映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ヌーリー

年代別 映画作品( 1969年 ~ 1971年 まで合計3映画作品)

1971年

雨のエトランゼ

  • 1971年9月11日(土)公開
  • 出演(Dino 役)

錯綜する現代社会に歪められた、異常な愛を描いた作品。監督は新鋭セルジオ・ゴッビ、仏推理大賞を受けたドミニク・ファーブルの「美しい野獣」をセルジオ・ゴッビ、ジョルジュ・タベ、アンドレ・タベが共同脚色、撮影はダニエル・ディオ、音楽は「扉の影に誰かいる」のジョルジュ・ガルヴァランツが各々担当。出演は「地獄に堕ちた勇者ども」のヘルムート・バーガー、ヴィルナ・リージ、シャルル・アズナヴール、フランソワーズ・ブリオン、「ガラスの部屋」のアラン・ヌーリーなど。

監督
セルジオ・ゴッビ
出演キャスト
ヘルムート・バーガー ヴィルナ・リージ シャルル・アズナヴール フランソワーズ・ブリオン
1970年

ガラスの部屋

  • 1970年6月13日公開
  • 出演(Massimo 役)

友情と愛を同時に得ようとした若者の行為を通じ、ひたむきに暖かい絆を求めようとする青春のゆらめきを描いた作品。製作はジュリアーナ・スカピーノ、監督・脚本はイタリアのネオ・レジスタの一人セルジオ・カポーニャ、撮影はアントニオ・ピアザがそれぞれ担当。出演は「情無用のジャンゴ」のレイモンド・ラヴロック、新人ミタ・メディチ、「さすらいの青春」のアラン・ヌーリー、他にディノ・メレ、コゼッタ・グレコなど。

監督
セルジオ・カポーニャ
出演キャスト
レイモンド・ラヴロック ミタ・メディチ アラン・ヌーリー ディノ・メレ
1969年

さすらいの青春

  • 1969年10月31日公開
  • 出演(Franz 役)

フランス青春小説の代表作アンリ・アラン・フルニエの『モーヌの大将』の映画化。脚色・監督は「金色の眼の女」のジャン・ガブリエル・アルビコッコ、撮影は、ジャンの父、キント・アルビコッコが担当。音楽は、ジャン・ピエール・ブルテール、美術は、ダニエル・ラドゥール、衣裳は、シルビー・プーレが担当した。出演は「禁じられた遊び」の名子役ブリジット・フォッセーがヒロインに扮している他、ジャン・ブレーズ、アラン・リボール、アラン・ヌーリ、ジュリエット・ピラール、マルセル・キュブリェ、テレーズ・ヤンタンなど。イーストマンカラー、テクニスコープ。

監督
ジャン・ガブリエル・アルビコッコ
出演キャスト
ブリジット・フォッセー ジャン・ブレーズ アラン・リボール アラン・ヌーリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ヌーリー