TOP > 映画監督・俳優を探す > イポリット・ジラルド

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2015年 まで合計18映画作品)

2015年

愛して飲んで歌って

  • 2015年2月14日(土)
  • 出演(コリン 役)

「去年マエリエンバートで」で第22回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞、ホロコーストを扱ったドキュメンタリー「夜と霧」から「風にそよぐ草」のような恋愛喜劇まで幅広い作風を見せ、2014年にその生涯を閉じたアラン・レネ監督の遺作。劇作家アラン・エイクボーンの戯曲を下敷きに、余命わずかな男性をめぐりユーモアにあふれた駆け引きをする男女を描く。「巴里の恋愛協奏曲」など多くのレネ監督作品に出演するサビーヌ・アゼマ、「ユキとニナ」のイポリッド・ジラルドらが出演。レネ監督の常に新境地を拓く姿勢が評価され、本作で第64回ベルリン国際映画祭において通常は革新的な若手監督に贈られるアルフレッド・バウアー賞を91歳にして獲得した。

監督
アラン・レネ
出演キャスト
サビーヌ・アゼマ イポリット・ジラルド カロリーヌ・シホール ミシェル・ヴュイエルモーズ
2013年

大統領の料理人

  • 2013年9月7日(土)
  • 出演(ダビッド・アズレ 役)

80〜90年代にかけてフランス大統領として活躍したフランソワ・ミッテラン。彼の専属シェフとして、女性として初めてエリゼ宮入りしたシェフ、ダニエル・デルプシュの実話を基にしたヒューマンドラマ。堅苦しい官邸の常識を、その腕前で変えていくヒロインの姿を描き出す。セザール賞の常連、カトリーヌ・フロが主人公を演じる。

監督
クリスチャン・ヴァンサン
出演キャスト
カトリーヌ・フロ ジャン・ドルメッソン イポリット・ジラルド アルチュール・デュポン
2010年

ユキとニナ

  • 2010年1月23日(土)
  • 監督、脚本、出演(フレデリック(ユキノチチ) 役)

「不完全なふたり」の諏訪敦彦監督が、「パリ、ジュテーム」などのフランスの名優イポリット・ジラルドと共同で監督したドラマ。両親の離婚で揺れる少女の心を描き出す。

監督
諏訪敦彦 イポリット・ジラルド
出演キャスト
ノエ・サンピ アリエル・ムーテル ツユ・シミズ イポリット・ジラルド

クリスマス・ストーリー

  • 2010年11月20日(土)
  • 出演(クロード 役)

名匠アルノー・デプレシャン監督による人間ドラマ。監督の故郷でもあるフランス北部の町ルーベを舞台に、母の病気を機にクリスマスにひさしぶりの再会を果たした家族の物語がつづられる。カトリーヌ・ドヌーヴ、マチュー・アマルリックらフランス映画界を代表する名優たちが多数共演する。

監督
アルノー・デプレシャン
出演キャスト
カトリーヌ・ドヌーヴ ジャン・ポール・ロシロン アンヌ・コンシニ マチュー・アマルリック
2008年

ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン

  • 2008年7月26日(土)
  • 出演(マルク 役)

台湾の名匠ホウ・シャオシェン監督が、名作「赤い風船」にオマージュを捧げた一編。随所に“風船”を登場させながら、パリの街角に暮らす母子の姿を温かくつづる。

監督
ホウ・シャオシェン
出演キャスト
ジュリエット・ビノシュ イポリット・ジラルド シモン・イテアニュ ソン・ファン
2007年

レディ・チャタレー

  • 2007年11月3日(土)
  • 出演(クリフォド 役)

スキャンダラスな性愛描写で物議を醸した小説「チャタレー夫人の恋人」を再映画化。仏の女性監督パスカル・フェランが、静かな森で芽生えた官能的な愛を映し出す。

監督
パスカル・フェラン
出演キャスト
マリナ・ハンズ ジャン=ルイ・クロック イポリット・ジラルド エレーヌ・アレクサンドリディ

パリ、ジュテーム

  • 2007年3月3日(土)
  • 出演(The Father 役)

全編パリで撮影された、パリの街が主役のラブ・ストーリー。ヌーヴェルヴァーグ全盛の65年、エリック・ロメールやジャン=リュック・ゴダールなど6人の監督がそれぞれの視点でパリを描いた「パリところどころ」の現代版ともいえる、新たなパリ映画。監督にはコーエン兄弟、ガス・ヴァン・サント、アルフォンソ・キュアロン、ウォルター・サレス、イサベル・コイシェ、諏訪敦彦、オリヴィエ・アサヤス、シルヴァン・ショメ、ジェラール・ドパルデューなど、出演者にはナタリー・ポートマン、イライジャ・ウッド、スティーヴ・ブシェミ、ジュリエット・ビノシュ、リュディヴィーヌ・サニエ、ジーナ・ローランズなど。

監督
ブリュノ・ポダリデス ジーナ・ローランズ ジェラール・ドパルデュー トム・ティクヴァ
出演キャスト
フロランス・ミュレール ブリュノ・ポダリデス ジーナ・ローランズ ベン・ギャザラ
2006年

キングス&クイーン

  • 2006年6月17日(土)
  • 出演(ママンヌ 役)

仏の俊英、アルノー・デプレシャン監督の4年ぶりの新作。男と女、それぞれのパートを行き来する2部構成で、複雑な人生を生きる彼らの波乱万丈の悲喜劇が展開する。

監督
アルノー・デプレシャン
出演キャスト
エマニュエル・ドゥヴォス マチュー・アマルリック カトリーヌ・ドヌーヴ モーリス・ガレル
2005年

モディリアーニ 真実の愛

  • 2005年7月9日(土)
  • 出演(モーリス・ユトリロ 役)

女性の肖像画で有名な仏の画家、モディリアーニの哀しい生涯を、妻との愛を軸に描いた伝記映画。実力派、アンディ・ガルシアが貧困の中で苦悩する画家を熱演。

監督
ミック・デイヴィス
出演キャスト
アンディ・ガルシア エルザ・ジルベルスタイン オミッド・ジャリリ エヴァ・ヘルズィゴヴァ
1997年

哀しみのスパイ

  • 1997年2月1日(土)
  • 出演(Daniel 役)

イスラエルの諜報組織モサドに身を投じながら、何かと思い悩む青年の姿を描いた異色のスパイ映画。監督・脚本は「愛さずにいられない」「愛を止めないで」のエリック・ロシャン。製作は「愛さずにいられない」「憎しみ」などを世に出したラゼネック・プロの設立者であるアラン・ロッカ。テーマ曲はブラジル音楽の重鎮カエターノ・ヴェローゾ。主演はロシャン作品の常連イヴァン・アタル。共演は「アパートメント」のサンドリーヌ・キベルラン、「殺しのドレス」のナンシー・アレン、「つめたく冷えた月」のジャン=フランソワ・ステヴナン、クリスティーヌ・パスカル、「愛さずにいられない」のイポリット・ジラルドほか。

監督
エリック・ロシャン
出演キャスト
イヴァン・アタル サンドリーヌ・キベルラン ヨシ・バナイ リチャード・メイサー

関連ニュース

『ユキとニナ』の監督、諏訪敦彦(左)、イポリット・ジェラルド
9歳の主演女優に完敗!?  諏訪敦彦監督の新境地 1月8日 10:58

国際的評価の高い諏訪敦彦監督が、名優イポリット・ジラルドと共に監督を務めた新作『ユキとニナ』(1月23日公開)。本作は、フランス人の父と日本人の母を持つ、ハーフで9歳の少女ユキが、両親の離婚をきっかけに成長する姿を描いた…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > イポリット・ジラルド

ムービーウォーカー 上へ戻る