映画-Movie Walker > 人物を探す > デル・アンドリュース

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1932年 まで合計14映画作品)

1932年

真実の力

  • 1932年公開
  • 脚色

「バッド・ガール」「キートンの恋愛指南番」のサリー・アイラースと「速成成金」「氷上の別荘」のスペンサー・トレイシーが共演する映画。「フービー」「女に賭けるな」の原作者ウィリアム・アンソニー・マクガイアの作になるストーリーに基づき「西部戦線異常なし」のデル・アンドリュースが脚色し、ジョン・コンシダインが監督し、「月世界征服(1931)」「目覚めよ感激」のレイ・ジェーンが撮影した。助演者は「各国の女」のエル・ブレンデル、「餓鬼娘」のアラン・ダインハート、ラルフ・ベラミー、ラルフ・モーガンその他である。

監督
ジョン・W・コンシダイン・ジュニア
出演キャスト
サリー・アイラース スペンサー・トレイシー エル・ブレンデル ディッキー・ムーア
1930年

西部戦線異状なし

  • 1930年公開
  • 脚色

世界的な評判を得つつあるエリッヒ・マリア・レマルク氏の同名小説を映画化したユニヴァーサル社の特作品で「裏切者」「暴力団(1928)」のルイス・マイルストーン氏が監督に当たった。「楽屋行進曲」のジョージ・アボット氏と「暴力団(1928)」のデル・アンドリュー氏が協力して潤色脚色し、台詞はマクスウェル・アンダーソン氏とジョージ・アボット氏が筆をとり、キャメラは「薮睨みの世界」「娘乱暴記」のアーサー・エディソン氏が担任した。主なる出演者は新進のルイス・エイヤース氏を始め、「美人国二人行脚」のルイス・ウォルハイム氏、スリム・サマーヴィル氏、ベン・アレクサンダー氏、ベリル・マーサー夫人、ヨーラ・ダヴリル嬢、アーノルド・ルーシー氏等である。

監督
ルイス・マイルストーン
出演キャスト
ルイス・エイヤース ルイス・ウォルハイム ジョン・レイ レイモンド・グリフィス
1928年

珍サーカス王

  • 1928年公開
  • 監督、脚本

「無鉄砲一番乗」と同じくフート・ギブスン氏が主演し、デル・アンドリュース氏が監督した映画。アンドルー氏自らがセント・エルモ・ボイス氏と協力して書き上げたオリジナル・ストーリーを、イサドア・バーンスタイン氏が映画用にと書き直し、それに基いてジョン・B・クライマー氏が台本を作成した。ギブスン氏の相手役は「大学生活」出演のドロシー・ガリヴァー嬢で、アラン・フォレスト氏、ゲイル・ヘンリー嬢、それからデ・ガロス一座などが、それを助演している。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
フート・ギブスン ドロシー・ガリヴァー アラン・フォレスト Monte Montague

無鉄砲一番乗

  • 1928年公開
  • 監督

「大暴れギブソン」「蛮男ギブソン」等と同じくフート・ギブスン氏主演西部劇で、ピーター・B・カイン氏が書卸した物語をイサドア・バーンスタイン氏が修訂し、アーサー・スタッター氏が脚色し、「蛮男ギブソン」と同じくデル・アンドリュース氏が監督したもの。ギブソン氏の相手役には「ある男の一生」「雨製造者」等出演のジョージア・ヘール嬢が選ばれて勤め、フランク・ハグニー氏、ウィリアム・スラトウス氏、ハリー・トッド氏等が助演する。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
フート・ギブスン ジョージア・ヘール フランク・ハグニー サイモン・シルヴァーバーグ

暴力団(1928)

  • 1928年公開
  • 脚色

トーマス・ミーアン氏がカッド社に入っての第1回主演映画で、バートレット・コーマック氏原作の舞台劇を作者自ら映画的に改作し、「ジョニー髪を切れ」の監督者であり「電光トムソン」の脚色者のデル・アンドリュース氏が脚色し、「野球成金」「美人国二人行脚」「楽園に帰る(1928)」のルイス・マイルストーン氏が監督したもの。助演者は「美人国二人行脚」「アメリカ」のルイス・ウォルハイム氏、「奥様お耳拝借」「裏表7人組」のマリー・プレヴォー嬢、ジョージ・E・ストーン氏、スキーツ・ギャラガー氏、リー・モーラン氏等である。

監督
ルイス・マイルストーン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ルイス・ウォルハイム マリー・プレヴォー Pat Collins
1927年

蛮勇ギブソン

  • 1927年公開
  • 監督

「ギブソン大手柄」「無敵ギブソン」等と同じくフート・ギブソン氏主演セブ劇で、ピーター・B・カイン氏作の短編小説に基づいてアーサー・スタッター氏とメアリー・アリス・スカリー女史とが映画脚色し、デル・アンドリュース氏が監督し、エスリン・クレア嬢、エドワード・ハーン氏等が助演している。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
フート・ギブスン エスリン・クレア エドワード・デイヴィス エドワード・ハーン
1926年

未来派女学生

  • 1926年公開
  • 監督

二巻物時代から喜劇の花形として知られていたアルバータ・ヴォーン嬢主演の映画で、ジーン・デュポン氏の原作による「名馬鉄蹄」「白馬迅風」「猛牛魔境」等と同じくデル・アンドリュース氏が監督したものである。相手役は「肉体の道」「飛脚カンター」等出演のドナルド・キース氏で、「あれ」「殿様専門娘」出演のウィリアム・オースティン氏やジョン・ステップリング氏等も出演している。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
アルバータ・ヴォーン ドナルド・キース ジョン・ステップリング Alys Murrell

電光トムソン

  • 1926年公開
  • 脚色

「ドン・マイク」「アリゾナ・ナイト」と同じくエフ・ビー・オー社発売のフレッド・トムソン氏主演西部劇でフランク・M・クリフトン氏作の物語を「未来派女学生」「珍サーカス王」等の監督者デル・アンドリュース氏が脚色し、「ジョニー髪を切れ」「ギブソンの伊達男」及び「ベン・ハー(1926)」の戦車競走の場面を監督したリーヴス・イースン氏が監督したのも。トムソン氏の相手役は「田園哀慕調」のベス・フラワース嬢が勤め、フランク・ハグニー氏、ビリー・バッツ君、ウィリアム・コートライト氏等が共演し例の白銀王も力演している。

監督
リーヴス・イースン
出演キャスト
フレッド・トムソン ベス・フラワース ビリー・バッツ フランク・ハグニー
1925年

風に乗る騎士

  • 1925年公開
  • 監督

「愛馬の功名」「白馬疾風」「猛牛魔境」等と同時代に製作されたフレッド・トムソン氏主演西部劇で、右記3映画と同じくマリオン・ジャクソン女史原作脚色、デル・アンドリュース氏監督、ロス・フィッシャー氏撮影になるものである。助演者は「赤い髪」「あれ」のジャクリーン・ガズドン嬢、デイヴィッド・ダンバー氏、ルイス・サージェント氏、デイヴィッド・カービー氏及びシルヴァー・キングである。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
フレッド・トムソン ジャクリーン・ガズドン ルイス・サージェント デイヴィッド・ダンバー
1924年

嵐の判決

  • 1924年公開
  • 監督

パルマー映画会社が募集した映画脚本に当選し1000ドルの懸賞金を得たのがこの1編でピッツバーグの職工の妻エセル・スティルス・ミッドルトン夫人というのが原作者である。監督はデル・アンドリュース。主役には「女性を讃えよ」のロイド・ヒューズ、エドガー喜劇でお馴染みのルシル・リクセンが扮している。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
ロイド・ヒューズ ルシル・リクセン マートル・ステッドマン ジョージ・ハッカソーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デル・アンドリュース