TOP > 映画監督・俳優を探す > クレア・ウィットネー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1921年 まで合計4映画作品)

1921年

恋の巡礼

  • 1921年
  • 出演(Esther 役)

サミュエル・マーウィン氏の小説をロバート・G・ヴィニョーラ氏の監督で映画化したコスモポリタン映画。主役は「嵐」「美貌の力」等同様のマット・ムーア氏で、其他ジュリア・スウェイン・ゴードン嬢、クレア・ウィットネー嬢、ルビー・デ・レマー嬢等が共演している。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
マット・ムーア Mary Newcomb ジュリア・スウェイン・ゴードン トム・ガイス

悪魔の防波堤

  • 1921年
  • 出演(Jane_Reynolds 役)

ウァールド映画や「ユーコンの侠者」「巨巌の彼方」等に出演したジューン・エルヴィッジ嬢主演のメトロ映画である。「恋と名誉と服従」出演のクレア・ウィットネー嬢や「三銃士(1921)」出演のユージーン・パレット氏等も出演している。ユージーン・ウォルター氏のかつて当たりを取った同名の舞台劇をロイス・ゼルナー女史が脚色し、フレッド・シッテナム氏が監督した。

監督
フレッド・シッテナム
出演キャスト
ユージン・ポーレット クレア・ウィットネー ジミー・ロジャース トーマス・W・ロス
1920年

愛し敬い従え

  • 1920年
  • 出演(Marion_Holbury 役)

チャールズ・ネヴィル・バック氏の小説「弱点の横暴」Tryranny of Weaknessをユージーン・ウォルター氏脚色し、リーンダー・ドゥ・コルドヴァ氏が監督したメトロ映画で、ウィルダ・ベネット嬢とケネス・ハーラン氏が主役を演ずる。

監督
リーンダー・ドゥ・コルドヴァ
出演キャスト
ウィルダ・ベネット クレア・ウィットネー ヘンリー・ハーモン ケネス・ハーラン
1919年

国に留った男

  • 1919年
  • 出演(Molly_Preston 役)

レクモーア・ウォーロール氏とハロルド・テリー氏原作の舞台劇で、これをメトロの脚色部長ジューン・メイシス女史が脚色し、ナジモーワ夫人の「ブラット」「死よりも強し」等と同じくハーバート・ブラッシュ氏の監督である。「假令戦争が終わった今日においても独探劇の興味が失われるという理由はない。この映画も興行価値はともかく、与える興味は豊かである。」とニュース誌は評している。主役は「鷹の追跡」等主役のキング・バゴット氏で、対手役は「孤島の烽火」等出演のクレア・ウィットネー嬢である。

監督
ハーバート・ブラッシュ
出演キャスト
キング・バゴット クレア・ウィットネー Robert Whittier Alexander Herbert
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > クレア・ウィットネー

ムービーウォーカー 上へ戻る