映画-Movie Walker > 人物を探す > ブノワ・ジャコ

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2004年 まで合計6映画作品)

2004年

イザベル・アジャーニの惑い

  • 2004年7月3日(土)公開
  • 監督、脚本

「王妃マルゴ」のイザベル・アジャーニ主演による文芸ロマン。19世紀を舞台に、美しい伯爵夫人が年下の青年と出会い運命を狂わせていくさまを、流麗な映像美でつづる。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
イザベル・アジャーニ スタニスラフ・メラール ジャン・イアンヌ ロマン・デュリス
2003年

発禁本 SADE

  • 2003年5月24日(土)公開
  • 監督

サディズムの語源にもなった、仏の作家マルキ・ド・サドを主人公にした問題作。死と背中合わせの牢獄生活を送るサドと、好奇心旺盛な伯爵令嬢とのひそかな愛をつづる。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ マリアンヌ・ドニクール ジャンヌ・バリバール グレゴワール・コラン
2002年

トスカ

  • 2002年10月12日(土)公開
  • 監督

プッチーニの有名な歌劇を、現代オペラ界のトップスターを結集して華麗に映画化。名作をドラマチックに再現した本編と、メイキング風景が交錯する構成が斬新だ。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
アンジェラ・ゲオルギュー ロベルト・アラーニャ ルジェロ・ライモンディー マウリツィオ・ムラーロ
1997年

シングル・ガール(1995)

  • 1997年10月10日(金)公開
  • 監督、脚本

恋人の子供を身ごもった少女が産むかどうかを決断するまでの時間をリアルタイムで切り取り、自分の運命を切り開いていく、少女の心の動きをみずみずしく描いた青春映画。監督は「デザンシャンテ」のブノワ・ジャコー。撮影は「パリでかくれんぼ」のカロリーヌ・シャンプティエが担当。主演は「カップルズ」のヴィルジニー・ルドワイヤン。共演は「夜の子供たち」のブノワ・マジメル、「私の男」のドミニク・ヴァラディエほか。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
ヴィルジニー・ルドワイヤン ブノワ・マジメル ドミニク・ヴァラディエ ヴェラ・ブリオル
1993年

デザンシャンテ

  • 1993年12月10日(金)公開
  • 監督、脚本

三人の男性との出会いと別れを通して大人へと成長していく少女の姿を描いた思春期映画。ドミニク・サンダとの三角関係を解消して結ばれた当時、少女が一四歳、男性が四一歳のカップルとして世間を騒がせたジュディット・ゴドレーシュとブノワ・ジャコ監督が、四年間の恋に終止符を打つ直前に撮った作品。監督・脚本は「肉体と財産」のブノワ・ジャコ。製作は「タンデム」のフィリップ・カルカソンヌ。撮影は「15才の少女」のカロリーヌ・シャンペティエ。音楽はホルヘ・アリアガータ。主演は「15才の少女」のジュディット・ゴドレーシュ。共演は「エミリーの未来」のイヴァン・デニ、「プロヴァンス物語」のテレーズ・リオタール、マルセル・ボゾネら。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
ジュディット・ゴドレーシュ マルセル・ボゾネ イヴァン・デニ マルコム・コンラート
1989年

肉体と財産

  • 1989年2月27日(月)公開
  • 監督、脚本、台詞

夏の終わりの大西洋岸のリゾート地を舞台に、ある殺人事件に巻き込まれた6人の男女の姿を描くフィルム・ノワール。製作はウンベール・バルサンとジャン・ピエール・マオ、ジェームズ・ガンの原作を基に、監督・脚本・台詞は本作品が日本での一般公開第一作になるブノワ・ジャコ、撮影は「さよなら子供たち」のレナート・ベルタ、音楽はエリック・ルランが担当。出演は「ステッペンウルフ」のドミニク・サンダ、「建築家の腹」のランベール・ウィルンン、ジャン・ピエール・レオーほか。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
ドミニク・サンダ ランベール・ウィルソン ダニエル・ダリュー ジャン・ピエール・レオ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブノワ・ジャコ