映画-Movie Walker > 人物を探す > トマ・ラングマン

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2017年 まで合計7映画作品)

2017年

ボン・ボヤージュ〜家族旅行は大暴走〜

  • 2017年7月22日(土)公開
  • 製作

制御不能になった車の中という密室で繰り広げられる騒動を描き、本国フランスで大ヒットを記録したコメディ。楽しいはずのバカンスに出かけた一家が、車の故障で度重なるトラブルに見舞われた挙句、家族の危機を迎える姿がつづられる。監督はハイテンションなコメディ『世界の果てまでヒャッハー!』で人気を博した二コラ・ブナム。

監督
ニコラ・ブナム
出演キャスト
ジョゼ・ガルシア アンドレ・デュソリエ カロリーヌ・ヴィニョ ジョゼフィーヌ・キャリーズ
2014年

ママはレスリング・クイーン

  • 2014年7月19日(土)公開
  • プロデューサー

服役していた女性が息子との関係を改善しようと、同じスーパーマーケットで働く同僚たちとともに彼の好きなプロレスに挑戦するハートフル・コメディ。「みんな誰かの愛しい人」のマリルー・ベリが息子を取り戻そうと奮闘するシングルマザーに扮するほか、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のナタリー・バイ、「最強のふたり」のオドレイ・フルーロ、「君と歩く世界」のコリンヌ・マシエロが、過酷なトレーニングや過激なパフォーマンスなどのプロレスへの挑戦を通じて本来の彼女たちらしさや自信を取り戻す女性たちを演じている。監督はフランスでテレビドラマを手がけるジャン=マルク・ルドニツキ。本作が映画初監督作品となる。

監督
ジャン=マルク・ルドニツキ
出演キャスト
マリルー・ベリ ナタリー・バイ アンドレ・デュソリエ オドレイ・フルーロ
2007年

ダブルオー・ゼロ

  • 2007年3月24日(土)公開
  • 製作

「TAXi」のジェラール・ピレス監督によるコミカルなスパイ・アクション。国家機関に雇われたゲーマー2人が、盗まれた核兵器を追い、悪党相手に大活躍を見せる。

監督
ジェラール・ピレス
出演キャスト
エリック・ジュドール ラムジー・ベディア エドワール・バエル ジョージアナ・ロバートソン
2002年

ル・ブレ

  • 2002年8月31日(土)公開
  • 製作、脚本

パリとアフリカの砂漠を舞台に、個性あふれるキャラが追いつ追われつの大混戦! おバカなギャグやスリリングなアクションを満載した、痛快フレンチ・コメディだ。

監督
アラン・バーバリアン フレデリック・フォレスティア
出演キャスト
ジェラール・ランヴァン ブノワ・ポールヴールド ジョセ・ガルシア ロッシ・デ・パルマ
1993年

パリ・セヴェイユ

  • 1993年10月9日(土)公開
  • 出演(Adrien 役)

四年振りに再会した父と息子と父の愛人との三角関係を通してパリという都会の人間関係を描いた作品。監督・脚本は「カイエ・デュ・シネマ」の評論家出身のオリヴィエ・アサヤス、製作はブリュノ・ペズリー、撮影は「ダディ・ノスタルジー」のドニ・ルノワール。音楽は伝説的ロック・グループ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのメンバーで「サムシング・ワイルド」のジョン・ケイルが担当。主演は「タンゴ」のジュディット・ゴドレーシュ、「愛されすぎて」のトマ・ラングマン、「コントラクト・キラー」のジャン・ピエール・レオー。他にアントワーヌ・バズレル、ウニー・ルコントらが出演。

監督
オリヴィエ・アサイヤス
出演キャスト
ジュディット・ゴドレーシュ ジャン・ピエール・レオ トマ・ラングマン マルタン・ラモット

シャルロット・ゲンズブール 愛されすぎて

  • 1993年3月20日(土)公開
  • 出演(Paul 役)

二人の男の間で恋に悩む若い女性ジャーナリストの姿を描く恋愛ドラマ。監督・脚本は「ピストルと少年」のジャック・ドワイヨン。「突然炎のごとく」などの原作者として知られるアンリ・ピエール・ロシェが書き残していたメモをもとにした恋愛劇となっている。製作はアラン・サルド。エグゼクティヴ・プロデューサーはクリスティーヌ・ゴズラン。撮影はクリストフ・ポロックが担当。主演は、ドワイヨン監督の内縁の妻ジェーン・バーキンの娘で「愛を止めないで」のシャルロット・ゲンズブール。「愛と宿命の泉」のクロード・ベリの息子で「サンドイッチの年」のトマ・ラングマン、「愛のあとに」のイヴァン・アタルらが共演。

監督
ジャック・ドワイヨン
出演キャスト
シャルロット・ゲンズブール イヴァン・アタル トマ・ラングマン ステファニー・コッタ
1989年

サンドイッチの年

  • 1989年1月28日(土)公開
  • 出演(Victor 役)

戦争によってひとりぼっちになってしまった15歳の少年の、生涯の親友を得た喜びと、家族の温かみ、そして悲しみと苦悩を描く。製作はフィリップ・デュサール、監督は「ドリアン・グレイ 美しき肖像」のピエール・ブートロン、セルジュ・レンツの原作を基に、脚色・台詞はブートロンとジャン・クロード・グランベルグ、撮影はドミニク・ブラバン、音楽はローラン・ロマネッリが担当。出演はヴォイツェフ・プショニャック、トマ・ラングマン、ニコラ・ジロディほか。

監督
ピエール・ブートロン
出演キャスト
ヴォイツェフ・プショニャック トマ・ラングマン ニコラ・ジロディ ミシェル・オーモン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トマ・ラングマン