映画-Movie Walker > 人物を探す > ハイナー・ラウターバッハ

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2018年 まで合計8映画作品)

2018年

はじめてのおもてなし

  • 2018年1月13日(土)公開
  • 出演(Dr.リヒャルト・ハートマン 役)

難民の青年の受け入れをきっかけに、バラバラだった家族が人生を見つめ直してゆく様を描いたドイツ製コメディ。ミュンヘンに暮らすハートマン家の母アンゲリカはある日、難民の受け入れを宣言し、ナイジェリアから来た青年ディアロに自宅を提供するが……。主演は「戦争のはらわた」を始め、ヨーロッパやハリウッドで長年活躍してきたオーストリア出身のセンタ・バーガー。監督のサイモン・バーホーベンは息子に当たる。

監督
サイモン・バーホーベン
出演キャスト
センタ・バーガー ハイナー・ラウターバッハ フロリアン・ダーヴィト・フィッツ パリーナ・ロジンスキ
2014年

ガーディアン

  • 2014年5月19日(月)公開
  • 出演(トーマス・バッカー 役)

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」主演のティル・シュヴァイガーが監督・製作・脚本・主演を務めたサスペンス・アクション。出演は、ティルの娘で、「耳のないウサギ」のルナ・シュヴァイガ-、「es エス」のモーリッツ・ブライブトロイ。“カリテ・ファンタスティック! シネマコレクション2014”にて上映。

監督
ティル・シュヴァイガー
出演キャスト
ティル・シュヴァイガー ルナ・シュヴァイガー モーリッツ・プライプロイ ハイナー・ラウターバッハ
2007年

ドレスデン、運命の日

  • 2007年4月21日(土)公開
  • 出演(カル・マウト 役)

第2次大戦中、ドイツの古都ドレスデンを襲った空爆の悲劇を映画化。敵同士の男女のラブストーリーを軸に、反戦のメッセージを投げかける戦争ドラマだ。

監督
ローランド・ズゾ・リヒター
出演キャスト
フェリシタス・ヴォル ジョン・ライト ベンヤミン・サドラー ハイナー・ラウターバッハ
2002年

MON-ZEN

  • 2002年10月5日(土)公開
  • 出演(ハイナー 役)

「アム・アイ・ビューティフル?」の女流ドイツ人監督、ドーリス・デリエによる異色コメディ。日本を訪れた中年ドイツ人兄弟の珍道中を、笑いと悲哀をからめてつづる痛快作。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
ウーベ・オクセンクネヒト グスタフ・ペーター・ヴェーラー ペトラ・ツィーザー ウルリケ・クリーナー
1999年

悦楽晩餐会 または誰と寝るかという重要な問題

  • 1999年3月6日(土)公開
  • 出演(Oskar Reiter 役)

高級レストランに集う人々の人間模様をユーモラスなタッチで描いたドラマ。監督は『ジュトンク ヒトラーの贋作者たち』(92年東京国際映画祭で上映、脚本賞受賞)の気鋭ヘルムート・ディートル。脚本はディートルの原案を元に、彼と作家・戯曲家のパトリック・ジュースキントが担当。製作はディートル、ノルベルト・ブロイス。撮影は「夜曲」のゲルノット・ロール。音楽はダリオ・ファリーナ。美術はアルブレヒト・コンラート。編集はイネス・レニエ。衣裳はベルント・シュトッギンガー。出演は『シュトンク』のゲッツ・ゲオルゲ、「ブリキの太鼓」「フランチェスコ」のマリオ・アドルフ、「卍ベルリン・アフェアー」のグートルン・ランドグレーベほか。

監督
ヘルムート・ディートル
出演キャスト
ゲッツ・ゲオルゲ マリオ・アドルフ ハイナー・ラウターバッハ グドルン・ランドグレーベ
1995年

ふたりのロッテ(1993)

  • 1995年3月11日(土)公開
  • 出演(Wolf Palfy the father 役)

両親が離婚して別々に育てられた双子の少女の数奇な物語。49年に発表されて以来、34ヶ国で出版され560万部を越えるベストセラーとなったエリッヒ・ケストナーの児童文学の名作(邦訳・岩波書店刊)の4度目の映画化。原作の魅力を踏まえつつ、舞台を現代に置き換えている。監督・製作・撮影は「秋のミルク」「カティの愛した人」「スターリングラード」のヨゼフ・フィルスマイヤー。脚本はステファン・ラインハルトとクラウス・リヒターの共同。製作はギュンター・ロールバッハ、フィルスマイヤー、エグゼクティヴ・プロデューサーも兼ねるペーター・ツェンクの共同。音楽は前3作でも監督とコンビを組んだノルベルト・ユルゲン・シュナイダー、美術はモニカ・バウアーが担当。主役の双子を演じるのは、540組の中から選ばれたフリッツィ&フロリアーネ・アイヒホーンでその愛くるしさが見もの。共演はドイツ演劇・テレビ界で活躍する実力派女優コリンナ・ハルフォウフ、「メン」のハイナー・ラウターバッハ、「さすらい(1975)」などヴィム・ヴェンダース作品の常連ハンス・ジッヒラーほか。

監督
ヨゼフ・フィルスマイヤー
出演キャスト
フリッツィ・アイヒホーン フロリアーネ・アイヒホーン コリンナ・ハルフォウフ ハイナー・ラウターバッハ
1992年

パラダイス(1986)

  • 1992年2月1日(土)公開
  • 出演(Viktor_Ptyza 役)

倦怠期の妻が夫に幼馴染みの女性を近づけたことから生まれた奇妙な三角関係を、初めは軽くコミカルに、そして次第にシリアスに描く女性監督ドリス・ドリーの「メン」に続く作品。製作はクリス・ジーヴァニッヒ、撮影はヘルゲ・ヴェインドラー、音楽はクラウス・バンツァーが担当。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
ハイナー・ラウターバッハ カタリーナ・タールバッハ ズニー・メレス ハンネ・ヴィーダー
1988年

メン

  • 1988年10月1日(土)公開
  • 出演(Julius 役)

一人の女性をめぐる男同志の奇妙な連帯感を描いたコメディ映画。製作はハラルド・クーガー。監督・脚本は女流監督で本作品が日本公開第一作になるドリス・ドリー。撮影はヘルゲ・ヴェインドラー。音楽はクラウス・バンツァーが担当。出演はハイナー・ラウターバッハ、「U・ボート」のウーべ・オクセンクネヒト、ウルリケ・クリーナーほか。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
ハイナー・ラウターバッハ ウーベ・オクセンクネヒト ウルリケ・クリーナー Janna Margangosoff
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハイナー・ラウターバッハ