映画-Movie Walker > 人物を探す > クロード・ティトル

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1971年 まで合計3映画作品)

1971年

風の季節

  • 1971年3月6日(土)公開
  • 出演(Ludovic 役)

貞淑な人妻が夫以外の若い男から思いもかけぬ愛の告白を受けた時、心の底の甘い感情が疼き出す……。製作は「幸福」「ロシュフォールの恋人たち」の女プロデューサー、マグ・ボダール、監督は〈カイエ・デ・シネマ〉の編集者で「唇によだれ」のジャック・ドニオル・ヴァルクローズ、シモーヌ・ラテルの原作をアンヌ・トゥロムラルが脚色、撮影はギスラン・クロケ、音楽はモーツァルトを基調に「去年マリエンバートで」のアンドレ・ジラール。出演は「輪舞(1964)」「大進撃」のマリー・デュボア、新人マチュー・カリエール、モーリス・ガレル、ジャン・フランソワ・モーランとマリー・ベロニク・モーラン兄妹、クロード・ティトルなど。

監督
ジャック・ドニオル・ヴァルクローズ
出演キャスト
マリー・デュボア マチュー・カリエール モーリス・ガレル ジャン・フランソワ・モーラン
1960年

青いけだもの

  • 1960年12月10日公開
  • 出演(Sacha 役)

新進マックス・ペカス監督の第一回長篇劇映画。フランスの新進劇作家フレデリック・バルマンの処女小説『魂の中の死』から、原作者自身とペカスが脚本を書いた。台詞も原作者が担当。撮影はアンドレ・ジェルマン、音楽は歌手で俳優のシャルル・アズナヴール。出演はいずれも新進で、クロード・ティトル、エニア・シュシャール、「青春群像」のクロード・ファレル、ルイザ・コルパンら。製作アンドレ・ルフェ。

監督
マックス・ペカス
出演キャスト
クロード・ティトル ルイザ・コルパン エニア・シュシャール マヤ・ファビロ

欲情に掟はない

  • 1960年9月15日公開
  • 出演(Michel 役)

ブノワ・ベッケルの小説をB・エスノウスキーが脚色し、ベルナール・ローランが監督したアクションもの。撮影はピエール・プティ、音楽はジャン・ルチア。主題歌の作曲・歌はシャルル・アズナヴール。出演は「やるか、くたばるか」のジュリエット・メニエル、「危険な遊び」のサミー・フレー、「悪党ども」のフィリップ・クレー、「戦争 はだかの兵隊」のフォルコ・ルリら。

監督
ベルナール・ローラン
出演キャスト
ジュリエット・メニエル サミー・フレー フィリップ・クレー フォルコ・ルリ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クロード・ティトル