映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・カラス

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2018年 まで合計5映画作品)

2018年

私は、マリア・カラス

  • 2018年12月21日(金)公開
  • 出演

伝説的オペラ歌手マリア・カラスの人生を未完の自叙伝や封印されたラブレター、未公開映像などから紐解くドキュメンタリー。スキャンダルやバッシングの中でも歌い続ける“カラス”と、一人の女性として愛を切望する“マリア”の姿を彼女自身の言葉と歌で綴る。監督は、本作が初長編となるトム・ヴォルフ。朗読を「永遠のマリア・カラス」でカラスを演じたファニー・アルダンが務める。

監督
トム・ヴォルフ
出演キャスト
マリア・カラス グレース・ケリー イヴ・サン=ローラン アリストテレス・オナシス
2016年

ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿

  • 2016年12月23日(金)公開
  • 出演

240年に及ぶ歴史を誇り、イタリア・オペラの代名詞的存在として輝き続けるミラノ・スカラ座の全貌を紐解くドキュメンタリー。歴史的建造物としての側面からルキノ・ヴィスコンティら著名人たちとの結びつきまで、“芸術の殿堂”のすべてが明らかになる。「グレート・ビューティー/追憶のローマ」の撮影監督ルカ・ビガッツィが撮影を担当している。

監督
ルカ・ルチーニ
出演キャスト
ダニエル・バレンボイム プラシド・ドミンゴ ロベルト・ボッレ アレッサンドラ・フェリ
2015年

マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ

  • 2015年3月21日(土)公開
  • 出演

多くの聴衆を魅了し、その後の歌手にも強い影響を及ぼしたソプラノ歌手、マリア・カラスが1958年12月19日パリ・オペラ座デビューを果たしたライブを記録した音楽ドキュメンタリー。20世紀のイタリア・オペラを代表するバリトン歌手のティト・ゴッビとの共演、バックステージでのカラスを捉えた貴重なショットなど伝説のコンサートの全貌が明らかになる。

出演キャスト
マリア・カラス ティト・ゴッビ アルベール・ランス ルイ・リアラン
2009年

マリア・カラスの真実

  • 2009年3月28日(土)公開
  • 出演

20世紀最高の歌姫マリア・カラスの実像に迫るドキュメンタリー。舞台で喝采を浴びる陰で、彼女がいかにドラマチックな人生をたどったかを本人の声などを交えて浮き彫りにする。

監督
フィリップ・コーリー
出演キャスト
ジョヴァンニ・バッティスタ・メネギーニ アリストテレス・オナシス ルキーノ・ヴィスコンティ ピエル・パオロ・パゾリーニ
1970年

王女メディア

  • 1970年7月17日公開
  • 出演(Medea 役)

「アポロンの地獄」でギリシャ神話の世界に、独自の大胆な息吹をふきこんだパゾリーニが、再びギリシャ神話の“メディア”にとりくみ、宿命の女性像を造形した作品。製作はフランコ・ロッセリーニ、監督・脚本は「テオレマ」のピエル・パオロ・パゾリーニ。撮影はベテランのエンニオ・グァルニエリ、音楽はパゾリーニ自身が担当し元モラビア夫人のエルザ・モランティが協力。美術はダンテ・フェレッティ、衣裳はピエロ・チコレッティ、編集はつねにパゾリーニ作品を担当しているニーノ・バラーリが当っている。出演はイタリア・オペラの名プリマで映画初出演のマリア・カラス、メキシコ・オリンピックの三段跳び選手のジュゼッペ・ジェンティーレ、「テオレマ」のマッシモ・ジロッテイ、ほかにマルガレート・クレメンティ、ルイジ・バルビーニ、ポール・ヤバラ、ローラン・テルズィエフなど。

監督
ピエル・パオロ・パゾリーニ
出演キャスト
マリア・カラス ジュゼッペ・ジェンティーレ マルガレート・クレメンティ マッシモ・ジロッティ
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・カラス

ムービーウォーカー 上へ戻る