映画-Movie Walker > 人物を探す > エドモンド・バーンズ

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1936年 まで合計26映画作品)

1925年

紐育恋慕双紙

  • 1925年
  • 出演(Ronald_McKane 役)

アーネスト・パスカル氏作の小説を映画化したもので、イヴ・アンセル女史とレノア・コフィー女史とが脚色し、「沈黙(1926)」「東へ向く三つの顔」と同じくルパート・ジュリアン氏が監督した。主役は「混線花嫁」「勝利者(1925)」等出演のリートリス・ジョーイ嬢が演じ、相手役は「囁く電線」「快傑義涙」等出演のエドモンド・バーンズ氏が勤め「昨日への道」出演のジュリア・フェイ嬢を始め、ロバート・エディソン氏、ヘレン・サリバン嬢、チャールズ・クラリー氏等が助演している。

監督
ルパート・ジュリアン
出演キャスト
リートリス・ジョーイ エドモンド・バーンズ ジュリア・フェイ ヘレン・サリバン

二人の道化師

  • 1925年
  • 出演(Dale_Kennersley 役)

ウィリアム・ジエー・ロック氏作の小説を映画化したもので、フランセス・マリオン女史が脚色し、「ある男の過去」「シーク」等と同じくジョージ・メルフォード氏が監督した。主役は「秘密」「さすらいの人々」等出演のユージーン・オブライエン氏で、「爆笑七日間」「学窓の思い出」等出演のリリアン・リッチ嬢「支那の鸚鵡」「囁く電線」等出演のエドモンド・バーンズ氏が相手役を勤め、ヘンリー・ウオルソール氏、ウィリアム・ブラット氏等が助演している。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ユージーン・オブライエン リリアン・リッチ エドモンド・バーンズ ヘンリー・B・ウォルソール
1924年

仇敵の愛

  • 1924年
  • 出演(Garragan 役)

原作はBerliner Illustration Leitungに連載されて大分好評だったという話。それを原作者自らが映画に脚色し監督製作した。無声。

監督
ルドウィッヒ・ウォルフ
出演キャスト
エドモンド・バーンズ カーメル・マイヤース クルト・フォン・レッスン Owen Gorine

縺れ行く情火

  • 1924年
  • 出演(Jack_Cevlin 役)

オーウェン・デイヴィス氏の原作になる舞台劇を現代化してダグラス・Z・ドーティー氏が脚色し、チャップリン氏の助監督からウォーナー社の監督の昇進したモンタ・ベル氏の第一回作品である。主役は「巴里の女性」で有名になったアドルフ・マンジュウ氏、今メトロ・ゴールドウィンで売り出しのノーマ・シアラー嬢、「ボー・ブラムメル」「楽園の毒草」等出演のカーメル・マイアース嬢「蜂雀」等出演のエドモンド・バーンズ氏等立派な顔ぶれである。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ ノーマ・シアラー アンナ・Q・ニルソン エドモンド・バーンズ

蜂雀

  • 1924年
  • 出演(Randall_Carey 役)

モード・フルトンという女優が書いた舞台劇に基づき、フォレスト・ハルシーが脚色し、「ボーケール」「我が懐かしの紐育」等と同じくシドニー・オルコットが監督した。主役は「舞姫ザザ(1923)」「幸福の扇」等と同じくグロリア・スワンソンで、対手は「舞踏王国」等に出演しているエドモンド・バーンズである。パリの暗黒面を背景とし、スウォンスンはアパッシュの女を演じている。

監督
シドニー・オルコット
出演キャスト
グロリア・スワンソン エドモンド・バーンズ ウィリアム・リシャルディ チェザーレ・グラヴィナ

偉人リンコルン

  • 1924年
  • 出演(John_McNeil 役)

ロケット兄弟が独立製作した映画で、フランセス・マリオン女子が伝記を基として書き下ろした台本により「妖婦馴らし」「父を呼ぶ声」等と同じくフィリップ・E・ローゼン氏がかんとくしたものである。主役リンカーンには無名の素人たるジョージ・エー・ビリングス氏が選ばれ扮し、「悪魔の花園」「恩愛のむち」等出演のルース・クリフォード嬢を始め、ルイズ・ファゼンダ嬢、パット・ファアディガン氏、オティス・ファアラン氏、ネル・クレイグ嬢等が共演している。因みにこの映画はフォトプレイ誌、1924年度最優秀映画として金碑を得たものである。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ジョージ・A・ビリングス ダニー・ホイ ルース・クリフォード ネル・クレイグ
1923年

舞踊王国

  • 1923年
  • 出演(Daimler 役)

「孔雀の路」「舞姫悲し」「女の魅力」等と同じくエドモンド・グールディングの原作になったもので、例によってロバート・Z・レナードの監督、メイ・マレイの主演になったもの、対手は「十誡(1923)」等出演のロッド・ラ・ロックで、例の通りマレイのダンスを見せる華麗な作品である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
メイ・マレイ ロッド・ラロック ハーバート・スタンディング エドモンド・バーンズ

田園の孤児

  • 1923年
  • 出演(Arthur_Grant 役)

「そばかす編集長」と同じくジュリエン・ジョセフソン氏の原作脚色、ウィリアム・ボーディン氏監督になったウェズリー・バリー君主演劇で「火焔の船」のヘレン・ジェローム・エディー嬢「モリー・オー」「フラート」等のジョージ・ニコルズ氏「蜂雀」のエドモンド・バーンズ氏等が共演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
ウェズリー・バリー スペック・オドンネル ブルース・ゲリン ジョージ・ニコルズ

天地砕けよ

  • 1923年
  • 出演(Michael_Carmichael 役)

ジョン・ブラックウッドの原作をレイモンド・L・シュロックが脚色し、クララ・キモボール・ヤングの作品を数多く監督したハリー・ガースンが監督の任に当たったもので、主役には久しぶりのジャック・ウォーレン・ケリガンが扮し「血に燃ゆる空」「生霊の踊」等出演のアンナ・Q・ニルソンが対手役。その他トム・サンチ、エドモンド・バーンズ、ウィンター・ホール等が共演する。猛烈な大海嘯の場面が凄惨な情景を見せる。

監督
ハリー・ガースン
出演キャスト
ジャック・ウォーレン・ケリガン アンナ・Q・ニルソン ウィンター・ホール トム・サンチ

嫉妬の創痕

  • 1923年
  • 出演(Jeff_Newland 役)

アンソニー・M・ラッド氏原作の小説を「善悪の境」等の監督をしたランバート・ヒルヤー氏が脚色し監督した映画で、主役は「山河轟く」「嵐の判決」等出演のロイド・ヒューズ氏「ローナ・ドゥーン」「結婚とは」等出演のフランク・キーナン氏「結婚愛」「大奮闘家」等出演のマーゲリット・ド・ラ・モット嬢、その他「蜂雀」等で近ごろ売出しのエドモンド・バーンズ氏や「ふるさとの家」などの古いブルーバード映画でお馴染みのジェームズ・メイスン氏等が共演している。劇中の山火事の場面やルイ十五世時代の挿話が大仕掛で評判である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ロイド・ヒューズ フランク・キーナン マーゲリット・ド・ラ・モット エドモンド・バーンズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドモンド・バーンズ