映画-Movie Walker > 人物を探す > ラウラ・モランテ

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2016年 まで合計12映画作品)

2016年

神様の思し召し

  • 2016年8月27日(土)公開
  • 出演

第28回東京国際映画祭で観客賞を受賞したイタリア発のコメディ。優秀だが傲慢な外科医トンマーゾは、長男が神父になりたいと言い出したことから、調査を開始。その理由が、派手なパフォーマンスで人気のピエトロ神父にあると睨み、教会に潜入するが……。出演は「赤いアモーレ」のマルコ・ジャリーニ、「恋するローマ、元カレ・元カノ」のアレッサンドロ・ガスマン。

監督
エドアルド・ファルコーネ
出演キャスト
マルコ・ジャッリーニ アレッサンドロ・ガスマン ラウラ・モランテ イラリア・スパーダ
2010年

モリエール 恋こそ喜劇

  • 2010年3月6日(土)公開
  • 出演(エルミール・ジュルダン 役)

17世紀のフランスで多くの喜劇作品を残した劇作家・モリエール。売れない俳優だった彼が喜劇王と呼ばれるようになっていくその半生を涙とユーモアたっぷりにつづる伝記ドラマ。

監督
ロラン・ティラール
出演キャスト
ロマン・デュリス ファブリス・ルキーニ リュディビーヌ・サニエ ラウラ・モランテ
2008年

モンテーニュ通りのカフェ

  • 2008年4月26日(土)公開
  • 出演(ヴァレンティーヌ 役)

パリ、モンテーニュ通りにあるカフェ。そこに集まる人々が織り成す数々のドラマを軽妙かつ温かに紡ぎだし、人生や愛のすばらしさを問いかける群像ドラマ。

監督
ダニエル・トンプソン
出演キャスト
セシル・ド・フランス ヴァレリー・ルメルシェ アルベール・デュポンテル クロード・ブラッスール
2005年

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ

  • 2005年12月10日(土)公開
  • 出演(Mathilde Wilcrau 役)

「クリムゾン・リバー」の原作者によるミステリー小説をジャン・レノ主演で映画化。パリのトルコ人街で起きた猟奇殺人事件に挑む、悪名高き敏腕刑事の奔走を描く。

監督
クリス・ナオン
出演キャスト
ジャン・レノ アーリー・ジョヴァー ジョスラン・キヴラン ラウラ・モランテ

マザー・テレサ

  • 2005年8月13日(土)公開
  • 出演(マザー・ドゥ・スナークル 役)

インドを舞台に、人々に無償の愛を注いだマザー・テレサの波乱の生涯を描く伝記ドラマ。「ロミオとジュリエット」の名女優オリビア・ハッセーが、マザーを力強く熱演。

監督
ファブリツィオ・コスタ
出演キャスト
オリヴィア・ハッセー セバスティアーノ・ソマ ラウラ・モランテ ミハエル・メンドル
2002年

息子の部屋

  • 2002年1月19日(土)公開
  • 出演(Paola 役)

2001年カンヌ映画祭パルムドール(最高賞)に輝く感動の人間ドラマ。悲しみのどん底から再生へ向かう家族の姿を、静かな日常生活の中に鮮烈に描き出す珠玉作だ。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
ナンニ・モレッティ ラウラ・モランテ ジャスミン・トリンカ ジュゼッペ・サンフェリーチェ
1992年

裏切りの情事

  • 1992年12月12日(土)公開
  • 出演(Claudia 役)

女性刑務所から出所した女と、彼女の愛人の暗黒街の大物と、彼の店で働く若いDJとの三角関係を描くサスペンス・ドラマ。監督・脚本・原案は、ポルトガルの新鋭監督ホアキム・レイタオ。製作はミシェル・ディミトリー、アルフレッド・ウルマー、ロッシ・ブール。共同脚本はステュアート・クーパー、撮影はダニエル・デル・ネグロ、音楽はアントニオ・エミリアーノが担当。

監督
ホアキム・レイタオ
出演キャスト
ラウラ・モランテ シモン・ド・ラ・ブロス ピーター・サットマン Jean Yves Gautier
1991年

厚化粧の女

  • 1991年7月20日(土)公開
  • 出演(クラリス 役)

エーゲ海を航行する豪華客船内に見るブルジョアジーたちの人間模様を描いた純愛映画。「悲しみよこんにちは」以来、日本でもベストセラー作家として知られているフランソワーズ・サガンが81年に発表した原作を元に、さまざまな人間ドラマが同時進行される。ふたりのヒロインには、フランスの大女優ジャンヌ・モローと、「幻の女」「僕のビアンカ」のラウラ・モランテがふんし、相手役には「予告された殺人の記録」のアントニー・ドロンと、アンドレ・デュソリエが共演する。監督は「アラン・ドロン 私刑警察」のジョゼ・ピネイロ、音楽はオリジナル・モダン・ジャズとアリアを小気味よくアレンジしたジャン・マリー・セニア。

監督
ジョゼ・ピネイロ
出演キャスト
ジャンヌ・モロー ラウラ・モランテ アントニー・ドロン アンドレ・デュソリエ
1990年

監督ミケーレの黄金の夢

  • 1990年2月8日(木)公開
  • 出演(Silvia 役)

映画製作にとりかかろうとしている監督の苦悩を描くコメディ。製作はレンツォ・ロッセリーニ、監督・脚本・主演は「僕のビアンカ」のナンニ・モレッティ、撮影はフランコ・ディ・ジャコモ、音楽はフランコ・ピエルサンティが担当。出演はほかにラウラ・モランテなど。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
ナンニ・モレッティ ラウラ・モランテ ピエラ・デッリ・エスポスティ アレッサンドロ・アベル

僕のビアンカ

  • 1990年1月25日(木)公開
  • 出演(Bianca 役)

周囲の環境に馴染めない潔癖症の男の破滅をアイロニカルに描くコメディ。製作はアキーレ・マンゾッティ、監督・脚本・主演は「ジュリオの当惑」のナンニ・モレッティ、共同脚本はサンドロ・ペトラリア、撮影はルチアーノ・トヴォリ、音楽はフランコ・バッティアートが担当。出演はほかにラウラ・モランテなど。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
ナンニ・モレッティ ラウラ・モランテ ダリオ・カンタレッリ Luigi Moretti
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラウラ・モランテ