映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュディス・アレン

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1934年 まで合計7映画作品)

1934年

輝く瞳

  • 1934年当年公開
  • 出演(Adele_Martin 役)

「ベビイお目見得」「久遠の誓い」のシャーリー・テンプルが主演する映画で、「妾の弱点」「僕等の天下」のデヴィッド・バトラーが監督に当たったもの。原作もバトラーが「流れる青空」の脚色者エドウィン・パークと共同して書き下ろし、「ヤング・アメリカ」のウィリアム・コンセルマンが脚色した。主演のテンプルを助けて「ベビイお目見得」「歓呼の嵐」のジェームズ・ダンを始め、「かぼちゃ太夫」のジュディス・アレン、「ますらを」のロイス・ウィルソン、「ジェニイの一生」のジェーン・ダーウェル、新子役ジェーン・ウィザース、チャールズ・セロン、ドロシー・クリスティー、セオドア・フォン・エルツ等が出演している。撮影は「水兵上陸」のアーサー・ミラーの担当。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
シャーリー・テンプル ジェームズ・ダン ジェーン・ダーウェル ジュディス・アレン

彼女は僕を愛さない

  • 1934年当年公開
  • 出演(Frances_Arouthnot 役)、出演(Mrs.Arbuthnot 役)

「恋と胃袋」「虹の都へ」のビング・クロスビーが「生活の設計」「南風」のミリアム・ホプキンソと共に主演する映画で、エドワード・ホープの小説とハワード・リンゼイの戯曲を素材として「恋の手ほどき(1933)」「坊やはおやすみ」のベンジャミン・グレイザーが脚色し「三角の月」「生の創め」のエリオット・ニュージェントが監督に当たり、「恋と胃袋」「あたしは別よ」のチャールズ・ラングが撮影している。助演者は「絢爛たる殺人」のキティー・カーライル、「可愛いマーカちゃん」のリン・オヴァーマン、「第三の恋」「新世紀」のエドワード・ヌージェント、「罪じゃないわよ」のウォーレン・ハイマー、「若草物語(1933)」のヘンリー・スティーブンソン、「かぼちゃ太夫」のジュディス・アレン、「ロイドの大勝利」のジョージ・バービア、「世界拳闘王」のヴィンス・バーネット、「妾は天使じゃない」のラルフ・ハロルドという顔触れである。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
ビング・クロスビー ミリアム・ホプキンス キティー・カーライル エドワード・ヌージェント

かぼちゃ太夫

  • 1934年当年公開
  • 出演(Betty_McGonigle 役)

「南瓜とお姫様」と同じくW・C・フィールヅが主演する映画で、チャールズ・ボーグルの原作を「恐怖城」のガーネット・ウェストンと「森の男(1933)」のジャック・カニンガムが共同脚色し、「彼女の用心棒」「ハリウッドは大騒ぎ」のウィリアム・ボーディンが監督、「森の男(1933)」のベン・レイノルヅが撮影した。助演者は新進の唄い手ジョー・モリソン、「猫眼石怪事件」のジュディス・アレン、「坊やが盗まれた」のベビー・ルロイを始め、ジャン・ダッガン、ジャック・マルホール、タマニー・ヤング等がその主なるものである。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
W・C・フィールズ ジョー・モリソン ジュディス・アレン ジャン・ダッガン

猫眼石怪事件

  • 1934年当年公開
  • 出演(Nancy_Brookfield 役)

「女装陸戦隊」「森の男(1933)」と同じくヘンリー・ハサウェイが監督しベン・レイノルヅが撮影に当った映画で、オーガスタス・トーマスの舞台劇をソールズベリー・フィールドが改作し、アンソニー・ヴェイラーーが脚色した。出演者は「ゆりかごの唄」のサー・ガイ・スタンディング、「恐怖の甲板」のジョン・ハリデイ、「新世紀」のジュディス・アレン、「鉄血士官校」のトム・ブラウン、「ボレロ」のウィリアム・フローリー等である。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
サー・ガイ・スタンディング ジョン・ハリデイ ウィリアム・フローリー ジュディス・アレン
1933年

荒浪越えて

  • 1933年当年公開
  • 出演(Sally_Driggs 役)

「歓呼の涯」「ある日曜日の午後」等の共同脚色者グローヴァ・ジョーンズとウィリアム・スレイヴンス・マクナットが共同して監督にあたった映画で、「霧笛の波止場」のマックス・ミラーの原作を「空の花嫁」のアグネス・ブランド・リーが映画向きに書き改め、ジョーンズ・マクナットが共同脚色した。主演は「三角の月」「響け応援歌」のリチャード・アーレンと「新世紀」「唄へ!踊れ!(1933)」のジュディス・アレンで、「パラマウント・オン・パレイド」に出演した松井翠声、「ふるさとの唄」のチャーリー・グレイプウィン、「鷲と鷹(1933)」のサー・ガイ・スタンディング、ガートルーッド・ホフマン、ウィリアム・フローリー等が助演している。撮影は「裸一貫(1931)」のアルフレッド・ギルクスの担当。

監督
グローヴァー・ジョーンズ ウィリアム・スレイヴンス・マクナット
出演キャスト
リチャード・アーレン ジュディス・アレン チャーリー・グレイプウィン ガートルード・W・ホフマン

唄へ!踊れ!(1933)

  • 1933年当年公開
  • 出演(Ruth Brown 役)

「ラジオは笑う」「響け応援歌」のビング・クロスビーが主演する映画で「鷲と鷹(1933)」「響け応援歌」のジャック・オーキーと「ナイトクラブの女」のスキーツ・ギャラガーが共演する。「空の花嫁」の脚色者ジョセフ・L・マンキーウィッツが書き下ろした台本により「パアミイディス」「国際喜劇ホテル」のエディー・サザーランドが監督し「深夜の紳士」のテオドル・スパークールが撮影した。歌詞は「響け応援歌」と同じくサム・コスロウが書きアーサー・ジョンストンが作曲している。助演者は「新世紀」のジュディス・アレン及びハリー・グリーン、リリアン・タッシュマン、キティー・ケリーその他である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ビング・クロスビー ジャック・オーキー スキーツ・ギャラガー ハリー・グリーン

新世紀

  • 1933年当年公開
  • 出演(Gay_Merrick 役)

「暴君ネロ(1932)」に次ぐセシル・B・デミル監督作品で、「犯罪都市(1931)」「キック・イン」のバートレット・コーマックが原作脚色、「鉄窓の女」「春の驟雨」のペヴァレル・マーレーが撮影に当たった。出演者は「ビール万歳」「地下の雷鳴」のチャールズ・ビックフォードを始め、「乗合馬車」「鉄血士官校」のリチャード・クロムウェル、新進のジュディス・アレン、「略奪者」「女給と強盗」のハリー・グリーン、「夜毎来る女」のブラッドリー・ペイジ、「燃ゆる海原」のエドワード・ヌージェント、「鉄血士官校」のベン・アレクサンダー、ファッジー・ナイト、ジョージ・バービア等である。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
チャールス・ビックフォード リチャード・クロムウェル ジュディス・アレン ハリー・グリーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュディス・アレン