿」「背中を掻いて頂戴」等と同じくシドニー・オルコットが監督した。ヴァレンティノの対手には、「刺激を追う女」「月の囁き」等主演のビービー・ダニエルス、「ベラ・ドンナ」等出演のロイス・ウィルソン、「霧の中の顔」「モリー・オー」等出演のローウェル・シャーマン、「不尽の熱火」等出演のドリス・ケニヨン等が出演する。

監督
シドニー・オルコット
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ ビービー・ダニエルス ロイス・ウィルソン ドリス・ケニヨン

情熱の悪鬼

  • 1924年
  • 出演(DonAlonzo_Castro 役)

米国の作家レックス・ビーチ氏原作の小説「綱の端」Rope's End をフォレスト・ハルシー氏が脚色し「悪魔の眠る時」「ストレンジャー」等と同じくジョセフ・ヘナベリー氏の監督したもの「ボーケール」に次ぐルドルフ・ヴァレンティノ氏の主演映画である。相手役にはスペインに生まれ、ジーグフェルド・フォリースから映画界に入り「強き者女よ」フォックスの「愚者」パラマウントの「人生の一即図」に出演したことのある新進のヘレナ・ダルジー嬢が選抜され、その他にニタ・ナルディ嬢、ダマール・ゴドウスキー嬢等の有名なヴァンプが出演する。アルゼンチンを背景の劇である。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ ニタ・ナルディ ヘレナ・ダルジー ダマール・ゴドウスキー
1922年

ヤング・ラジャー

  • 1922年
  • 出演(Amos_Judd 役)

「血と砂(1922)」「巨巌の彼方」等に世界的人気を走らせたルドルフ・ヴァレンティノ氏主演のパ社映画である。ジョン・アメス・ミッチェル氏の小説とアレセア・ルース女史の劇「アモス・ジャッド」から、ジューン・メイシス女史が脚色したもので、監督は「大陸突破」「世界的選手」等のフィリップ・E・ローゼン氏である。相手役はワンダ・ホウリー嬢、其他パット・ムーア君ジョセフ・スウィッカード氏バートラム・グラスビー氏スポッティスウッド・エイケン氏等老巧者が大分見える。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ ワンダ・ホウリー パット・ムーア チャールズ・オーグル

血と砂(1922)

  • 1922年
  • 出演(Juan_Gallado 役)

「黙示録の4騎手」の原作者として広く知られるスペイン文豪ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス氏の同名の小説を、「黙示録の4騎手」「征服の力」のジューン・メイシス女史が脚色し、「三銃士(1921)」「奇傑ゾロー」「性」のフレッド・ニブロ氏が監督したもの。主演は「シーク」「海のモーラン」「黙示録の4騎手」「征服の力」等に出演した米国第一の人気者ルドルフ・ヴァレンティノ氏で、相手役は「魂の入れ替」「屋上の椿事」出演のライラ・リー嬢と「狂える悪魔」「人生」等出演のニタ・ナルディ嬢である。その他パ社の名悪役ウォルター・ロング氏や「奇傑ゾロ」のジョージ・ベリオラット氏、ロバート・マッキム氏夫人たるドーカス・マシューズ嬢等が共演している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ ライラ・リー ニタ・ナルディ Charles Belcher

巨巌の彼方

  • 1922年
  • 出演(Lord_Bracondale 役)

グロリア・スワンソン嬢ルドルフ・ヴァレンティノ氏共演のパ社映画でお馴染みのエリノア・グリン女史の同盟の小説をジャック・カニンガム氏が脚色し、「獣牙を脱れし女」等同様サム・ウッド氏が監督した映画である。知名の人々の顔が大分共演者中多い。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
グロリア・スワンソン ルドルフ・ヴァレンティノ エディス・チャップマン アレック・B・フランシス

海のモーラン

  • 1922年
  • 出演(Ramon_Laredo 役)

フランク・ノリスの小説を、モント・M・カッタージョンが脚色し、「シーク」などと同じくジョージ・メルフォードの監督したもの、主役は「愚か者の楽園」主演のドロシー・ダルトンと、「シーク」主演のルドルフ・ヴァレンティノとである。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ドロシー・ダルトン ルドルフ・ヴァレンティノ Charles Brindle ウォルター・ロング
1921年

黙示録の四騎士(1921)

  • 1921年
  • 出演(Julio_Desnoyers 役)

西班牙の文豪イバネスの原作をジューン・メイシスが脚色し、「征服の力」で最近我国にも知られたレックス・イングラムが監督した大作品である。ルドルフ・ヴァレンティノ氏とアリス・テリーとが主役、そのほか著名の人が数多く出演している。製作に6カ月と百万ドル以上とを費やし、45万尺のネガティーヴと1万2千5百人の俳優と、14台のカメラと、15人の撮影監督助手を使ったと云うのもまんざらほらではないらしい。4騎士とはー―白い馬に跨る「征服」、赤い馬に跨る「戦い」、黒い馬に跨る「飢饉」、灰色の馬に跨る「死」の4騎士をいうのである。世界始まって以来常に戦争は人々を苦しめて来た。この20世紀に来てさえもその恐怖は人々を戦慄させた。野心止む時なき「人」を懲すため神の裁きの剣は抜き放たれたのである。壮大真に魂を驚かせる物語が展開されていく。米国映画界の興行上記録破りの大映画であるから上映の上は定めし我国でも大騒ぎとなろう。

監督
レックス・イングラム
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ アリス・テリー Pomeroy Cannon ジョセフ・スウィッカード

征服の力

  • 1921年
  • 出演(Charles_Grandet 役)

「黙示録の4騎士」を監督製作して盛名を馳せたレックス・イングラムがそれに次いで監督したメトロ映画で、主役は前者同様ルドルフ・ヴァレンティノとアリス・テリーとでそのほか老巧な俳優が多数出演している。筋から言うと寧ろ守銭奴に扮するラルフ・ルヰスが主役の形もある。原作は最近公開された「巨人コラン」と同様有名なるバルザックの「ユーゼニー・グランデー」で、脚色はジューン・メイシスの手によったものである。

監督
レックス・イングラム
出演キャスト
アリス・テリー ルドルフ・ヴァレンティノ エリック・メイン ラルフ・ルイス

シーク

  • 1921年
  • 出演(Sheik_Ahmed_Ben_Hassen 役)

エディス・M・ハル原作の小説を「瞬間の瞬間」などと同じくモント・M・カッタージョンが脚色し、「エヴリー・ウーマン」「海の狼(1920)」などを監督したジョージ・メルフォードが監督したもので、主役は「黙示録の騎手」で有名なルドルフ・ヴァレンティノと、近頃売り出しのアグネス・エイアースとである。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
アグネス・エイアース ルドルフ・ヴァレンティノ アドルフ・マンジュウ ウォルター・ロング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ルドルフ・ヴァレンティノ

ムービーウォーカー 上へ戻る