映画-Movie Walker > 人物を探す > アーサー・ハニカット

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1975年 まで合計15映画作品)

1975年

ハリーとトント

  • 1975年12月20日(土)公開
  • 出演(Wade 役)

愛猫を連れ、さすらいの旅に出た老人の孤独を描く。製作・監督は「ボブとキャロルとテッドとアリス」のポール・マザースキー、脚本はマザースキーとジョジュ・グリーンフェルドの共同、撮影はマイケル・バトラー、音楽はビル・コンティ、編集はリチャード・ハルシーが各々担当。出演はアート・カーニー、エレン・バースティン、チーフ・ダン・ジョージ、ジェラルディン・フィッツジェラルド、ラリー・ハグマン、アーサー・ハニカットなど。

監督
ポール・マザースキー
出演キャスト
アート・カーニー エレン・バースティン チーフ・ダン・ジョージ ジェラルディン・フィッツジェラルド

スパイクス・ギャング

  • 1975年5月24日(土)公開
  • 出演(Kid_White 役)

流れ者の老銀行ギャングと三人の少年の愛情と憎しみを描く西部劇。制作はウォルター・ミリッシュ、監督は「ラスト・ラン」のリチャード・フライシャー、脚本はアーヴィング・ラヴェッチとハリエット・フランク・ジュニア、撮影はブライアン・ウェスト、音楽はフレッド・カーリンが各々担当。出演はリー・マーヴィン、ゲイリー・グラムス、ロン・ハワード、チャーリー・マーティン・スミス、アーサー・ハニカット、ノア・ベリイ、マーク・スミスなど。

監督
リチャード・フライシャー
出演キャスト
リー・マービン ゲイリー・グライムス ロン・ハワード チャールズ・マーティン・スミス
1966年

エル・ドラド(1966)

  • 1966年当年公開
  • 出演(Deputy_Sheriff_Bull_Thomas 役)

ハリー・ブラウンの小説を「リオ・ブラボー」のリー・ブラケットが脚色、「レッド・ライン7000」のハワード・ホークスが監督した西部劇。撮影はホークスの懇願で8年間の引退生活からカムバックしたハロルド・ロッソン、音楽は「ロリータ」のネルソン・リドルが担当した。出演はジョン・ウェインとロバート・ミッチャムのほかに「レッド・ライン7000」の新人たちジェームズ・カーン、シャーリン・ホルト、ロバート・ドナーなど。製作はハワード・ホークス、共同製作はポール・ヘルミック。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジョン・ウェイン ロバート・ミッチャム ジェームズ・カーン シャーリン・ホルト

キャット・バルー

  • 1966年2月12日(土)公開
  • 出演(Butch_Cassidy 役)

ロイ・チャンスラーの小説「キャット・バルーのバラード」を、ウォルター・ニューマンとフランク・R・ピアソンが共同脚色、TV「ドクター・キルデア」や「弁護士プレストン」の監督エリオット・シルヴァースタインの劇場映画第一作。撮影は「春来りなば(1956)」のジャック・マータ、音楽は「ちょっとご主人貸して」のフランク・デヴォール(主題歌はマック・デイヴィッドとジェリー・リヴィングストン)が担当した。出演は「輪舞」のジェーン・フォンダ、「殺人者たち」のリー・マーヴィン(2役)「勝利者(1963)」のマイケル・カランのほかに、歌手役で「セントルイス・ブルース」のナット・キング・コール、スタッビー・ケイ。製作は「終身犯」のハロルド・ヘクト。

監督
エリオット・シルヴァースタイン
出演キャスト
ジェーン・フォンダ リー・マービン マイケル・カラン ドゥエイン・ヒックマン
1963年

グレートロックの決闘

  • 1963年9月24日(火)公開
  • 出演(Fly_Up_The_Greek_Jones 役)

クラレンス・バディントン・ケランドのベスト・セラー小説を「去りゆく男」のラッセル・ヒューズが脚色、「無法街の決闘」のエドウィン・L・マリンが監督した西部劇。撮影は「機動部隊」のウィルフリッド・M・クライン、音楽は「マッコーネル物語」のマックス・スタイナーである。出演者は150本の西部劇に主演して引退を声明した「西部のガン・ベルト」のランドルフ・スコット、「西部のバリケード」のレイモンド・マッシー、新人アデール・ジャーゲンス、S・Z・サコールなど。

監督
エドウィン・L・マリン
出演キャスト
ランドルフ・スコット アデール・ジャーゲンス レイモンド・マッセイ S・Z・サコール
1958年

反撃の銃弾

  • 1958年2月21日(金)公開
  • 出演(Ed-Rintoon 役)

エルモア・レナードの原作を「七人の無頼漢」のバート・ケネディが脚色、「灼熱の勇者」のバッド・ボーティカーが監督した西部劇。撮影はチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は「赤い連発銃」のミッシャ・バカライニコフ。主演は「七人の無頼漢」のランドルフ・スコット、ターザン映画でジョイ・ワイズミューラーの相手役をつとめ、「大時計」などにも出演したモーリン・オサリヴァン。それ「星のない男」のリチャード・ブーンなど。

監督
バッド・ベティカー
出演キャスト
ランドルフ・スコット リチャード・ブーン モーリン・オサリヴァン アーサー・ハニカット
1955年

アラモの砦

  • 1955年10月4日(火)公開
  • 出演(Davy_Crockett 役)

「海の男」や「頭上の敵機」の原作者、サイ・バートレットの原作に基づき「黒い街」のウォーレン・ダフが脚色、「暗黒街脱出」のフランク・ロイドが監督、「野性地帯」のジャック・マータが撮影、「愛欲と戦場」のマックス・スタイナーが音楽を担当した。主な出演者は「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のスターリング・ヘイドン、「楽しき我が家」のアンナ・マリア・アルバゲッティ、「地獄への退却」のリチャード・カールソン、「追われる男」のアーネスト・ボーグナイン、「フランス航路」のアーサー・ハニカットなど。トルウカラー色彩による1955年作品。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
スターリング・ヘイドン アンナ・マリア・アルバゲッティ リチャード・カールソン アーサー・ハニカット
1954年

フランス航路

  • 1954年5月22日(土)公開
  • 出演(Waco_Mosby 役)

「地獄の狼」のエドモンド・グレインジャーが製作するテクニカラー色彩の3・Dミュージカル1954年作品。マッティ・ケムプとイザベル・ドーンのストーリーより「彼女は2挺拳銃」のコムビ、メアリー・ルースとリチャード・セイルが脚色、「北大西洋」のロイド・ベイコンが監督した。撮影は「紳士は金髪がお好き(1953)」のハリー・J・ワイルド、音楽は「アンデルセン物語」のウォルター・シャーフ。「紳士は金髪がお好き(1953)」のジェイン・ラッセルが主演し、「白昼の脱獄」のギルバート・ローランド、「地獄の狼」のアーサー・ハニカットが共演、以下TV女優メアリー・マッカーティ、「人生模様」のジョイス・マッケンジーなどが出演。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジェーン・ラッセル ギルバート・ローランド アーサー・ハニカット メアリー・マッカーティ

地獄の狼

  • 1954年5月3日(月)公開
  • 出演(Frank_Taggert 役)

「第2の機会」のエドモンド・グレインジャーが製作した1953年作西部劇で、3・Dのイーストマンカラー映画であるが本邦ではテクニカラー平面版で公開される。「冒険」のフレデリック・ハズリット・ブレナンの脚本(「アリバイなき男」のハリー・エセックス潤色)を「夜歩く男」のアルフレッド・ワーカーが監督した。「非常線(1953)」のニコラス・ミュスラカが撮影監督に当り、音楽は「忘れじの面影(1948)」のダニエル・アムフィシアトロフの担当。「血ぬられし欲情」のヴァージニア・メイヨをめぐって「西部の二国旗」のデール・ロバートソン、「非常線(1953)」のスティヴン・マクナリー、「西部の二国旗」のアーサー・ハニカット、「乱暴者」のロバート・キース、ジェイ・C・フリッペンなどが出演する。

監督
アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
ヴァージニア・メイヨ デイル・ロバートソン スティーブン・マクナリー アーサー・ハニカット

西部の二国旗

  • 1954年1月公開
  • 出演(Sgt.Picknes 役)

製作、脚色にケイシイ・ロビンスン(「キリマンジャロの雪」の脚色)があたり、「砂漠の鼠」のロバート・ワイズが監督した西部劇1950年作品。ストーリイはフランク・S・ニュージェント「静かなる男」とカーティス・ケニヨン「タルサ」の共同。撮影は「聖衣」のレオン・シャムロイ、音楽は「わが心に歌えば」のアルフレッド・ニューマンの担当。主演は「ナイアガラ」のジョセフ・コットンと「海賊黒ひげ」のリンダ・ダーネル、「南極の勃火」のジェフ・チャンドラー、「哀愁の湖」のコーネル・ワイルドで、デール・ロバートソン「人生模様」、ジェイ・C・フリッペン「怒りの河」、ノア・ビアリー・ジュニアらが助演。

監督
ロバート・ワイズ
出演キャスト
ジョゼフ・コットン リンダ・ダーネル ジェフ・チャンドラー コーネル・ワイルド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アーサー・ハニカット