映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャッキー・チュン

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2016年 まで合計16映画作品)

2016年

ヘリオス 赤い諜報戦

  • 2016年1月9日(土)公開
  • 出演(シウキョウジュ 役)

「コールド・ウォー 香港警察二つの正義」の監督チームのもと香港や中国、台湾、韓国の人気スターが集結、日本を含め東アジアを股にかけ撮影されたサスペンス・アクション。超小型核爆弾をめぐり怪盗団や各国が熾烈な攻防を繰り広げる。香港からは「孫文の義士団」のジャッキー・チュン、「激戦/ハート・オブ・ファイト」のニック・チョン、「インファナル・アフェア」シリーズのショーン・ユーが、中国本土からは「孫文の義士団」のワン・シュエチーが、台湾からは「黒衣の刺客」のチャン・チェンが、そして韓国からはアイドルグループ『SUPER JUNIOR』のチェ・シウォンやテレビドラマ『トンイ』のチ・ジニが参加している。

監督
リョン・ロクマン サニー・ルク
出演キャスト
ジャッキー・チュン ニック・チョン チャン・チェン ショーン・ユー
2006年

ウィンター・ソング

  • 2006年11月11日(土)公開
  • 出演(聶文/ニエ・ウェン 役)

国際的な活躍の場を持つ俳優、金城武の主演最新作。「ラヴソング」のピーター・チャン監督が手がけた、現在と過去が混在する不思議なラブ・ストーリー。

監督
ピーター・チャン
出演キャスト
金城武 ジョウ・シュン ジャッキー・チュン チ・ジニ
2005年

ベルベット・レイン

  • 2005年10月8日(土)公開
  • 出演(Left-Hand 役)

アンディ・ラウ、エディソン・チャンら豪華俳優陣が白熱の演技バトルを繰り広げる香港ノワール。裏社会の掟に翻ろうされる男たちの刹那的な生きざまをスタイリッシュに描く。

監督
ウォン・ジンポー
出演キャスト
アンディ・ラウ ジャッキー・チュン ショーン・ユー エディソン・チャン
1999年

ヴァーチャル・シャドー 幻影特攻

  • 1999年9月1日(水)公開
  • 製作

仮想現実システムをめぐる若き頭脳チームと国際テロリストの死闘を描くアクション。監督は「レッド・ブロンクス」など本作を製作したジャッキー・チェン(「ラッシュアワー」)作品の撮影監督ジングル・マーで、彼の監督第1作。音楽のピーター・カム、アクション監督のトン・ウェイは「ダウンタウン・シャドー」のスタッフ。出演は「欲望の街」シリーズのイーキン・チェン、「世界の涯てに」のチャン・シウチョンとケリー・チャンほか。

監督
ジングル・マ
出演キャスト
イーキン・チェン ジョーダン・チャン ケリー・チャン テレンス・イン

ドラゴンヒート

  • 1999年8月7日(土)公開
  • 出演

香港から来た男と札幌から来た少女が織り成す新感覚のロードムービー。監督・製作・脚本は香港のマルチアーティストであるエリック・コット(「初恋」)。「初恋」の来日時に出会ったストリート・アーティスト(ブティック店員&ミュージシャン)のTHE MEとふたりのコラボレーションによる作品で、エリックの仲間である多くの俳優やアーティストが顔をみせる。友情出演として香港からはアニタ・ユン、カレン・モク、イーキン・チェン、ジャッキー・チュン、スー・チーといった若手スター、日本からは森山達也(ザ・モッズ)、ホフ・ディランほかが参加した。

監督
エリック・コット
出演キャスト
エリック・コット ザミー アニタ・ユン カレン・モク
1997年

ハイリスク

  • 1997年3月15日(土)公開
  • 出演(Lung Wai 役)

高層ビルを乗っ取ったテロリストに単身立ち向かう元特殊部隊隊員の活躍を描くアクション。「ダイ・ハード」を向こうに回した設定ながら、ビル内部を走り回る自動車、ラストのヘリコプターの破壊場面など、大仕掛けな特撮も見もの。主演は90年代最高のクンフー・スターの地位を得たリー・リンチェイと、「楽園の瑕」のジャッキー・チュンで、ブルース・リーばりのトラック・スーツを着込んで本格的にクンフーに挑んでいるのも話題に。監督・製作・脚本は香港一のヒットメーカー、バリー・ウォン。共演はウォン製作の『新・少林寺伝説』(V)に続いてリーとの共演となるチンミー・ヤウ、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」などベテランのウー・マ、「天使の涙」のチャーリー・ヤン、「恋する惑星」のチャウ・カーリン、『フィスト・オブ・レジェンド』(V)のビリー・チョウなど、多彩な顔ぶれ。

監督
バリー・ウォン
出演キャスト
ジェット・リー ジャッキー・チュン チンミー・ヤウ ウォン・シウ
1996年

楽園の瑕

  • 1996年9月28日(土)公開
  • 出演(洪七 役)

90年代を代表する映画作家、「恋する惑星」「天使の涙」のウォン・カーウァイが、伝説の剣士たちの青春群像を鮮烈な感覚で綴った一編。中国の人気武侠小説家、金庸の代表作『射[周鳥]英雄傳』(邦訳・徳間書店刊)を基に、原作では老人である主人公らの若き日の姿を描くという設定で、カーウァイが脚本を執筆。アソシエイト・プロデューサーは「ソウル」などの監督でもあるシュウ・ケイ。エグゼクティヴ・プロデューサーはカーウァイの盟友で「チャイニーズ・オデッセイ」などの監督でもあるジェフ・ラウ、撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集・衣装のウィリアム・チョン、音楽のフランキー・チャン、ローウェル・A・ガルシアとカーウァイ作品の常連スタッフが集結。他に編集で「風にバラは散った」などの監督でもあるパトリック・タム、カイ・キッウァイ、コン・ジ・ラウ、武術指導に「カンフー・カルト・マスター/魔教教主」のサモ・ハン・キンポーらが参加。出演は「欲望の翼」のレスリー・チャン、マギー・チャン、トニー・レオン、カリーナ・ラウ、ジャッキー・チュンに加え、「恋する惑星」のブリジット・リン、「黒薔薇VS黒薔薇」のレオン・カーフェイ、当時ほとんど演技経験のないまま、降板したジョイ・ウォンに代わって起用された「天使の涙」のチャーリー・ヤンと香港映画界のスターが競演。94年ヴェネチア映画祭金のオゼッラ賞、第14回香港電影金像奨撮影賞・美術賞、第31回台湾金馬賞撮影賞・編集賞受賞。

監督
ウォン・カーウァイ
出演キャスト
レスリー・チャン レオン・カーファイ ブリジット・リン トニー・レオン
1994年

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明

  • 1994年10月11日(火)公開
  • 出演(ソー 役)

中国近代(清朝末期~中華民国初期)に実在した、中国民衆の最大のヒーローにして香港映画史上欠かすことのできないキャラクター、黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の活躍を描く大人気シリーズの第1作。主役のウォン・フェイフォンには「少林寺」などでおなじみの“最強”のクンフー・スター、リー・リンチェイが扮し、以下第3作まで好演をみせている。共演は「エロティック・ヘブン 鴬花楼」のロサムンド・クァン、さらに「七福星」「落陽」のユン・ピョウ、『大英雄』(V)のジャッキー・チョン、「新ポリス・ストーリー」のケント・チェンなど。監督は“香港のスピルバーグ”ことツイ・ハーク。スタッフはいわゆる“ツイハーク組”の一流の者がそろっている。

監督
ツイ・ハーク
出演キャスト
リー・リンチェイ ユン・ピョウ ジャッキー・チュン ロザムンド・クワン
1992年

妖獣都市 香港魔界篇

  • 1992年当年公開
  • 出演(Ken_Kei 役)

菊地秀行の同名伝奇SFの映画化。二〇世紀末の東京と香港を舞台に“闇ガード”と呼ばれる特殊工作員と妖獣たちとの死闘を、SFXを駆使して描く。製作は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のツイ・ハーク。監督は本作が長編七作目となるマック・タイ・キット。脚本はハークとロイ・ゼトー。撮影はアンドリュー・ラウ。SFXは新視覚特技工作室(シネフェックス・ワークショップ)が担当。日本劇場公開版に限り荻野清子が音楽を担当している。

監督
マック・タイ・キット
出演キャスト
ジャッキー・チュン レオン・ライ ミシェル・リー 葉山麗子

欲望の翼

  • 1992年3月28日(土)公開
  • 出演(Yuddy's_Friend 役)

1960年の香港を舞台に6人の若者の青春群像を、オールスター・キャストと独自のスタイリッシュな話法で綴る前衛的大作。脚本・監督は前作「いますぐ抱きしめたい」でデビューしたウォン・カーウァイ、エグゼクティヴ・プロデューサーは70年代香港映画のスター、アラン・タン、撮影は「ソウル」のクリストファー・ドイルが担当。2018年2月3日よりデジタルリマスター版が公開(配給:ハーク)。

監督
ウォン・カーウァイ
出演キャスト
レスリー・チャン カリーナ・ラウ アンディ・ラウ マギー・チャン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャッキー・チュン