映画-Movie Walker > 人物を探す > ベティー・フランシスコ

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1932年 まで合計26映画作品)

1932年

西部無敵王

  • 1932年当年公開
  • 出演(Mae 役)

「曠原の伊達男」「渓谷の狼児」のジョージ・オブライエンが主演する西部劇。新監督のデイヴィッド・ハワードが監督したものでスチュアート・エドワード・ホワイトの原作をアル・コーンが脚色して台詞をつけた。撮影には「速成成金」「狂へる銀翼」のジョセフ・オーガストが当たった。助演者は新進のセシリア・パーカー、「アメリカの悲劇」のチャールズ・ミドルトン、フォーレスター・ハーヴェイ、チャールズ・スティーヴ、ノーブル・ジョンソン等である。

監督
デイヴィッド・ハワード
出演キャスト
ジョージ・オブライエン セシリア・パーカー チャールズ・ミドルトン チャールズ・スティーヴンス

怒濤の女

  • 1932年当年公開
  • 出演(Madge 役)

「サブマリン」のノーマン・スプリンガーが書いた海洋小説を基に新進フィルホィットマンが監督せるもので出演者は「猫とカナリヤ」のレオン・ウェイコフ、「無冠の帝王」のフェイ・レイ、リー・モーラン、「ブロードウェイ(1929)」のベティー・フランシスコ、「風」のモンタギュー・ラブその他。キャメラは「ラスト・モーメント」のレオン・シャムロイが担当である。

監督
フィル・ホイットマン
出演キャスト
フェイ・レイ レオン・ウェイコフ モンタギュー・ラヴ リー・モーラン
1931年

怪探偵張氏

  • 1931年当年公開
  • 出演(Sydil_Conway 役)

「熱砂果つるところ」と同じくアール・ディア・ビッガース作のチャリー・チャン・シリーズの一篇を映画化したもので脚色は「盗まれた接吻」のフィリップ・クライン及びバリー・コナーズ。の二者が受持ち、監督は「盗まれた接吻」のハミルトン・マクファッデンがあたっった。主演者は「フーマンチュウ博士」「放浪の王者(1930)」のワーナー・オーランドで「ビッグ・トレイル(1930)」「巴里見るべし」のマーゲリット・チャーチル、「我が心の歌(1930)」のジョン・ギャリック、「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー、「トレスパサー」のウィリアム・ホールデンその他が助演、カメラは「悪に咲く華」「拳銃の洗礼」のジョージ・シュナイダーマンが担当である。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
マーゲリット・チャーチル ジョン・ガーリック ワーナー・オーランド ウォーレン・ハイマー

金貨狂想曲

  • 1931年当年公開
  • 出演(Laura 役)

ウィリアム・ハールバット執筆の脚本を基にして「蜘蛛の怪」「街の令嬢」のケネス・マッケンナが監督にあたり、「アナベル情事」「愛の暴風」のチャールズ・クラークがクランクしたもので、主なる出演者は舞台出のリンデ・ワトキンス、「母性」「リオ・リタ」のジョン・ボールズ、「大西洋横断」「各国の女」のグレタ・ニッセン、ミナ・ゴンベル、ヘッダ・ホッパー、「餓鬼娘」のアラン・ダインハート、クレア・メイナード、エセル・ケニヨン、ルイス・ビーヴァース、サリー・ブレーン、ベティー・フランシスコ、ジョイス・コンプトン、イネズ・ノートン、ジョーン・カーなどである。

監督
ケネス・マッケンナ
出演キャスト
リンダ・ワトキンス ジョン・ボールズ グレタ・ニッセン ミナ・ゴンベル

マダム・サタン

  • 1931年3月5日(木)公開
  • 出演(Players 役)

「キング・オブ・キングス(1927)」「破誡」のセシル・B・デミルが「ダイナマイト(1929)」に次いで監督にあたった映画で、原作、脚色は例によってジェニー・マクファースン、台詞はグラディス・アンガーとエルシージャニスが執筆し、「南海の薔薇」「アビーの白薔薇」のハロルド・ロッソンが撮影している。主なる出演者は「ダイナマイト(1929)」のケイ・ジョンソン、ユ社から転じたレジノルド・デニー、「放浪の王者(1930)」のリリアン・ロス、ローランド・ヤング、エルザ・ピーターソン等である。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ケイ・ジョンソン レジナルド・デニー リリアン・ロス ローランド・ヤング
1930年

命を賭ける男(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Mrs._Mastick 役)

「レヴュー結婚」「恋の素顔」等出演のウィリアム・パウエル氏のスター昇進第1回主演映画で、「支那街の夜」「暗黒街の女(1928)」のオリヴァー・H・P・ギャレット氏が原作並びに台詞を執筆し、「ヴァージニアン(1929)」「恋の素顔」のハワード・エスタブルック氏が脚色し、「巨人」「踊る人生」のジョン・クロムウェル氏が監督し、「半分天国」「恋の素顔」のチャールズ・ラング氏が撮影したものである。助演者は「恋の素顔」のケイ・フランシス嬢、「半分天国」のジーン・アーサー嬢、「青春の幻想」のレジス・トゥーミー氏、スタンリー・フィールズ氏、ジョン・リッソ氏等である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ケイ・フランシス レジス・トゥーミー ジーン・アーサー
1929年

恋の走馬燈

  • 1929年当年公開
  • 出演(Frankie_West 役)

「躍る青春」「気まぐれ女優」「乙女よ純なれ」と同じくウィリアム・サイター氏が監督したコリーン・ムーア情主演映画で、ムーア情最初の100パーセント発声映画である。「気まぐれ女優」「船頭さん可愛や」のトム・ジェー・ジェラティ氏が脚本及び脚色を書き下ろし、ムーア嬢附のカメラマン、シド・ヒコックス氏がヘンリー・フロイリッヒ氏と共同撮影した。助演者は「四人の息子(1928)」「艦隊入港」のジェームズ・ホール氏を始め、アギー・ヘリング嬢、クロード・ギリングウォーター氏、ロバート・ホーマンス氏、ベティー・フランシスコ嬢エドワード・アール氏等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
コリーン・ムーア ジェームズ・ホール クロード・ギリングウォーター ロバート・ホーマンス

ブロードウェイ(1929)

  • 1929年当年公開
  • 出演(Maize 役)

演出家ジェッド・ハリス氏がニューヨーク市のブロードハースト座に上演して大当たりをとったフィリップ・ダニング、ジョージ・アボット両氏原作の同名戯曲を「都会の哀愁」のエドワード・ティー・ロー・ジュニア氏がチャールズ・ファースマン氏と協力して脚色し、科白をつけたもので監督は「ラスト・モーメント」「都会の哀愁」のポール・フェリス氏。主演者は「当たって砕けろ(1929)」「都会の哀愁」のグレン・トライオン氏、「サーカス」のマーナ・ケネデイ嬢「都会の幻想」「虎御前」のエブリン・プレント嬢の他に舞台劇『ブロードウェイ』出演のトーマス・ジャクソン氏、ポール・ポルカシ氏が加わっている。助演者にはオディス・ハーラン氏、ロバート・エリス氏、マリオン・ロード嬢、アーサー・ハウスマン氏等が出ている。撮影は「結婚行進曲」「ジャズ・シンガー(1927)」のハル・モーア氏。カール・エムレ・ジュニアー氏が監督ポール・ブエヨス氏を助けている。最後の場面にテクニカラーを施したオールトーキーである。

監督
パウル・フェヨス
出演キャスト
グレン・トライオン イヴリン・ブレント マーナ・ケネディ トーマス・ジャクソン
1928年

道楽親爺

  • 1928年当年公開
  • 出演(Agnes_Forrest 役)

「ブラッド・シップ」「非常警戒」のジャクリン・ローガンの主演映画で、ヴィクトリア・ムーアの原作から、「ノアの箱船」のアンソニー・コールドウェイが撮影台本を書き、フレッド・ウィンダーミアが監督しシルヴァノ・バルボニが撮影した。助演者はレックス・リーズ、ベティー・フランシスコその他である。

監督
フレッド・ウィンダーミア
出演キャスト
ジャクリーヌ・ローガン レックス・リーズ アレック・B・フランシス フィリップス・スモーリー
1927年

荒療治一手引受

  • 1927年当年公開
  • 出演

H・C・ウィットワー氏作の雑誌小説を映画化したもので、アル・ボースバーグ氏が脚色し、ジャック・マッケオウン氏が監督した。主役は「ボー・ジェスト(1927)」「ジョニー大勝利」等出演のメアリー・ブライアン嬢と軽量拳闘選手ダニー・オシア氏で、アル・クック氏、キット・ガード氏、フランキー・ダーロ君、ジョン・ステップリング氏等が助演している。

監督
ジャック・マッケオン
出演キャスト
メアリー・ブライアン ダニー・オシア アル・クック キット・ガード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ベティー・フランシスコ