TOP > 映画監督・俳優を探す > ステファン・ニルソン

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2013年 まで合計6映画作品)

2013年

リヴ&イングマール ある愛の風景

  • 2013年12月7日(土)
  • 音楽

「処女の泉」「野いちご」「叫びとささやき」などのスウェーデン人監督イングマール・ベルイマンと、女優リヴ・ウルマンの秘められた愛と友情の軌跡を辿るドキュメンタリー。監督と女優として出会い、男と女として愛し合い、最後は人間同士として尊敬と理解を深めあった二人の物語を、ウルマンへのインタビューとベルイマンの手紙、二人の人生が投影された作品の数々を通して見つめていく。

監督
デーラジ・アコルカール
出演キャスト
リヴ・ウルマン イングマール・ベルイマン
2005年

歓びを歌にのせて

  • 2005年12月17日(土)
  • 音楽

'05年アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた音楽映画。挫折した指揮者が、故郷でコーラス隊の指導をするうちに生命力を取り戻す姿を感動的につづる。

監督
ケイ・ポラック
出演キャスト
ミカエル・ニュークヴィスト フリーダ・ハルグレン ヘレン・ヒョホルム レナート・ヤーケル
2000年

ロッタちゃん はじめてのおつかい

  • 2000年1月15日(土)
  • 音楽

 スウェーデンの国民的作家A・リンドグレーンの人気童話を実写映画化。メルヘン世界から抜け出したような愛らしい少女が、笑いと感動に満ちた3つの事件を巻き起こす。

監督
ヨハンナ・ハルド
出演キャスト
グレテ・ハヴネショルド リン・グロッペスタード マルティン・アンデション ベアトリース・イェールオース

ロッタちゃんと赤いじてんしゃ

  • 2000年6月24日(土)
  • 音楽

 A・リンドグレーン原作の「ロッタちゃん」シリーズ第2弾。春から夏にかけてロッタちゃん一家に起こる日常のできごとを、やさしく見つめた心あたたまるファンタジー。

監督
ヨハンナ・ハルド
出演キャスト
グレテ・ハヴネショルド リン・グロッペスタード マルティン・アンデション ベアトリース・イェールオース
1993年

愛の風景(1992)

  • 1993年1月15日(金)
  • 音楽

神学校に学ぶ貧しい青年と、上流階級の娘が結婚し、互いの価値観の違いを乗り越え理解し合うまでを描く人間ドラマ。「ファニーとアレクサンデル」のイングマール・ベルイマンが、引退後、自叙伝執筆の最中に構想した脚本を基に、「ペレ」のビレ・アウグストが監督した。一九九二年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール(グランプリ)、主演女優賞受賞。アウグスト監督は「ペレ」に続いて二度目の受賞となった。製作はラーシュ・ビィエルケスクーグ。エグゼクティヴ・プロデューサーはイングリッド・ダールベリ。撮影は「ペレ」のヨルゲン・ペルソン。音楽はステファン・ニルソンが担当。出演は、ベルイマンの母アンナに、スウェーデンの舞台出身で、アウグスト監督夫人でもあるペルニラ・アウグスト、父ヘンリクに、テレビ出身の人気俳優サミュエル・フレイレルが抜擢された。ベルイマン映画の常連の名優マックス・フォン・シドーが、アンナの父ヨハン役で共演している。

監督
ビレ・アウグスト
出演キャスト
サミュエル・フレイレル ペルニラ・アウグスト マックス・フォン・シドー ギタ・ノービィ
1989年

ペレ

  • 1989年6月24日(土)
  • 音楽

19世紀のデンマークの小島を舞台に、スウェーデンからの移民親子の可酷な体験と少年の成長を描く。製作はペア・ホルスト、マーティン・アナセン・ネクセの原作『勝利者ペレ』の〈幼年時代〉を基に、監督・脚本は本作品が日本公開第一作になるビレ・アウグスト、撮影は「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のヨルゲン・ペルソン、音楽はステファン・ニルソンが担当。出演はマックス・フォン・シドー、ペレ・ヴェネゴーほか。88年カンヌ映画祭グランプリ、89年アカデミー賞外国語映画賞受賞作。

監督
ビレ・アウグスト
出演キャスト
マックス・フォン・シドー ペレ・ヴェネゴー エリック・ポスゲ アストリッド・ヴィラウメ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ステファン・ニルソン

ムービーウォーカー 上へ戻る