TOP > 人物を探す > ブルース・ゴードン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1978年 まで合計20映画作品)

1978年

ピラニア(1978)

  • 1978年10月14日(土)
  • 出演(Colonel_Waxman 役)

食肉魚であるピラニアが突然北米テキサスの山間部に出現したことから起こる人間とピラニアの戦いを描くサスペンス映画。製作総指揮はロジャー・コーマンとジェフ・シェクトマン、製作は元日活女優の筑波久子がチャコ・バン・リーウェンの名で担当。共同製作はジョン・ディビソン、監督はジョー・ダンテ、脚本はジョン・セイルズ、原案はリチャード・ロビンソンとジョン・セイルズ、撮影はジェイミー・アンダーソン、音楽はピノ・ドナジオ、編集はマーク・ゴールドブラットとジョー・ダンテ、美術はビル・メリン、特殊効果はジョン・バーグが各々担当。出演はブラッドフォード・ディルマン、ヘザー・メンジース、ケビン・マッカーシー、キーナン・ウィン、バーバラ・スチール、ブルース・ゴードン、バリー・ブラウンなど。

監督
ジョー・ダンテ
出演キャスト
ブラッドフォード・ディルマン ヘザー・メンジース ケヴィン・マッカーシー キーナン・ウィン
1960年

四人の恐迫者

  • 1960年11月1日(火)
  • 出演(Arthur_Robbins 役)

ロスアンゼルスが舞台の犯罪映画。アルフレッド・ブレナーとシドニー・ミカエルズの脚本を「どてっ腹に穴をあけろ」のフィル・カールソンが監督した。撮影はハロルド・E・ウェルマン、音楽はチャールズ・ウォルコット・「バファロー大隊」のジェフリー・ハンターのほか、パット・クローリー、デニス・ホッパーらが出演。製作はキャスリン・ヒアフォード

監督
フィル・カールソン
出演キャスト
ジェフリー・ハンター パット・クローリー デニス・ホッパー スーザン・ハリソン

どてっ腹に穴をあけろ

  • 1960年6月28日(火)
  • 出演(Frank_Nitti 役)

禁酒法時代のシカゴを背景にし、アル・カポネに挑戦した禁酒検査官を描くアクション・ドラマ。エリオット・ネスとオスカー・フラリーの原作をポール・モナシュが脚色した。監督はフィル・カールソン。撮影はチャールズ・ストローマー、音楽はウィルバー・ハッチ。出演は「風と共に散る」などのロバート・スタック、バーバラ・ニコルズのほか、キーナン・ウィン、ネビル・ブランドら。製作クイン・マーティン。

監督
フィル・カールソン
出演キャスト
ロバート・スタック キーナン・ウィン バーバラ・ニコルズ パット・クローリー
1959年

大海賊

  • 1959年3月13日(金)
  • 出演(Gramby 役)

「十戒(1957)」のセシル・B・デミルが総指揮したスペクタクル映画。ライル・サクソンの原作をジェニー・マクファースンが改作し、それにもとづいてハロルド・ラム、エドウィン・ジャスタス・メイヤー、C・ガードナー・サリヴァンが脚色したデミルの戦前作の脚本を、新たにジェシー・L・ラスキー・ジュニア、ベレエス・モスクの2人が筆を加えている。監督はアンソニー・クイン。撮影は「底抜け1等兵」のロイヤル・グリグス。音楽エルマー・バーンスタイン。出演するのは「旅」のユル・ブリンナー、「大いなる西部」のチャールストン・ヘストン、シャルル・ボアイエ、クレア・ブルーム、インガー・スティーヴンス、ヘンリー・ハル等。製作ヘンリー・ウィルコクスン。テクニカラー・ビスタビジョン。1958年作品。

監督
アンソニー・クイン
出演キャスト
ユル・ブリンナー チャールトン・ヘストン クレア・ブルーム シャルル・ボワイエ
1937年

カラナグ

  • 1937年
  • 出演(Rham Lahl 役)

ルドヤード・キップリングの『象のトーマイ』を映像化したもの、「アラン」「タブウ」のロバート・フラハティが「コンゴウ部隊」のゾルタン・コルダの協力を得てインドマイソール州にロケーションして監督したもので出演者は全部現地人である。脚色には「男装」の脚色に参与したジョン・コリアが当たり、キャメラは「コンゴウ部隊」のロケーション撮影に任じたオスモンド・ボラデールが随行してクランクした。

監督
ロバート・フラハティ ゾルタン・コルダ
出演キャスト
サブウ Iravatha W. E. Holloway ウォルター・ハッド
1928年

弥次喜多探偵の巻

  • 1928年
  • 出演(Dodo 役)

「弥次喜多女難の巻」に次ぐウォーレス・ビアリー氏、レイモンド・ハットン氏共演の弥次喜多物で、「弥次喜多空中の巻」と同じくフランク・ストレイヤー氏が監督している。グローヴァ・ジョーンズ氏とギルバート・プラット氏とが協同して原作並に脚色を書いた。「凸凹青春の巻」でコンクリン、フィールヅの凸凹組を助演したメアリー・ブライアン嬢とジャック・ルーデン氏、それから「最後の命令」出演のウィリアム・パウエル氏、その他アーサー・ハウスマン氏、ジョセフ・ダブリュー・ジラード氏、ジョージ・アーヴィング氏、ジャック・リチャードソン氏などが出演している。因に今度はハットン氏は一人二役を演ずる。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー レイモンド・ハットン メアリー・ブライアン ウィリアム・パウエル

砂金地獄

  • 1928年
  • 出演(Killer_Higgins 役)

ゼーン・グレイ氏作の西部小説を映画化したもので、J・ウォルター・ルーベン氏が脚色し、「吹けよ春風」「夜の叫び」等のリン・ティン・ティン映画をものしたるハーマン・C・レイメイカー氏がパ社入社第一回作品として監督した。主役は「つばさ」「オール持つ手に」等出演のリヤード・アーレン氏と「飛入拳闘大勝利」「凸凹青春の巻」等のメアリー・ブライアン嬢で、「令嬢馬賊」「凸凹青春の巻」のジャック・ルーデン氏を始め、ブルース・ゴードン氏、ハリー・T・モーレイ氏、アルフレッド・アレン氏等が助演している。

監督
ハーマン・C・レイメイカー
出演キャスト
メアリー・ブライアン リチャード・アーレン ジャック・ルーデン ブルース・ゴードン
1927年

弱虫運動療法

  • 1927年
  • 出演(Jackson 役)

J・C・ニュージェント氏、エリオット・ニュージェント氏合作の喜劇を映画化したもので、ポール・ショーフィールド氏が脚色し「喧嘩友達」「相縁奇縁」と同じくリチャード・ウオーレス氏が監督した。主役は「結ぶ縁恋の釣天井」「想い叶いて」等出演のジャック・マルホール氏が勤め、「与太奮戦記」「喧嘩友達」等出演のチャーリー・マレイ氏を始め「太平洋横断」「ドン・ファン(1926)」等出演のジェーン・ウィントン嬢「南京豆小僧」「頓珍漢武者振るう」等出演のグレン・トライオン氏、ジーン・アーサー嬢、ブルース・ゴードン氏、ヘンリー・ヴィバート氏等が共演している。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ジャック・マルホール チャーリー・マレイ ジーン・アーサー ジェーン・ウィントン
1926年

無名の騎士

  • 1926年
  • 出演(Bob_Webb 役)

「紅顔の侠児」につづくケン・メイナード氏主演西部劇でケネス・パーキンス氏作の物語をマリオン・ジャクソン女史が脚色し「紅顔の侠児」「侠勇トムソン」等と同じくアルバート・S・ロージェル氏が監督したものである。メイナード氏の相手女優は新進のキャスリーン・コリンス嬢が勤め、T・ロイ・バーンズ氏、デイヴィッド・トーレンス氏、ジェームズ・メイソン氏、オティス・ハアラン氏、ブルース・ゴードン氏等が助演している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード キャスリーン・コリンス デイヴィッド・トーレンス T・ロイ・バーンズ

大陸横断列車

  • 1926年
  • 出演(Joe_Slavin 役)

ハンプトン・デル・ルース氏が脚色したものを「悍馬の健児」等初期のフット・ギブスン映画の監督者だったナット・ロス氏が監督したもので、主役は「天晴れの名投手」「メイル・マン」等出演のジョニー・ウォーカー氏で相手役は「山猫ジョルダン」等出演のユーゼニア・ギルバート嬢が演じ、アレック・B・フランシス氏、エディス・ヨーク嬢が助演している。

監督
ナット・ロス
出演キャスト
ジョニー・ウォーカー ユーゼニア・ギルバート アレック・B・フランシス エディス・ヨーク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ブルース・ゴードン

ムービーウォーカー 上へ戻る