映画-Movie Walker > 人物を探す > ドーリス・デリエ

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2019年 まで合計7映画作品)

2019年

命みじかし、恋せよ乙女

樹木希林の遺作となったドイツ発のヒューマンドラマ。人生を見失った男が、日本人女性との出会いを機に、再び人生を取り戻していく姿を描く。主人公に影響を与える日本人女性ユウを舞踏家の入月絢が、樹木はその祖母を演じる。監督は『フクシマ・モナムール』など日本を舞台にした作品を数多く手がけるドーリス・デリエ。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
ゴロ・オイラー 入月絢 ハンネローレ・エルスナー エルマー・ウェッパー
2002年

MON-ZEN

  • 2002年10月5日(土)公開
  • 監督、脚本

「アム・アイ・ビューティフル?」の女流ドイツ人監督、ドーリス・デリエによる異色コメディ。日本を訪れた中年ドイツ人兄弟の珍道中を、笑いと悲哀をからめてつづる痛快作。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
ウーベ・オクセンクネヒト グスタフ・ペーター・ヴェーラー ペトラ・ツィーザー ウルリケ・クリーナー
2000年

アム・アイ・ビューティフル?

  • 2000年9月2日(土)公開
  • 監督、脚本

 悲しい過去を抱えて生きる人びとの出会いを、スペインとミュンヘンを舞台に描く群像劇。「ラン・ローラ・ラン」のF・ポテンテが、人生の迷子になったヒロインに。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
フランカ・ポテンテ シュテフェン・ヴィンク アニカ・ドブラ ゼンタ・ヘルガ
1996年

愛され作戦

  • 1996年9月14日(土)公開
  • 監督、脚本

殺伐とした大都会で心を閉ざし気味の若い女性が、ゲイを指南役に恋を獲得するサクセス・ストーリー。監督・脚本は「メン」「パラダイス」「ミー&ヒム」のドイツの女性監督、ドーリス・デリエ。音楽はニキ・ラウザーがスコアを書き、エディット・ピアフの『Non jeNe Regrette Rien(私は後悔しない)』が主題歌として劇中で効果的に使われている。主演はドイツの映画・演劇界で活躍するマリア・シュラーダー。共演は「マリア・ブラウンの結婚」のエリザベート・トリセナー、ドイツの演劇界で活躍するピエール・サヌーシ=ブリス、ミヒャエル・フォン・アウほか。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
マリア・シュラーダー ピエール・サヌーシブリス ミヒャエル・フォンアウ エリザベート・トリセナー
1992年

パラダイス(1986)

  • 1992年2月1日(土)公開
  • 監督、脚本

倦怠期の妻が夫に幼馴染みの女性を近づけたことから生まれた奇妙な三角関係を、初めは軽くコミカルに、そして次第にシリアスに描く女性監督ドリス・ドリーの「メン」に続く作品。製作はクリス・ジーヴァニッヒ、撮影はヘルゲ・ヴェインドラー、音楽はクラウス・バンツァーが担当。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
ハイナー・ラウターバッハ カタリーナ・タールバッハ ズニー・メレス ハンネ・ヴィーダー
1990年

ミー&ヒム

  • 1990年3月31日(土)公開
  • 監督、脚本

アルベルト・モラヴィアの小説にヒントを得て、自分の“男性自身”から話しかけられるようになってしまった建築家の戸惑いを描いたコメディー。製作はベルント・アイヒンガー、監督・脚本は「メン」の女流監督ドリス・ドリー、共同脚本はウォーレン・D・レイトとマイケル・ジャンカー、撮影はへルゲ・ヴェインドラーが担当。出演はグリフィン・ダン、キャリー・ロウエルほか。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
グリフィン・ダン キャリー・ロウエル グレイグ・T・ネルソン エレン・グリーン
1988年

メン

  • 1988年10月1日(土)公開
  • 監督、脚本

一人の女性をめぐる男同志の奇妙な連帯感を描いたコメディ映画。製作はハラルド・クーガー。監督・脚本は女流監督で本作品が日本公開第一作になるドリス・ドリー。撮影はヘルゲ・ヴェインドラー。音楽はクラウス・バンツァーが担当。出演はハイナー・ラウターバッハ、「U・ボート」のウーべ・オクセンクネヒト、ウルリケ・クリーナーほか。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
ハイナー・ラウターバッハ ウーベ・オクセンクネヒト ウルリケ・クリーナー Janna Margangosoff
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドーリス・デリエ