TOP > 人物を探す > レミー・マルタン

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2010年 まで合計4映画作品)

2010年

すべて彼女のために

  • 2010年2月27日(土)
  • 出演(Capitaine Jousseaume 役)

「ミリオンダラー・ベイビー」のポール・ハギスによるリメイクも進行中のフランス発のサスペンス。殺人容疑で投獄された妻と、彼女を信じ抜く夫。強い絆で結ばれた夫婦の愛の行方を描く。

監督
フレッド・カヴァイエ
出演キャスト
ヴァンサン・ランドン ダイアン・クルーガー ランスロ・ロッシュ オリヴィエ・マルシャル
2004年

なぜ彼女は愛しすぎたのか

  • 2004年9月11日(土)
  • 出演(Franck 役)

仏の女性監督エマニュエル・ベルコが自ら主演も兼ねて撮った長編デビュー作。大人びた美少年とはるか年上の独身女性の破滅的な愛を、生々しいリアリティで描く衝撃作だ。

監督
エマニュエル・ベルコ
出演キャスト
オリヴィエ・ゲリテ エマニュエル・ベルコ ケヴィン・ゴフェット レミー・マルタン
1990年

夏のアルバム

  • 1990年8月16日(木)
  • 出演(Adrien 役)

ドイツの作家E・カザリングの「南斜面」を原作に、第一次世界大戦前夜、崩れつつあるブルジョワ家庭の中で愛に生きる男女の姿を描く文芸ロマン。製作はアリエル・ゼイトゥン、監督は長年クロード・ルルーシュの助監督を務めたダニエル・ヴィーニュ、脚本・台詞はコロ・タヴェルニエ・オヘイガン、撮影はアンドレ・ネオが担当。出演はマルーシュカ・デートメルス、レミー・マルタンほか。

監督
ダニエル・ヴィーニュ
出演キャスト
マルーシュカ・デートメルス レミー・マルタン ジャン・クロード・ブリアリ ティエリー・フォルティノー
1988年

風の中のリセエンヌ

  • 1988年8月6日(土)
  • 出演(Marc 役)

パリの高校生(リセエンヌ)ら6人の若者たちの楽しく切ない青春を描く。製作はベンジャミン・シモン、監督・脚本はミカエル・ショック、撮影はセルジュ・アルドルフ、音楽はロマノ・ムスマラが担当。出演はソフィー・マーラー、レミー・マルタン、ヴァレリー・アランほか。

監督
ミカエル・ショック
出演キャスト
ソフィー・マーラー レミー・マルタン ファブリス・ジョッソ リオネル・メレー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > レミー・マルタン