映画-Movie Walker > 人物を探す > アドリアン・ホーフェン

年代別 映画作品( 1952年 ~ 2016年 まで合計8映画作品)

2016年

あやつり糸の世界 第2部

  • 2016年3月5日(土)公開
  • 出演

2014年6月22日、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画祭2014としてオーディトリウム渋谷にて上映された。

監督
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
出演キャスト
クラウス・レーヴィチュ バーバラ・ヴァレンティン カール=ハインツ・フォスゲラウ アドリアン・ホーフェン
1976年

怪盗軍団

  • 1976年4月17日(土)公開
  • 出演(Dr. Maar 役)

ナチが隠した金塊をめぐって展開するプロフェッショナルたちの戦いを描く。製作・脚本はジャド・バーナード、監督は新人のピーター・デュフェル、共同製作はパトリシア・ケーシー、共同脚本はスチーブン・シュネック、撮影はジョン・コキロン、音楽はコンラート・エルファース、編集はトム・ノベルが各々担当。出演はテリー・サヴァラス、ロバート・カルプ、ジェームズ・メイソン、アルド・レイ、ギュンター・マイスナー、アドリアン・ホーフェン、ヴォルフガング・ルクシー、チャールス・コービンなど。

監督
ピーター・デュフェル
出演キャスト
テリー・サヴァラス ロバート・カルプ ジェームズ・メイソン アルド・レイ
1970年

残酷!女刑罰史

  • 1970年12月12日(土)公開
  • 製作

“魔女狩り”をテーマに、残酷な拷問の数々を描くショッキング映画。製作はアドリアン・ホーフェン、監督は新人マイケル・アームストロング。原案・脚本はセルジオ・カストナーとデリー・ダーカー、撮影は「大虐殺」のエルンスト・W・カリンケ、美術はマックス・メリン、音楽はマイケル・ホルムがそれぞれ担当。出演は「エル・シド」のハーバート・ロム、ほかに、レジー・ナルダー、ウド・キア、オリヴェラ・ヴッコ、ヘルベルト・フックス、ミハエル・マイエン、「好色世界童話集」のギャビー・フークスなど。

監督
マイケル・アームストロング
出演キャスト
ハーバート・ロム レジー・ナルダー ウド・キアー オリヴェラ・ヴッコ
1964年

カイロ作戦命令

  • 1964年10月31日(土)公開
  • 出演(John Eppler 役)

レナード・モスレイが自伝小説『猫と鼠』をドナルド・テイラーと共同で脚色、TV・演劇の演出家ジョン・リウェイン・モキシーが演出したスパイ映画。撮影はデスモンド・ディキンソン、音楽はウルフラム・ローリグ、ダグラス・ガムレイ、ケン・ジョーンズが担当した。出演は「潜水艦U153」のジェームズ・ロバートソン・ジャスティス、ドイツの男優アドリアン・ホーフェン、「怪人マブゼ博士(1960)」のペーター・ファン・アイク、ロバート・アーカート、グロリア・メストレなど。製作はドナルド・テイラー。

監督
ジョン・リウェイン・モキシー
出演キャスト
ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス アドリアン・ホーフェン ナイアル・マクギニス ペーター・ファン・アイク
1956年

誰が祖国を売ったか!

  • 1956年8月14日(火)公開
  • 出演(Hauptmann Althoff 役)

ヒットラー暗殺計画事件に参加、刑場の露と消えたカナリス提督の、ナチ・ドイツ独裁政権の強制下にあって、終始戦争防止の信念を抱きつつ生きぬいた苦悶の半生を実話風に描いたもの。エーリッヒ・エーベルマイヤーの原作をヘルベルト・ライネッカーが脚色、ドイツ映画界第一線の監督アルフレッド・ワイデンマンが演出した。撮影はフランツ・ワイマイヤー、音楽ジーグフリード・フランツ。主演は「戦線の08/15」のO・E・ハッセ、マルティン・ヘルト、他にアドリアン・ホーフェンなど。

監督
アルフレッド・ワイデンマン
出演キャスト
O・E・ハッセ アドリアン・ホーフェン マルティン・ヘルト ヴォルフガンク・プライス
1955年

命ある限り(1955)

  • 1955年当年公開
  • 出演(Michael 役)

一九三七年のスペイン内乱を背景とした戦争メロドラマ。一九五一年以来ドイツで監督として活躍しているハラルト・ラインルと、ヨアヒム・バルジュが共同執筆したオリジナル・シナリオをラインル自ら監督した。撮影はワルター・リムル、音楽はホセ・ムニオス・モリエダ。主演は「間奏曲」のマリアンネ・コッホ、ドイツ映画界の中堅アドリアン・ホーフェン。スペイン俳優のルイス・L・アローヨ、ファン・コルテス・サンチャゴなど。オーストリア、西独の合作。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
アドリアン・ホーフェン マリアンネ・コッホ カリン・ドール Willy Rosner
1954年

女王さまはお若い

  • 1954年当年公開
  • 出演(Prince Albert 役)

若き日のビクトリア女王の恋を描く、ロミー・シュナイダーの出世作。女王の日記等に基いたシル・バラの戯曲から、「プリンセス・シシー」のエルンスト・マリシュカが脚本を書き、監督した。撮影はブルーノ・モンディ、音楽はアントン・プロフェス。出演はロミーのほかオーストリアのスター、アドリアン・ホーフェン、ロミーの母マグダ・シュナイダー、カール・ルドウィッヒ・ディール、ルドルフ・フォーゲルら。

監督
エルンスト・マリシュカ
出演キャスト
ロミー・シュナイダー アドリアン・ホーフェン マグダ・シュナイダー カール・ルドウィッヒ・ディール
1952年

脱走者

  • 1952年8月20日(水)公開
  • 出演(Viktor 役)

オノレ・ド・バルザックの原作を、サイレント以来のドイツ俳優グスタフ・フレーリッヒが脚色し監督した一九四九年映画。製作はロルフ・マイヤー。「題名のない映画(1948)」のイゴール・オーベルベルクが撮影を、「ベルリン物語」のヴェルナー・アイスブレナーが作曲を担当。主演者は新人のパウル・ダールケ、リヒャルト・ホイスレル、ウィニー・マルクス、それに「母の瞳」のケーテ・ドルシュで、ウド・レープチン、ワルター・フランク、パウル・ヘルビガー(「第三の男」)、ペーター・モスバッヘル(「双児のロッテ」)、カール・ハインツ・ペータース(「ほら男爵の冒険」)らが助演する。

監督
グスタフ・フレーリッヒ
出演キャスト
パウル・ダールケ リヒャルト・ホイスレル ケーテ・ドルシュ ウィニー・マルクス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アドリアン・ホーフェン