TOP > 人物を探す > ハンネス・シュタウディンガー

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1970年 まで合計3映画作品)

1970年

としごろ(1968・イギリス)

  • 1970年5月15日(金)
  • 撮影

世俗を離れた画家と野性の魅力をもつモデルの少女との間に芽生えた淡い恋。製作はマイケル・パウエル、ジェームズ・メイソン。監督は「ハネムーン」のマイケル・パウエル、ノーマン・リンゼイの原作をピーター・イェルドハムが脚色。撮影はハンネス・シュタウディンガー、音楽はスタンリー・マイヤーズ、編集はアンソニー・バックレイがそれぞれ担当。出演は「太陽を盗め」のジェームズ・メイソン、映画初出演のヘレン・ミレン、その他、ジャック・マクガウラン、ネバ・カーグリン、アンドニア・カトサロスなど。

監督
マイケル・パウエル
出演キャスト
ジェームズ・メイソン ヘレン・ミレン ジャック・マッゴーラン ネバ・カーグリン
1959年

ザイラーと12人の娘 白銀は招くよ!

  • 1959年12月19日(土)
  • 撮影

トニー・ザイラーと十二人の若い娘をめぐる明朗スキー映画。ヴォルフガング・エーベルトの戯曲をクルト・ナッハマンとヘルムート・アンディクスが共同で脚色し、ハンス・キェストが監督した。撮影はハンネス・シュタウディンガーとゼップ・ケッテラー、音楽はフランツ・グローテ、篇中ザイラーが主題歌二曲を歌っている。出演は「黒い稲妻」のザイラー、「黄色い恐怖」のマルギット・ニュンケ、他にギュンター・フィリップ、ガーリンデ・ロッカー、ヘルガ・シュラック、ヴェロニカ・バイヤー等。

監督
ハンス・キェスト
出演キャスト
トニー・ザイラー マルギット・ニュンケ ギュンター・フィリップ ガーリンデ・ロッカー
1952年

エロイカ(1950)

  • 1952年3月18日(火)
  • 撮影

ベートーヴェンの生誕百八十年を記念して、彼の半生を描いたこの作品は、一九五〇年製作のオーストリア映画で、「モツアルトの恋」のカール・ハートル総指揮のもとに、新進ヴァルテル・コルム・フェルテエが脚本・監督を担当。撮影はギュンター・アンデルスとハンネス・シュタウディンガー、音楽指揮はハンス・クナッペルツブッシュ。ウィーン・フィルハーモニー・オーケストラ、ウィーン交響楽団、ウィーン国立歌劇合唱団、ウィーン少年合唱団が演奏する。ベートーヴェンにはブルグ劇場の俳優エヴァルト・バルザーが扮し、戦後売出のマリアンネ・シェーンナウア、イワン・ペトロヴィッチ、ジュディット・ホルツマイスター、オスカー・ヴェルナーらが共演する。

監督
ヴァルテル・コルム・フェルテエ
出演キャスト
エヴァルト・バルザー マリアンネ・シェーンナウア ジュディット・ホルツマイスター オスカー・ヴェルナー

ハンネス・シュタウディンガーの関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ハンネス・シュタウディンガー