映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョイ・ウォン

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2002年 まで合計15映画作品)

2002年

華の愛 遊園驚夢

  • 2002年5月11日(土)公開
  • 出演(ラン 役)

アジアを代表する人気女優、宮沢りえ&ジョイ・ウォン共演による絢爛たる歴史ロマン。中国貴族文化を背景に、時代の波に翻弄される2人の女性の数奇な運命を描く。

監督
ヨン・ファン
出演キャスト
宮沢りえ ジョイ・ウォン ダニエル・ウー ジャオ・ジーカン
1997年

北京原人 Who are you?

  • 1997年12月20日(土)公開
  • 主題歌、出演(宗美々 役)

科学技術によって現代に甦った北京原人の親子と人間たちの心の触れ合いを描いたSFファンタジー。監督は「超能力者 未知への旅人」の佐藤純彌。脚本は「きけ、わだつみの声(1995)」の早坂暁。撮影を「OL忠臣蔵」の浜田毅が担当している。主演は「マグニチュード」の緒形直人と「Lie lie lie」の本田博太郎。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
緒形直人 ジョイ・ウォン 本田博太郎 片岡礼子
1995年

蜘蛛に抱かれた女

  • 1995年1月28日(土)公開
  • 出演(クァン/ウォン 役)

過去に犯した罪のため脅迫され、殺人事件に巻き込まれる女弁護士を軸に愛憎渦巻く3人の女が虚々実々の駆け引きを繰り広げるサスペンス。ひとり二役を演ずるジョイ・ウォン、細かなアクションや小道具を使った演出に、アルフレッド・ヒッチコック作品をはじめ往年のサスペンス映画へのオマージュが窺える。製作は「ドラゴン・イン新龍門客棧」のツイ・ハーク。監督はカメラマン出身の「ロボフォース 鉄甲無敵マリア」のデイヴィッド・チャンで、本作では撮影もチュウ・コクファイ(「バイオレンス・ポリス/九龍の獅子2」)と共同で担当。脚本はルイ・ファー、音楽はチュウ・マンホイ、編集はフォン・イン、美術は「ラスト・ブラッド 修羅を追え」のフォン・イン、SFXは新視覺特技工作室がそれぞれ担当。出演は「スウォーズマン 女神復活の章」のブリジット・リンとジョイ・ウォン、『ファントム・ブライド』(V)のポーリン・ウォン。またブリジット・リンの恋人役で「九龍大捜査線」のレイ・チーホンが特別出演している。

監督
デイヴィッド・チャン
出演キャスト
ブリジット・リン ジョイ・ウォン ポーリン・ウォン エリザベス・リー

城市特警

  • 1995年1月28日(土)公開
  • 出演(エイダ 役)

退職を控えた香港の敏腕警部が同僚や恋人を無残に殺したコカイン密売組織に復讐するヴァイオレンス・ポリス・アクション。製作は「ドラゴン・イン新龍門客棧」のツイ・ハーク。監督は『ワンダー・ガールズ/東方三侠』(V)のジョニー・トゥと『スウォーズ・マン』(映画祭上映のみ)のアンドリュー・カムの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ロアン・リンユィ 阮玲玉」のドリス・ツェとイップ・カムホン、脚本は「さらば英雄 愛と銃撃の彼方に」のゴードン・チャン、撮影は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のウォン・ウィンハン、音楽は「天幻城市」(特別出演)のロー・ターヨウ、編集は「フル・ブラッド」のデイヴィッド・ウー、SFXは「蜘蛛に抱かれた女」の新視覚特技工作室がそれぞれ担当。主演は「九龍大捜査線」のレイ・チーホン。共演は『狼/男たちの挽歌・最終章』(V)、「格闘飛龍・方世玉」のチュウ・コンらのほか、ジョイ・ウォンが看護婦役で特別出演している。

監督
ジョニー・トー アンドリュー・カム
出演キャスト
レイ・チーホン チュウ・コン ジョイ・ウォン 黄衍濠

スウォーズマン 女神復活の章

  • 1995年1月14日(土)公開
  • 出演(雪千尋(スノー) 役)

本来、『スウォーズマン』(90、映画祭上映のみ)の続編として作られた「スウォーズマン 女神伝説の章」(93)が予想外の大成功を収めたため、急遽、ブリジット・リン演じるキャラクターをフィーチャーした“東方不敗”シリーズの第2作として製作された伝奇アクション。前作同様、ワイヤーワークをはじめとするSFXを駆使した、荒唐無稽ながらパワフルな作風が見どころで、香港では東方不敗と新たな登場人物・スノーとのレズビアン描写も話題となった。監督は前2作に引き続き「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」3部作のチン・シュウタンと、「スウォーズマン」にも共同監督で参加したレイモンド・リーの共同。製作はシリーズ全作に関わっている香港ニューウェーヴの旗手ツイ・ハーク。脚本はツイ・ハーク、ロイ・ゼトー、チャン・カーボンの共同。撮影はトム・ラウ、音楽はウィリアム・フーが担当。主題歌は台湾のポップシンガー、サラ・ツェン(陳淑樺)の『笑紅塵』(倣個真的我)。主演は前作に続いて「白髪魔女伝」のブリジット・リン。共演は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」シリーズ、『青蛇転生』(V)のジョイ・ウォンほか。

監督
チン・シウトン レイモンド・リー
出演キャスト
ブリジット・リン ジョイ・ウォン ユー・ロングアン ジーン・ウォン
1994年

九龍帝王 ゴッド・オブ・クーロン

  • 1994年10月25日(火)公開
  • 出演(徳蘭(テレサ) 役)

香港の若手ビッグ・スター、アンディ・ラウが、日本でも人気のジョイ・ウォンを相手役に迎えて送る、香港ノワールの一編。監督はエンターテインメント志向の作家として定評あるチャン・カーチェン。今回アンディが演じるのは、暴力と犯罪が巣食う喧騒の街、廟街で青春を駆け抜ける若きリーダー役で、そんな彼を見守る養父母役にはウ・マンタとディニー・イップが扮している。また、冒頭では「新ポリス・ストーリー」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明」のケント・トンなどがゲストとして登場しているのも見逃せない。

監督
チャン・カーチェン
出演キャスト
アンディ・ラウ ジョイ・ウォン ウ・マンタ ディニー・イップ

アンディ・ラウ 暗黒英雄伝

  • 1994年3月16日(水)公開
  • 出演

90年代香港NO・1の若手スター、アンディ・ラウ主演のいわゆる“香港ノワール”の一編。犯罪組織の若きボスをクールにこなすアンディの颯爽たる演技に加えて、「欲望の翼」などで知られるタン・ウァイの指導による、ハードかつ鮮やかなアクションが全編で展開されるあたりが見どころ。さらに監督にホー・チョクウェン、脚本は「フル・ブラッド」「蒼き狼たち」のナム・インと一流のスタッフ陣がそろった。共演はロイ・チョン、ルン・ファンらの男優陣に、紅一点の形でユウ・リーが華を添える。ゲストとしてジョイ・ウォンが思わぬ場面で特別出演しているのも見逃せない。

監督
ホー・チョクウェン
出演キャスト
アンディ・ラウ ロイ・チョン ルン・ファン ユウ・リー
1993年

シティーハンター

  • 1993年3月6日(土)公開
  • 出演(Kaori_Makimura 役)

八五年から『週刊少年ジャンプ』に連載された北条司の人気漫画「シティハンター」を映画化した作品。“シティハンター”と呼ばれる男、冴羽りょう(サエバ・リョウ)の超人的な活躍を描く。監督は、「ゴッド・ギャンブラー」のバリー・ウォン。製作はレイモンド・チョウとレナード・ホウ。エグゼクティヴ・プロデューサーはチュア・ラム。撮影はジゴ・リー、トム・ラウ、ジゴ・マの共同。音楽はジェームズ・ウォン。アクション監督は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のチン・シウトンが担当。主演は「ポリス・ストーリー3」のジャッキー・チェン、「男はつらいよ 寅次郎の青春」の後藤久美子、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」のジョイ・ウォン。劇中の豪華客船のシーンは、実在の大型客船ふじ丸を使って撮影された。

監督
バリー・ウォン
出演キャスト
ジャッキー・チェン 後藤久美子 ジョイ・ウォン リチャード・ノートン
1992年

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3

  • 1992年3月7日(土)公開
  • 出演(小卓 役)

邪悪な妖魔と僧侶との戦いをSFXを駆使して描くファンタジー・ホラーのシリーズ第3弾。監督と製作には前2作と同様に程小東と徐克があたり、脚本は徐克と司徒慧、撮影は劉滿棠、音楽は載楽民と黄霑、SFXは徐克が主宰するシネフェックス・ワークショップが担当。

監督
チン・シウトン
出演キャスト
ジョイ・ウォン トニー・レオン ジャッキー・チュン ニナ・リー

パラダイス・パラダイス

  • 1992年2月29日(土)公開
  • 出演(游静文 役)

タクシーの運転手が、偶然知り会った少女を助けるため奮闘するうちに恋に落ちていくラヴ・コメディ。監督・脚本はウォン・チャン、製作は「スネーキーモンキー 蛇拳」のディーン・セキ、共同脚本はエドワード・リー、撮影はジェームズ・チャン、音楽はアントニオ・アレヴァロ・ジュニアが担当。

監督
ウォン・チャン
出演キャスト
チョウ・ユンファ ジョイ・ウォン ニナ・リー ウォン・チン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョイ・ウォン