映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・アーチェンボード

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1938年 まで合計20映画作品)

1938年

ジャングルの恋

  • 1938年当年公開
  • 監督

「北海の子」「セニョリタ」のドロシー・ムーアと「セニョリタ」「干潮」のレイ・ミランドが主演する総テクニカラー映画である。ストーリーは「新天地」のジェラルド・ジェラティとクルト・シオドマークが書き、「魔人遁走曲」のジョセフ・モンキュア・マーチと「作家と御婦人」のリリー・ヘイワードとエディ・ウェルチが協力脚色し、「宝石と女賊」「金髪騒動」のジョージ・アーチェンボードが監督、「放浪の王者(1930)」「暁の翼」のレイ・レナハンが撮影した。助演者は「北海の子」「女を捜せ」のリン・オヴァアマン、「百万ドル大放送」のドロシー・ハウ、「進め龍騎兵」のJ・キャロル・ナイシュ、「第2の女」のジョナサン・ヘール等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
ドロシー・ラムーア レイ・ミランド リン・オヴァーマン J・キャロル・ナイシュ
1937年

金髪騒動

  • 1937年当年公開
  • 監督

「青春ホテル」「月を消しましょ」の二人組エリノア・ウィットニー、ジョー・ダウンスを始め、「箱入り亭主」「女学生大行進」のリン・オヴァーマン、「山は笑う」のテリー・ウォーカーが主要なる役を勤める映画で、リング・ラードナー、ジョージ・S・カウフマン合作の喜劇「六月の月」に基づいて「武侠少年」のリリー・ヘイワードが監督に当たり、「箱入り亭主」「ローズ・ボール」のヘンリー・シャープが撮影した。助演者は「箱入り亭主」のペニー・ベイカー及びジョン・パターソン、「大森林」のリ・ブレンデル、「死の警告」のウィリアム・デマレスト、バーロウ・ボーランド等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
エリノア・ウィットニー ジョニー・ダウンス リン・オヴァーマン テリー・ウォーカー

箱入り亭主

  • 1937年当年公開
  • 監督

「歌へ陽気に」のレオ・カリーロ、「旅鴉子供連れ」のメアリー・カーライル、「ルムバ」のリン・オヴァマン、「浪費者」のジョージ・バービア、「東への道」のスプリング・バイントン、「お山の大将」のベニー・ベイカー、「平原児」のポーター・ホール、新顔のコレット・ライオンズ及びジョン・パターソンが共演する映画で、「復活(1934)」のプレストン・スタージェスが脚本を書卸し、「麗人遁走曲」のジョージ・アーチェンボードが監督し、ヘンリー・シャープが撮影した。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
レオ・カリーロ メアリー・カーライル リン・オヴァーマン ジョージ・バービア
1936年

宝石と女賊

  • 1936年当年公開
  • 監督

「銀鼠流線型」の後日譚で、同じくフレデリック・アーヴィング・アンダーソン原作で、ガートルード・マイケルが女主人公をつとめるもの。脚色は「再び逢う日」のブライアン・マーロウとパターソン・マクナットが協力し、監督には「名馬物語」「地方検事」のジョージ・アーチェンボードがあたり、「美しき野獣」のジョージ・クレメンスが撮影を担当している。マイケルを助けて「さらば海軍兵学校」のサー・ガイ・スタンディングを始め、「輝ける百合」のレイ・ミランド、「薔薇は何故紅い」のエリザベス・パターソン、コリン・タッブリー、ポール・ハーヴェイ等が出演している。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
ガートルード・マイケル サー・ガイ・スタンディング レイ・ミランド エリザベス・パターソン

麗人遁走曲

  • 1936年当年公開
  • 監督

「一九三七年の大放送」のマーサ・レイ及びシャーリー・ロスが「放送豪華版」のロバート・カミングス、「一九三七年の大放送」のルイ・ダブロンを相手に主演する映画で、デイヴィッド・ガースの原作を「暗黒街全滅」のジョセフ・モンキュア・マーチが脚色し、「名馬物語」のジョージ・アーチェンボードが監督に当たり、「美しき野獣」のジョージ・クレメンスが撮影した。助演は「ルムバ」のモンロー・オーズリー、新顔のヴィルマ・フランシス及びエリザベス・ラッセル、「情無用ッ」のエドワード・プロフィー等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
マーサ・レイ シャーリー・ロス ロバート・カミングス モンロー・オーズリー
1934年

名馬物語

  • 1934年当年公開
  • 監督

「雨」「世界拳闘王」のウォルター・ヒューストンが主役を勤める映画で、レナード・H・ネーソン作の大衆小説にもとずき「スパイK14号」のアルバート・ウィリスと共同して脚色し「地方検事」「スパイK14号」のジョージ・アーチェンボードが監督に当たり、「肉弾鬼中隊(1934)」のハロルド・ウェンストロムが撮影した。助演俳優は「若草物語(1933)」「濡れた拳銃」のフランセス・ディーを始め、「恋の手ほどき(1933)」のミナ・ゴンベル、「ケンネル殺人事件」のフランク・コンロイ、ラルフ・レムレー、G・パット・コリンズ等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン フランセス・ディー ミナ・ゴンベル フランク・コンロイ
1933年

戦場の影に

  • 1933年当年公開
  • 監督

「栄光のハリウッド」「ムーラン・ルージュ」のコンスタンス・ベネットが主演する映画で「地方検事」「火の翼」のジョージ・アーチェンボードが監督したもの。原作は「銀鱗に躍る」の脚色者ジェーン・マーフィンで、作者自らアルバート・シェルビー・ル・ヴィノ及び最近監督者になったウォーシントン・マイナーと共同して脚色している。相手役は「ミス・ダイナマイト」のギルバート・ローランドが勤め「絶対の秘密」のエドワード・エリス、「三角の月」のサム・ゴドフレー、「裸女と蝿」のルシアン・プリヴァル、ジョン・レイ、ミッシャ・オーア等が助演している。撮影は「栄光のハリウッド」「銀鱗に躍る」のチャールズ・ロシャーの担当である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
コンスタンス・ベネット ギルバート・ローランド エドワード・エリス サム・ゴドフレー
1932年

地方検事

  • 1932年当年公開
  • 監督

「アルセーヌ・ルパン」「海の巨人(1930)」のジョン・バリモアが主演する映画で、「坊やはお休み」「人間の横道」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、「市街」「偽りのマドンナ」のウィリアム・ボイド、「人間の横道」「激流を横切る女」のジル・エスモンドが共演している。ルイ・スチーブンスが書き下ろした物語を、「速成成金」の脚色監督者ローランド・ブラウンがジーン・ファウラーと共同で脚色して台詞をつけ「火の翼」「銀鱗に躍る」のジョージ・アーチェンボードが監督し、「火の翼」「心の青空」のレオ・トーヴァーが撮影した。なお頭記のほか「結婚二筋道」のメアリー・ダンカン、「蒼白い瞼」のC・ヘンリー・ゴードン、「聖ジョンソン」のラルフ・インス、「仮面の米国」のオスカー・アッフェル等が出演している。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
ジョン・バリモア ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ ジル・エスモンド ウィリアム・ボイド

火の翼(1932・アメリカ)

  • 1932年当年公開
  • 原作

かつて「鉄腕の男」「陶酔の毒盃」をものしたジョージ・アーチェンボードが監督したもので、ディック・グレイスの原作を「愛の訪れ」「ブルドッグ・ドラモンド」のウォレス・スミスが脚色した。出演者は「戦時特務機関」「満蒙龍騎隊」のリチャード・ディックスを始め、「南海の劫火(1932)」「帰って来た恋人」のジョエル・マクリー、「狼火」「摩天楼の巨人」のメアリー・アスター、「太平洋爆撃隊」「七万人の目撃者」のドロシー・ジョーダン、「スパイ(1930)」「お気に召すまま(1932)」のエリッヒ・フォン・シュトロハイム、「米国撃滅艦隊」「ビッグ・マネー」のロバート・アームストロング等で、ラルフ・インス、ヒュー・ハーバートも出演。キャメラは「南海の劫火(1932)」「満蒙龍騎隊」のエドワード・クロンジェガーの担任である。

出演キャスト
リチャード・ディックス メアリー・アスター エリッヒ・フォン・シュトロハイム ドロシー・ジョーダン
1931年

霧の夜嵐

  • 1931年当年公開
  • 監督

「姫君と武官」「略奪者」「グレイト・ガッポ」のベティー・カンプソンが主演する映画で、ロバート・ミルトンの原作を「十三号室の女」のガイ・ボルトンと「火の翼」のウォーレス・スミスが共同脚色し、「火の翼」のジョージ・アーチェンボードが監督に当たった。キャメラは「心の青空」「ストリート・ガール」のレオ・トーヴァーの担任である。助演者は「全米軍」「地獄の天使(1930)」のジョン・ダーロウを始め「支配する声」「鉄壁の男」のギルバート・エメリー、「お転婆キキ(1931)」「陽気な後家さん」のマーガレット・リヴィングストン、イヴァン・レベデフ、エドガー・ノートン等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
ベティー・カンプソン ギルバート・エメリー ジョン・ダーロウ マーガレット・リヴィングストン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・アーチェンボード