TOP > 人物を探す > ジョージ・バーレル

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1927年 まで合計9映画作品)

1927年

西部殺陣

  • 1927年
  • 出演(Judge 役)

「韋駄天騎手」に次ぐバック・ジョーンズ氏主演の西部活劇で、同映画と同じくオーヴィル・ダル氏が監督したもの。ジョンストン・マッカレー氏の原作により、ハロルド・シューメイト氏が脚色した。ジョーンズ氏の相手役は新進のバーバラ・ベネット嬢で、その他にセオドア・ローチ氏、ジョージ・バーレル氏、マードック・マックワリー氏、フランク・ラニング氏などが出演している。

監督
オーヴィル・ダル
出演キャスト
バック・ジョーンズ バーバラ・ベネット セオドア・ローチ ジョージ・バーレル
1925年

大自然の雄叫び

  • 1925年
  • 出演(Old_Honeycutt 役)

「破竹の勢い」「昇天の意気」等と同じくトム・ミックス氏主演西部劇で、原作はジャクソン・グレゴリイ氏、脚色はウィンダム・ギッテンス氏、監督は前記二映画と同じくジョン・G・ブライストーン氏である。ミックス氏相手役は珍しく「鉄拳制裁」「曲馬団の闘将」等出演のアリス・カルホーン嬢が勤め、ロバート・ケイン氏、ウォルター・ジェームズ氏、カール・デーン氏等が共演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
トム・ミックス アリス・カルホーン ロバート・ケイン ジョージ・バーレル
1923年

アラスカの女王

  • 1923年
  • 出演(Malamute_Mike 役)

「神の園へ」等と同じくネル・シップマン嬢主演のアラスカ劇で、嬢自身の原作をバート・ヴァン・タイル氏が監督したもの、對手役にはヒュー・トンプソン氏、アルフレッド・アレン氏等が出演する。

監督
バート・ヴァン・タイル
出演キャスト
ネル・シップマン ヒュー・トンプソン アルフレッド・アレン ジョージ・バーレル
1921年

未開人

  • 1921年
  • 出演(Elliot_Straive 役)

ユ社を去って独立したモンロー・ソールズベリー氏が第1回の作品である。対手は美しいジェーン・ノヴァック嬢。パラマウント映画を数多く監督したドナルド・クリスプ氏の監督である。『実に珍しいほど美しい背景が使用してあるが、写真の題名及びスターなるソールズベリー氏に対して抱く期待は、この映画を見て稍外れざるを得ない。そは活劇味の足りないためと、筋に新味のないためである』とはニュース誌の評である。

監督
ドナルド・クリスプ
出演キャスト
モンロー・ソールズベリー ジョージ・バーレル アラン・ヘイル ジェーン・ノヴァック

社交界の秘密

  • 1921年
  • 出演(Father 役)

ヘレン・クリスティン女史の原作をダグラス・Z・ドーティー氏が脚色し、レオ・マッカーシー氏が監督した社界劇で、「美しき女賊」「激流」で紹介されたエヴァ・ノヴァク嬢の主演劇である。

監督
レオ・マッカーシー
出演キャスト
エヴァ・ノヴァク ガートルード・クレアー ジョージ・バーレル クラリッサ・セルウィン
1920年

青春の夢(1920 Powell)

  • 1920年
  • 出演(Tom 役)

エリナー・H・ポーター原作の小説『ポリアナ』をフランセス・マリオンが脚色し、「魔の森」「薄命の女」などの監督ポール・パウエルが監督したもので、メアリー・ピックフォードの連合芸術家会社における第1回作品である。

監督
ポール・パウエル
出演キャスト
メアリー・ピックフォード J. Wharton James Katherine Griffith William Courtleigh

開拓の道

  • 1920年
  • 出演(Slingerland 役)

米国の通俗作家として我国にもその映画化された「沙漠颪(1926)」「敵を屠る時」「熱火の騎手」そのほかで有名なゼーン・グレイの原作で、ウィリアム・H・クリフォードの脚色、「熱情の国」などを監督したジャック・コンウェイが監督したもの。おなじみ深いキャスリン・ウィリアムス、ロバート・マッキム、マーゲリット・ド・ラ・モット、ジョセフ・J・ダウリングらが出演する。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
キャスリン・ウィリアムス ロバート・マッキム マーゲリット・ド・ラ・モット ロイ・スチュアート
1919年

落陽の哀愁

  • 1919年
  • 出演(Piety_Pete 役)

34年前以前2、3その出演映画が公開されたエディス・ストーレイ嬢主観のメトロ映画。当時メトロ社の総監督たりしジョージ・D・ベイカー氏が自作の同名の舞台劇を脚色し、E・メイソン・ホッパー氏が監督したものである。ルイス・J・コディ氏、ザス・ピッツ嬢等が共演。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
エディス・ストーレイ ルイス・J・コディ Harry S. Northrup William Brunton

騒がしき改心

  • 1919年
  • 出演(Jenkins_her_father 役)

永くフォックス社にいて「荒野の途」等を監督したエドワード・ルサン氏の監督で、トム・ミックス氏とキャスリーン・オコンナー嬢の共演であることは「決死の勇」と同じである。「活劇と興味に満ちた作品」とニュース誌は評している。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
トム・ミックス キャスリーン・オコンナー ジョージ・バーレル B. M. Turner
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジョージ・バーレル