TOP > 映画監督・俳優を探す > 石木まゆみ

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2006年 まで合計25映画作品)

2006年

ダニエラという女

  • 2006年12月9日(土)
  • 日本語字幕

「マレーナ」のモニカ・ベルッチが、男をとりこにする娼婦を演じた官能的なラブ・ストーリー。ベルッチは出産をはさんで撮影された本作で、大胆なヌードを披露している。

監督
ベルトラン・ブリエ
出演キャスト
モニカ・ベルッチ ベルナール・カンパン ジェラール・ドパルデュー ジャン=ピエール・ダルッサン
2002年

家路(2001)

  • 2002年3月2日(土)
  • 字幕

ポルトガルの巨匠、マノエラ・デ・オリベイラ監督が手がける珠玉の人間ドラマ。愛する人々を亡くしたベテラン俳優が、自身を見直していく姿を軽妙かつ静かに描く感動作!

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
出演キャスト
ミシェル・ピッコリ カトリーヌ・ドヌーヴ ジョン・マルコヴィッチ アントワーヌ・シャピー
2001年

フェリックスとローラ

  • 2001年11月3日(土)
  • 字幕

「橋の上の娘」の名匠パトリス・ルコント監督によるラブ・ストーリー。ヒロインの過去を明かすミステリーにドキドキさせられつつ、感情の高まりの描写にせつなさは加速!

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
シャルロット・ゲンズブール フィリップ・トレトン アラン・バシュング フィリップ・ドゥ・ジャヌラン

シリアル・ラヴァー

  • 2001年4月28日(土)
  • 字幕

ブラックな笑いが満載のフレンチ・コメディ。図らずも恋人たちを次々と殺してしまう女性の、悪夢的な体験を描く。ヒロインのあまりに間の悪い行動には、苦笑の連続!

監督
ジェームズ・ユット
出演キャスト
ミシェル・ラロック アルベール・デュポンテル エリーズ・ティエルローイ ミシェル・ヴュイエルモーズ
2000年

クリクリのいた夏

  • 2000年7月8日(土)
  • 字幕

 本国仏で200万人を動員した、愛と感動のヒューマン・ドラマ。田舎の四季を背景に、懐かしい時代のあたたかな人間関係が幼い少女の視点でみずみずしく語られる。

監督
ジャン・ベッケル
出演キャスト
ジャック・ヴィルレ ジャック・ガンブラン アンドレ・デュソリエ ミシェル・セロー
1998年

ドライ・クリーニング

  • 1998年5月23日(土)
  • 字幕

平凡な夫婦とふたりを魅了する美青年の危険な関係を描くラヴ・ロマンス。監督は「おとぼけオーギュスタン」のアンヌ・フォンテーヌ。フォンテーヌとクロード・アルノーの原案を基に、脚本はフォンテーヌと「夜の子供たち」のジル・トーランが執筆。製作総指揮は「リディキュール」のフィリップ・カルカッソンヌと「夜の子供たち」のアラン・サルド。撮影は「魂を救え!」のカロリーヌ・シャンプティエ。美術はアントワーヌ・プラトー。編集はリュック・バルニエ。主演は「ジェルミナル」のミウ・ミウ、「ラブetc.」のシャルル・ベルリング、本作がデビューとなる新人のスタニスラフ・メラール。

監督
アンヌ・フォンテーヌ
出演キャスト
ミュウ・ミュウ シャルル・ベルラン スタニスラス・メラール マチルデ

川のうつろい

  • 1998年2月28日(土)
  • 字幕

アフリカの大地を舞台に、フランス人貴族と黒人少女の愛を描く大河ロマン。監督・主演は「ヘカテ」「リディキュール」の個性派ベルナール・ジロドー。脚本・台詞はジロドー、ジャン=ルイ・ルコント。撮影はジャン=マリー・ドルージュ。音楽はルネ=マルク・ビーニ。共演は新人のアイサトウ・ソー、「オディールの夏」のリシャール・ボーランジェ、「妻の愛人、夫の恋人」のアンナ・ガリエナほか。

監督
ベルナール・ジロドー
出演キャスト
ベルナール・ジロドー リシャール・ボーランジェ アンナ・ガリエナ エサトウ・ソー
1996年

メランコリー

  • 1996年1月27日(土)
  • 字幕

クリスマス休暇にスキー・リゾートに集まった人々の恋愛模様をコミカルに描くオールスター・キャストによるロマンチック・コメディ。監督・脚本はこれが初の日本公開作になるベテラン、エリ・シュラキ。エグゼクティヴ・プロデューサーは「赤い航路」のロベール・ベンムサ、共同脚本は監督ジェラール・ウーリーの娘で「王妃マルゴ」など数多くのヒット作を手掛けるダニエル・トンプソン、撮影は「海を渡るジャンヌ」のロベール・アラズラキ、音楽は「心の地図」の名匠ガブリエル・ヤレドがそれぞれ担当。出演は「男と女」「プレタポルテ」のアヌーク・エーメ、「エドワールとカロリーヌ」などのダニエル・ジェランの大御所を筆頭に、「アメリカの夜」「恋はメイド・イン・パリ」のジャクリーン・ビセット、「愛の報酬/シャベール大佐の帰還」のアンドレ・デュソリエ、「真夜中の恋愛論」で共演した「夜ごとの夢」のジャン=ユーグ・アングラードとマリー・トランティニャン、「自由、夜」のクリスティーヌ・ボワッソンほかの競演。

監督
エリー・シューラキ
出演キャスト
アヌーク・エーメ ジャン=ユーグ・アングラード ジャクリーン・ビセット クリスティーヌ・ボワッソン

おとぼけオーギュスタン

  • 1996年5月11日(土)
  • 字幕

現実のパリの町を背景に、俳優志望の妙な青年が繰り広げる型破りな不条理コメディ。監督・脚本は処女作『ラヴ・ストーリーは普通悪い終わり方をする』(日本未公開)でジャン・ヴィゴ賞を獲得、第2作の本作がカンヌ映画祭<ある視点>を受賞したアンヌ・フォンティーヌ。製作は『夢のシネマ、東京の夢』(吉田喜重監督、特別上映・テレビ放映のみ)を製作したフィリップ・ジャキエと「タンゴ」のブリジット・フォール、フォンテーヌの夫でもある「タンゴ」「キャリントン」のフィリップ・カルカソンヌ。全編パリの各所で即興的にロケ撮影した軽やかな映像が印象的。出演は『ラヴ・ストーリーは普通悪い終わり方をする』にも出演し、本作で注目を集めたジャン=クレティアン・シベルタン=ブランほか。また「タンゴ」などの人気スターティエリー・レルミットが自分自身の役で特別出演している。

監督
アンヌ・フォンテーヌ
出演キャスト
ジャン・クレティアン・シベルタン・ブラン ステファニー・チャン ギ・カザボンヌ ノラ・アビブ
1995年

パリ空港の人々

  • 1995年3月4日(土)
  • 字幕

パスポートを盗まれたばかりに空港から出られなくなった男と、それぞれの事情から空港内に住み着いている人々の悲喜劇を綴った、滑稽でハートウォーミングなコメディ。ボーダーレス時代に故郷を失った人々を見つめる演出の視点が温かい。監督・脚本はミシェル・ドヴィル、コリーヌ・セロー、ロバート・アルトマンらの録音技師を経て、38歳で監督に転じたフィリップ・リオレで、実際にパリ空港に住んでいる人々をモデルに、ミシェル・ガンツと共同で脚本を執筆。製作はジル・ルグランとフレデリック・ブリヨン。撮影は「ニキータ」「レオン」のティエリー・アルボガスト。音楽は「15才の少女」のテーマ曲などを手掛けたピアノ奏者のジェフ・コーエンで、主題歌『ラ・ノスタルジー 望郷の詩』の作曲と歌はアレクサンドル・チャンストキェヴィッチ。主演は「髪結いの亭主」「めぐり逢ったが運のつき」のジャン・ロシュフォール、「ハイヒール」のマリサ・パレデス、「カルメン(1983 Saura)」のラウラ・デル・ソル、「デリカテッセン」「タンゴ」のティッキー・オルガド、「IP5-愛を探す旅人たち-」のソティギ・クヤテ、そして新人の子役イスマイラ・メイテほか。

監督
フィリップ・リオレ
出演キャスト
ジャン・ロシュフォール マリサ・パレデス ティッキー・オルガド ラウラ・デル・ソル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 石木まゆみ

ムービーウォーカー 上へ戻る