映画-Movie Walker > 人物を探す > ラース・フォン・トリアー

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2008年 まで合計13映画作品)

2008年

奇跡の海

  • 2008年7月19日(土)公開
  • 監督、脚本

純真な愛に自らの全てを捧げた善良な女の生と死を描いたラヴ・ストーリー。監督・脚本は「ヨーロッパ」「キングダム」のデンマークの映画作家ラース・フォン・トリアー。北海油田に近いスコットランドを舞台に監督した。全編手持ちカメラによる大胆な撮影は、ヴィム・ヴェンダース監督作品で知られる、「デッドマン」のロビー・ミュラー。7つに分けられた各章の冒頭には、プロコル・ハルム、エルトン・ジョン、ディープ・パープル、レナード・コーエン、デイヴィッド・ボウイら、映画の舞台となる70年代のロックが画面を彩る。各章冒頭のタイトルにはペル・キルケビーのデザインによる、現実の風景ショットにデジタル加工を加えた動く風景画のような象徴的なパノラマが挿入されている。主演は本作が映画デビューとなるRSC団員のエミリー・ワトソン、ストックホルム王立劇団メンバーである「存在の耐えられない軽さ」「レッド・オクトーバーを追え!」のステラン・スカルスゲールド。共演は「ネイキッド」「ビフォア・ザ・レイン」のカトリン・カートリッジ、「ヨーロッパ」のジャン・マルク・バール、「キングダム」のウド・キアーほか。96年カンヌ国際映画祭審査員大賞受賞。97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第9位。

監督
ラース・フォン・トリアー
出演キャスト
エミリー・ワトソン ステラン・スカルスゲールド カトリン・カートリッジ ジャン・マルク・バール

それぞれのシネマ「職業」

  • 2008年5月17日(土)公開
  • 監督

『あなたにとって映画館とは』をテーマに、世界の名匠たちが【3分間】で撮ったオムニバスの一遍。カンヌ国際映画祭の60回目の開催を記念し製作された。

監督
ラース・フォン・トリアー
2006年

マンダレイ

  • 2006年3月11日(土)公開
  • 監督、脚本

鬼才、ラース・フォン・トリアー監督が「ドッグヴィル」に続き、米国をテーマに取り組む実験映画。奴隷制度が残る農園を舞台に、新たな使命を得たヒロインの運命を描く。

監督
ラース・フォン・トリアー
出演キャスト
ブライス・ダラス・ハワード ダニー・グローヴァー イザアック・ド・バンコレ ウィレム・デフォー
2005年

ディア・ウェンディ

  • 2005年12月10日(土)公開
  • 脚本

鬼才ラース・フォン・トリアーが脚本を手がけた西部劇調の問題作。米国の保守的な炭鉱町を舞台に、拳銃の魅力にとりつかれた少年少女の皮肉な運命を鮮烈に描く。

監督
トマス・ヴィンダーベア
出演キャスト
ジェイミー・ベル ビル・プルマン マイケル・アンガラノ ダンソ・ゴードン
2004年

ドッグヴィル

  • 2004年2月21日(土)公開
  • 監督、脚本

ニコール・キッドマンが鬼才ラース・フォン・トリアーと組んだ衝撃作。スタジオの床に線を引いたシンプルな空間で撮影を行ない、美しきヒロインの痛ましい運命を描く。

監督
ラース・フォン・トリアー
出演キャスト
ニコール・キッドマン ポール・ベタニー クロエ・セヴィニー ローレン・バコール

メイキング・オブ・ドッグヴィル 告白

  • 2004年2月21日(土)公開
  • 出演(Himself 役)

「ドッグヴィル」の撮影現場の裏側を捕えたドキュメンタリー。ニコール・キッドマンら出演者たちが密室に設置されたカメラの前で、撮影現場での不満などを赤裸々に語る。

監督
サミ・マーティン・サイフ
出演キャスト
ラース・フォン・トリアー ニコール・キッドマン ポール・ベタニー ステラン・スカルスゲールド
2001年

イディオッツ

  • 2001年3月23日(金)公開
  • 監督、脚本、撮影

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の鬼才L・V・トリアー監督の98年作。奇妙で挑発的な活動をするヒッピーのような男女の生態を、手持ちカメラによる簡素な製作手法で描く。

監督
ラース・フォン・トリアー
出演キャスト
ボディル・ヨアンセン イェンス・アルビヌス アンヌ・ルイーセ・ハシング トレルス・リュビュー
2000年

ダンサー・イン・ザ・ダーク

  • 2000年12月23日(土)公開
  • 監督、脚本

 カンヌ映画祭パルムドール大賞を得た愛の物語。人気シンガー、ビョーク扮するシングルマザーのたくましい生きざまを、ライブ感あふれる歌とダンスとともに映し出す。

監督
ラース・フォン・トリアー
出演キャスト
ビョーク カトリーヌ・ドヌーヴ デイヴィッド・モース ピーター・ストーメア
1998年

キングダムII

  • 1998年7月11日(土)公開
  • 監督、原作、脚本

呪われた王国病院を舞台に次々起こる怪事件と陰謀を描く、ラース・フォン・トリアー監督の長編TVシリーズ。95年公開の第1・2章の続編として今回新たに製作された第3・4章を本作にまとめて製作したもの。監督は「奇跡の海」のラース・フォン・トリアーと「マリアの泉」のモーデン・アーンフレスとの共同。脚本はトリアーと「ヨーロッパ」のニルス・ヴァセル。撮影のエーリク・クレス、音楽のヨアキム・ホルベックは前作からのメンバー。出演は「ヨーロッパ」のエルンスト・フーゴ。イエアゴー、「ユナイテッド・トラッシュ」のウド・キアーほか。

監督
ラース・フォン・トリアー モーテン・アーンフレーズ
出演キャスト
エルンスト・フーゴ・イエアゴー キルステン・ロルフェス ギタ・ノービィ Soren Pilmark
1997年

エピデミック

  • 1997年4月26日(土)公開
  • 監督、脚本、編集、出演

映画監督と脚本家、死に至るウィルスの悪夢とヨーロッパに忍び寄るもうひとつのウィルスについて、白昼夢的なタッチで綴った一編。監督・脚本・出演(本人として)は「奇跡の海」のラース・フォン・トリアーで、「エレメント・オブ・クライム」に次ぐ長編の監督作品。脚本はトリアーとニルス・ヴェアセルの共同(本人として出演も)。出演はトリアー、ヴェアセル、「キングダム」「奇跡の海」などトリアー作品の常連でもあるウド・キアーほか。公開を機会にユーロスペースで特別公開されたほか、92年アテネ・フランセ文化センターで行われた<ラース・フォン・トリアー映画祭>でも特別上映。カンヌ映画祭コンペティション部門出品作品。

監督
ラース・フォン・トリアー
出演キャスト
ラース・フォン・トリアー ニルス・ヴェアセル ウド・キアー アラン・デ・ポール

関連ニュース

シャイア・ラブーフがロンドンのパブでまた喧嘩!
シャイア・ラブーフがロンドンのパブでまた喧嘩!(2012年11月13日)

シャイア・ラブーフといえば喧嘩っ早いことで有名だが、今度はロサンゼルスのセレブ御用達のバーやクラブではなく、ロンドン南部の庶民的なパブで客と喧嘩になったという。…

シャイア・ラブーフ、オーディションに自らのセックステープを使う
シャイア・ラブーフ、オーディションに自らのセックステープを使う(2012年9月1日)

ラース・フォン・トリアー監督の『The Nymphomaniac』(全米2013年公開予定)への出演が決まったシャイア・ラブーフが、同監督に自分のセックステープ…

シャイア・ラブーフ、トリアー監督新作で本番セックスに挑む
シャイア・ラブーフ、トリアー監督新作で本番セックスに挑む (2012年8月20日)

ラース・フォン・トリアー監督の『The Nymphomaniac』(全米2013年公開予定)に出演するシャイア・ラブーフが、同作で本番セックスに挑むことを明らか…

『メランコリア』へ加瀬亮、中嶋朋子からコメント届く。「監督の怖いぐらいに正直で繊細な願いのよう」
『メランコリア』へ加瀬亮、中嶋朋子からコメント届く。「監督の怖いぐらいに正直で繊細な願いのよう」(2012年2月16日)

ラース・フォン・トリアー監督、キルスティン・ダンストとシャルロット・ゲンズブールが姉妹役を演じる『メランコリア』(2月17日公開)。本作は終末論を暗示する詩的イ…

ラース・フォン・トリアー監督の新作ポルノにシャルロット・ゲンズブールが出演か
ラース・フォン・トリアー監督の新作ポルノにシャルロット・ゲンズブールが出演か(2011年12月22日)

ヒトラー擁護発言でカンヌ国際映画祭を追放になるなど、今年は何かとお騒がせだったラース・フォン・トリアー監督だが、その新作ポルノ映画にシャルロット・ゲンズブールが…

ラース・フォン・トリアー監督の話題作『メランコリア』のポスタービジュアルを公開
ラース・フォン・トリアー監督の話題作『メランコリア』のポスタービジュアルを公開(2011年12月21日)

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞したラース・フォン・トリアー監督によるSFスリラー『メランコリア』(2012年2月…

ラース・フォン・トリアー監督のナチス発言が警察沙汰に「二度と公の場に出ない」
ラース・フォン・トリアー監督のナチス発言が警察沙汰に「二度と公の場に出ない」(2011年10月7日)

5月のカンヌ国際映画祭に出品された『メランコリア』(全米11月4日公開、日本2012年2月公開)の記者会見で、ヒトラーを支持するかのような発言をして物議を醸し、…

キルスティン・ダンスト、フルヌードで挑んだ『メランコリア』で脱皮! 出演作をけなされるのは大歓迎!?
キルスティン・ダンスト、フルヌードで挑んだ『メランコリア』で脱皮! 出演作をけなされるのは大歓迎!?(2011年9月27日)

今年のカンヌ国際映画祭でコンベンション部門で公開されたラース・フォン・トリアー監督・脚本作『メランコリア』(11月4日全米公開)は、ラース監督らしく今回もさまざ…

キルスティン・ダンスト「悪い男に泣かされてきた」過去を激白
キルスティン・ダンスト「悪い男に泣かされてきた」過去を激白(2011年8月7日)

ラース・フォン・トリアー監督の『メランコリア』(2011年日本公開予定)で今年のカンヌ国際映画祭女優賞を受賞し、本格的なキャリア再生の年とメディアに騒がれている…

【カンヌ国際映画祭】総評・親と子の関係を描いた作品が多かったのは偶然の一致か?
【カンヌ国際映画祭】総評・親と子の関係を描いた作品が多かったのは偶然の一致か?(2011年5月31日)

意外な結果はいつものことだが、今年のそれは後味がよろしくない。トリアー監督の舌禍事件がなかったら、結果がだいぶ違っていたのではないかとどうしても考えてしまう。 …

【カンヌ国際映画祭】コンペティション部門、後半に登場した作品の印象は?
【カンヌ国際映画祭】コンペティション部門、後半に登場した作品の印象は?(2011年5月23日)

20本のコンペ作品を見終わって、これは残るだろうという作品が見えてきた。 後半には有名監督たちの作品が並び、手堅い評価をされているが、ブラボーの拍手とブーイング…

キルスティン・ダンスト、カンヌで騒いでブランジェリーナから苦情
キルスティン・ダンスト、カンヌで騒いでブランジェリーナから苦情(2011年5月22日)

ワイルドなライフスタイルで知られているキルスティン・ダンストが、カンヌの一流ホテルでも一晩中大騒ぎして、同じホテルに宿泊していたアンジェリーナ・ジョリーとブラッ…

シャルロット・ゲンズブールが妖艶な裸体を披露する衝撃作が遂に公開
シャルロット・ゲンズブールが妖艶な裸体を披露する衝撃作が遂に公開(2011年2月20日)

14歳の時に出演した『なまいきシャルロット』(85)での演技が絶賛され、世界中から注目されるようになったシャルロット・ゲンズブール。名女優ジェーン・パーキンと天…

衝撃シーンを動画で先行公開!愛し合う夫婦にのびる無数の腕の謎とは
衝撃シーンを動画で先行公開!愛し合う夫婦にのびる無数の腕の謎とは(2011年1月31日)

セックスに夢中な最中、最愛の息子を事故で失ってしまった夫婦。深い悲しみと自責の念から神経を病んでいく妻を癒すため、セラピストの夫は彼女を森へ連れ出し、山小屋でセ…

もはやホラー? 観ていてイタイ過激な性描写の問題作とは
もはやホラー? 観ていてイタイ過激な性描写の問題作とは(2009年10月6日)

カンヌ国際映画祭で気絶者も出した、ラース・フォン・トリアー監督の衝撃作『アンチキリスト(原題)』が第47回ニューヨーク映画祭で公開され、飛行機嫌いで知られる監督…

“見るとセックスできなくなるホラー映画”遂にUK公開
“見るとセックスできなくなるホラー映画”遂にUK公開(2009年8月2日)

“『時計じかけのオレンジ』(71)以来、これほど物議をかもした映画はなかった”という宣伝コピーで、『アンチキリスト(原題)』(ラース・フォン・トリアー監督)が英…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラース・フォン・トリアー