映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・バーガー

年代別 映画作品( 1968年 ~ 1989年 まで合計6映画作品)

1989年

呪いの迷宮 ラビリンス・イン・ザ・ダーク

  • 1989年4月22日(土)公開
  • 出演(ロート 役)

悪魔的宗教に魅入られた人々の恐怖を描くホラー映画。

監督
ジャンフランコ・ジアーニ
出演キャスト
ローランド・ウィベンガ パオラ・リナルディ ウィリアム・バーガー
1987年

トリエステから来た女

  • 1987年11月21日(土)公開
  • 出演

中年の漫画家と海で溺れかけていた女の愛を描く。製作はアキーレ・マンゾッティ、エグゼクティヴ・プロデューサーはルチアーノ・ルナ、監督はこの映画の原作者でもある作家のパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ、脚本はオッタヴィオ・ジェンマ、撮影はアルフィオ・コンティーニ、音楽はリズ・オルトラーニ、編集はアメデオ・サルファが担当。出演はベン・ギャザラ、オルネラ・ムーティほか。

監督
パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
出演キャスト
ベン・ギャザラ オルネラ・ムーティ ミムジー・ファーマー アンドレア・フェレオル
1970年

西部悪人伝

  • 1970年12月19日(土)公開
  • 出演(Banjo 役)

“西部のジェームズ・ボンド”とも言うべきガン・マン、サバタのガン・ファイト。製作は「サテリコン」のアルベルト・グリマルディ、監督は「ヘラクレスの怒り」のフランク・クレイマー(本名ジャンフネンコ・パロリーニ)、脚本はフランク・クレイマーとレナート・イッツォの共作。撮影はサンドロ・マンコーリ、音楽はマルチェロ・ジョンビーニがそれぞれ担当。出演は「地獄の戦場コマンドス」のリー・ヴァン・クリーフ、「豹/ジャガー」のフランコ・レッセル、ほかにウィリアム・バーガー、リンダ・ベラス、ペドロ・サンチェス、ジャンニ・リッツォ、アントニオ・グランドリ、ニック・ジョーダンなど。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
フランク・クレイマー
出演キャスト
リー・ヴァン・クリーフ ウィリアム・バーガー フランコ・レッセル リンダ・ベラス
1968年

夕陽の墓場

  • 1968年当年公開
  • 出演(Jack 役)

シルバー・ベムのオリジナル・シナリオをマリオ・マフィーが監督したイタリア西部劇。撮影はカルロ・ベレロとマノロ・メリノ、音楽は「ブーベの恋人」のカルロ・ルスティケリがあたっている。出演は、ウィリアム・バーガー、「二匹の流れ星」のアドリアーナ・アンベシー、「続荒野の用心棒」のエドゥアルド・ファヤルド、ウォルター・マストシー、グイド・ダ・サルビなど。

監督
マリオ・マフィー
出演キャスト
ウィリアム・バーガー アドリアーナ・アンベシー エドゥアルド・ファヤルド ウォルター・マストシー

野獣暁に死す

  • 1968年11月23日(土)公開
  • 出演(Frances Colt Moran 役)

ダリオ・アルジェントの原作を、彼と「ボッカチオ'70」「赤い砂漠」などを製作したトニーノ・チェルヴィが脚色、トニーノ・チェルヴィの監督第一作。撮影は新人セルジオ・ドフィツィ、音楽は「連鎖の大陸 《苦いパン》」のフランチェスコ・ラヴァニーノが担当。出演は、「機動部隊轟沈せよ」のプレット・ハルゼイがモンゴメリー・フォードと改名して出演、他に、仲代達矢、ウィリアム・バーガーなど。

監督
トニーノ・チェルヴィ
出演キャスト
モンゴメリー・フォード 仲代達矢 ウィリアム・バーガー

血斗のジャンゴ

  • 1968年11月12日(火)公開
  • 出演(Siringo 役)

「必殺の歓び」のセルジオ・ソリーマが監督したイタリア製西部劇で、脚本は、やはり同作品でコンビを組んだ、セルジオ・ドナーティとソリーマ自身との共同執筆である。撮影はラファエル・パケコ、音楽は名匠エンニオ・モリコーネが担当した。出演は「悪い奴ほど手が白い」のジャン・マリア・ヴォロンテ、「情無用のジャンゴ」のトマス・ミリアン、「夕陽の墓場」のウィリアム・バーガー、「必殺の歓び」のジャンニ・リッツォ、新進のグラマー女優リディア・アルフォンシなど。製作は、「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」のアルベルト・グリマルディ。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
セルジオ・ソリーマ
出演キャスト
トマス・ミリアン ジャン・マリア・ヴォロンテ ウィリアム・バーガー ヨランダ・モディオ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・バーガー