映画-Movie Walker > 人物を探す > アーノルド・フォア

年代別 映画作品( 1959年 ~ 2001年 まで合計5映画作品)

2001年

冷静と情熱のあいだ

  • 2001年11月10日(土)公開
  • 出演(老修復士 役)

江國香織&辻仁成によるベストセラー小説を映画化した感動のラブ・ストーリー。10年の歳月が生み出す“運命の愛”を、芸術性香る映像の中にロマンティックにつづる。

監督
中江功
出演キャスト
竹野内豊 ケリー・チャン ユースケ・サンタマリア 篠原涼子
1988年

鏡の向う側

  • 1988年5月21日(土)公開
  • 出演(The Editor 役)

アルベルト・モラヴィアの『関心』が原作の本作品は、禁じられた愛と家族の崩壊、ショッキングな性の苦悩を描いた人間心理ドラマ。製作はフランチェスコ・カサッティ、セルジオ・マルティネリ、監督はジョヴァンニ・ソルダティ、脚本はロドルフォ・ソネゴ、レオーネ・コロッナ、ジョヴァンニ・ソルダティ、撮影はシルヴァーノ・イッポリティ、音楽はピノ・ドナジオが担当。出演は「炎のランナー」のベン・クロス、ステファニア・サンドレッリほか。

監督
ジョヴァンニ・ソルダティ
出演キャスト
ベン・クロス ステファニア・サンドレッリ アマンダ・サンドレッリ アーノルド・フォア
1963年

審判(1963)

  • 1963年公開
  • 出演(The Inspecter 役)

フランツ・カフカの幻視的文学『審判』の映画化。一九六一年、プロデューサー、アレクサンドル・サルキンドを口説いてそのドラマ化に意見の一致を見た「市民ケーン」のオーソン・ウェルズが監督した裁判心理劇。アントワーヌ・チュダルと協力を得てオーソン・ウェルズ自身が脚色、エドモン・リシャールが撮影を、ジャン・ルドリュが音楽を担当した。出演者は、「サイコ」のアンソニー・パーキンス、「エヴァの匂い」のジャンヌ・モロー、「ボッカチオ'70」のロミー・シュナイダー、「ハタリ!」のエルザ・マルティネッリ、他に、オーソン・ウェルズ、マドレーヌ・ロバンソン、シュザンヌ・フロン、フェルナン・ルドウほか。

監督
オーソン・ウェルズ
出演キャスト
アンソニー・パーキンス ジャンヌ・モロー ロミー・シュナイダー オーソン・ウェルズ
1961年

快傑キャピタン

  • 1961年7月18日公開
  • 出演(Concini 役)

十七世紀はじめのフランスを舞台にした冒険歴史活劇。ミシェル・ジヴァコの原作をアンドレ・ユヌベルとジャン・アラン、ピエール・フーコーが共同で脚色、「城塞の決斗」のアンドレ・ユヌベルが監督に当っている。撮影を受けもったのはマルセル・グリニョン。音楽はジャン・マリオン。出演するのは「城塞の決斗」のジャン・マレーとアンドレ・ブールビル、それに「狂った夜」のエルザ・マルティネッリ、アーノルド・フォア、ピエレット・ブリュノ、ジャクリーヌ・ポレルなど。イーストマンカラー・ディアリスコープ。

監督
アンドレ・ユヌベル
出演キャスト
ジャン・マレー アンドレ・ブールビル エルザ・マルティネッリ アーノルド・フォア
1959年

狂乱のボルジア家

  • 1959年9月29日公開
  • 出演(Astorre 役)

イタリア中世史に悪名高い“ボルジア家”を題材にしたお馴染みの活劇。マリオ・カイアーノとアルド・セグリーのオリジナル・シナリオをセルジオ・グリエコが監督、撮影はマッシモ・ダラマーノが担当している。今回の中心人物リュクレスには「今晩おひま?」のベリンダ・リーが扮し、他に「青春群像」のフランコ・ファブリッツィ、「トロイのヘレン」のジャック・セルナス、ミシェル・メルシェ、アーノルド・フォア等。製作カルロ・カヤーノ。イーストマンカラー・トータルスコープ。

監督
セルジオ・グリエコ
出演キャスト
ベリンダ・リー ジャック・セルナス アーノルド・フォア ミシェル・メルシェ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アーノルド・フォア