映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイ・マル

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1996年 まで合計21映画作品)

1956年

沈黙の世界

  • 1956年8月24日(金)公開
  • 監督、水中撮影

1965年カンヌ映画祭でグラン・プリを獲得した、テクニカラー色彩による長篇記録映画である。この作品の監督ジャック・イヴ・クーストーはフランスの海軍大佐だが深海の魅力にとりつかれ1942年、工学技師エミール・ガニヤンの協力でアクアラング(潜水肺)を発明。海中の短篇映画にも手を染め、「漂流物」、「潜水手帖」の二作でそれぞれカンヌ映画祭の賞を得ている。彼の作品では前に「魚の散歩」が我国に紹介されたが、長篇ではこの作が初めて。製作に当り、クーストー他14名の一行はカリプソ号に乗り地中海、紅海、印度洋、ペルシャ湾と航海を続け、撮影フィルムは延12000米。75米の深さまで撮影するのに成功している。監督はクーストーとルイ・マルの共同、撮影はエドモン・セシャン、水中撮影はクーストー、マル、フレデリック・デュマ、アルベエル・ファルコの協力。音楽はイヴ・ボードリエ。日本語版解説はNHKの河原武雄アナ。

監督
ジャック・イヴ・クーストー ルイ・マル

関連ニュース

阿部寛インタビュー「役者としての壁は高い方がやりがいがある」
阿部寛インタビュー「役者としての壁は高い方がやりがいがある」(2010年10月20日)

フランス映画の巨匠ルイ・マル監督の代表作『死刑台のエレベーター』(公開中)が50年の時を経て、日本でリメイク。吉瀬美智子演じる手都芽衣子の愛人で、殺人を犯す時籐…

『死刑台のエレベーター』初日、吉瀬「自分の毛穴に仰天」&北川「ゲロ吐き楽しかった」
『死刑台のエレベーター』初日、吉瀬「自分の毛穴に仰天」&北川「ゲロ吐き楽しかった」(2010年10月9日)

吉瀬美智子、阿部寛主演のラブミステリー『死刑台のエレベーター』の初日舞台挨拶が10月9日、角川シネマ新宿で開催。吉瀬、阿部、共演の玉山鉄二、北川景子、緒方明監督…

『死刑台のエレベーター』公開間近、ヒットを祈願し57年製ワインで乾杯!
『死刑台のエレベーター』公開間近、ヒットを祈願し57年製ワインで乾杯!(2010年10月1日)

10月9日(土)公開の『死刑台のエレベーター』のレッドカーペット&スペシャルプレミア試写会が行われ、吉瀬美智子、阿部寛、マニュエル・マル(ルイ・マルの子息)、緒…

82歳の大女優ジャンヌ・モローが『死刑台のエレベーター』を語る
82歳の大女優ジャンヌ・モローが『死刑台のエレベーター』を語る(2010年9月14日)

今もなお多くの映像作家に影響を与え続けるフランス映画界を代表するルイ・マル監督のデビュー作『死刑台のエレベーター』だが、そのニュープリント版が10月9日(土)よ…

ハリウッドより日本で製作!有名仏映画のリメイク権を獲得した理由って
ハリウッドより日本で製作!有名仏映画のリメイク権を獲得した理由って(2009年10月1日)

フランス映画界の巨匠、ルイ・マル監督の鮮烈なデビュー作『死刑台のエレベーター』(57)が世界で初めて、日本でリメイクされることが決定した。 実は、このフランス映…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイ・マル