映画-Movie Walker > 人物を探す > ハワード・ブレザートン

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1957年 まで合計16映画作品)

1957年

国境の裏切者

  • 1957年12月13日公開
  • 監督

銀行強盗の一味に弟を殺された男の復讐を描く西部劇。短縮版。オリジナルは56分。脚本はアンディ・ラムが執筆。製作はオリヴァー・ドレイク、監督はハワード・ブレザートン、撮影はモーリー・ガーツマン、編集はエド・カーティスが担当。出演はロッド・キャメロン、エディ・デュー、ファジー・ナイト、ジェニファー・ホルトなど。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
ロッド・キャメロン エディ・デュー ファジー・ナイト ジェニ
1955年

ミシガンの旋風

  • 1955年7月15日公開
  • 監督

カナダ北西騎馬警官隊とウイスキー密輸団の闘いを描く活劇。ジェームズ・オリヴァー・カーウッドとレズリー・シュウォバチャーの原作の映画化で、脚本はエリザベス・バーブリッジが執筆。製作はカール・K・ヒルトマン、監督はハワード・ブレザートン、撮影はベンジャミン・クライン、音楽はアルバート・グラッサー、編集はポール・ランダーズが担当。出演はラッセル・ヘイドン、ジェニファー・ホルト、リフトラム・コフィンなど。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
ラッセル・ヘイドン ジェニ リフトラム・コフィン
1936年

嵐の戦捷旗

  • 1936年公開
  • 監督

「麗しのパリ」「水兵万歳」のルー・エイヤースと「歓楽の女王」「悪夢」のイザベル・ジュウェルが主役を勤める映画で、ウェリン・トットマンとジェイムス・グルーエンが書き下ろし、「弾丸か投票か」のシートン・I・ミラーが脚色、「疾風無敵男」「僕は軍人」のハワード・ブレザートンが監督に当たり、「恐怖の夜」のアーネスト・ミラーが撮影した。助演者は「疾風無敵男」のジミー・エリソン、「ロビンフッドの復讐」のJ・キャロル・ナイシュ、「野生の叫び」のジェイムス・バークを始め、クレイ・クレメント、メイナード・ホームズ、ジョセフ・ソーヤー等。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
ルー・エイヤース イザベル・ジュウェル ジミー・エリソン ジェームズ・バーク

密林の魔獣

  • 1936年公開
  • 監督

「放送ビルディング」のコンラッド・ネーゲルと新人ケイ・リネカーが主演する映画で、レジノルド・キャンベルの小説をウェリン・トットマンとエンダー・ボームが協力脚色し、「広野の叫び」のハワード・ブレザートンが監督したもの。助演は「奇傑パンチョ」のドナルド・クック、「ハリウッド大通り」のエスター・ロールトン等である。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル ケイ・リネカー ドナルド・クック エスター・ロールストン
1935年

西部の旋風

  • 1935年公開
  • 監督

「疾風無敵男」と同じくクラレンス・E・マルフィールドのカシディー物の映画化で、同じくウィリアム・ボイド、ジミー・エリソン主演、ハワード・ブレザートン監督、アーチー・スタウト撮影、ドリル・シュローダー脚色(ジェラルド・ジェラティと協力)になるもの。助演者は、ジーン・ルーヴェロル、ジョージ・ギャビー・ヘイス、ハリー・ワース、フランク・マクグリン、ハワード・ラング等。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ジミー・エリソン ジーン・ルーヴェロル ジョージ・ギャビー・ヘイス

僕は軍人

  • 1935年公開
  • 監督

「宝島(1934)」「クーパーの餓鬼大将」のジャッキー・クーパーが主演する映画で、ジョン・ファント、フランク・フェントン、サミュエル・G・ブラウン合作の原作を「二千万人の恋人」のハリー・ソーバーが脚色し、「灼熱のタイヤ」のD・ロス・レダーマンと「殺人鬼と光線」のハワード・ブレザートンが協力して監督に当たり、「これがアメリカ艦隊」のアーサー・エディソンが撮影した。助演者は「第七号国際列車」「殺人鬼と光線」のメエリー・アスターを始め、「罪じゃないわよ」のロジャー・プライア、少女俳優ベティー・ジーン・ヘイニー、「ロマンスの街」のジミー・バトラー、「兄貴は世界一」のジョージ・アーネスト、ヘンリー・アーメッタ、ヘンリー・オニール等。

監督
D・ロス・レダーマン ハワード・ブレザートン
出演キャスト
ジャッキー・クーパー メアリー・アスター ロジャー・プライア ヘンリー・アーメッタ
1934年

殺人鬼と光線

  • 1934年公開
  • 監督

エドガー・ウォーレス作の探偵小説の映画化で、ユージーン・ソロウとピーター・ミルンが共同脚色し、「女囚の意気地」のハワード・ブレザートンが監督に当り、「相寄る魂」のアーサー・タッドが撮影している。主演者は「世界は還る」「ケンネル殺人事件」のメアリー・アスター、「ドクターX」「南風の恋歌」のライル・タルボット、「猫眼石怪事件」「五十六番街の家」のジョン・ハリデイ及びフランク・マクヒューで、ロバート・バラット、アーヴィング・ピチェル、ジョージ・E・ストーン等が助演している。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
メアリー・アスター ライル・タルボット ジョン・ハリデイ フランク・マクヒュー
1933年

女囚の生活

  • 1933年公開
  • 監督

「母」「たそがれの女」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、ドロシー・マッケイとカールトン・マイルス合作の舞台劇に基づいて「仮面の米国」のブラウン・ホームズがウィリアム・マクグラスおよびシドニー・サザーランドと共同して脚色し、「五里霧中」「逃走の島」のハワード・ブレザートンがウィリアム・ケイリーと共同して監督に当たった。カメラは「女性に捧ぐ」「十三号室の女」のジョン・サイツの担任である。助演者は「海底マラソン」「ドクターX」のブレストン・S・フォスター、「春なき二万年」のライル・タルボット「ラスカ」「タクシー」のドロシー・バージェス、「放浪の王者(1930)」「凸凹海軍」のリリアン・ロス、デウィット・ジェニングスス等である。

監督
ハワード・ブレザートン ウィリアム・ケイリー
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック プレストン・S・フォスター ライル・タルボット ドロシー・バージェス

餓ゆるアメリカ

  • 1933年公開
  • 編集

「つばめの天使」と同じくウィリアム・A・ウェルマンが監督したリチャード・バーセルメス主演映画で、「拳闘のキャグネー」の共同脚色者ロバート・ロードとウィルソン・ミヅナーが共同して書き下ろしたものである。撮影は「生の創め」「タキシー」のジェームズ・ヴァン・ツリースが受け持った。「生の創め」のアリーン・マクマホン及びローレッタ・ヤングを筆頭に「恋愛百科全集」のゴードン・ウェストコット、ロバート・バラット、ナャールス・グレイプウィンなどが助演者の主なるものである。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ゴードン・ウェストコット ロバート・バラット バートン・チャーチル
1930年

逃走の島

  • 1930年公開
  • 監督

「殺人街」「踊り子をめぐりて」と同じくモント・ブルー氏とベティー・カンプソン嬢の共演映画で、原作はG・C・ディクソン氏の脚色によって舞台にも上演されたことのあるジャック・マクラレン氏の小説、それを「沙漠颪(1926)」「ローズマリー(1928)」のルシエン・ハバード氏と「クラック将軍」「支那の鸚鵡」のJ・グラブ・アレキサンダー氏が協力して映画劇に改作し「某重大事件」「五里霧中」のハワード・ブレザートン氏が監督したもの、主演者を助けて「スコール」「ノアの箱船」のマーナ・ローイ嬢、「四枚の羽根」「破戒」のノア・ビアリー氏、アイヴァン・シンプソン氏、「黒い太陽」のニナ・クォタロー嬢、「海のロマンス」のデューク・カハナモク氏等が出演、キャメラは「夢の港」「赤い唇」のジョン・ステューマー氏の担当である。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
モント・ブルー マーナ・ローイ ベティー・カンプソン ノア・ビアリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハワード・ブレザートン