映画-Movie Walker > 人物を探す > シェルドン・ルイス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1933年 まで合計14映画作品)

1924年

性の敵(1924)

  • 1924年当年公開
  • 出演(Albert_E.Sassoon 役)

オウエン・ジョンスン氏原著の小説「火に耐える人」“The Salamander”を、ウォルター・ウッズ氏とハーヴェイ・シウ氏が脚色し、「女性礼讃」「男子改造」「懦夫奮起せば」に続くジェームズ・クルーズ氏の監督作品である。クルーズ氏はこの映画を完成してからベティー・カムプスン嬢と結婚した。カムプスン嬢の対手は「冬来りなば」「消え行く灯」等出演のパーシー・マーモント氏、「パリの暗影」「幸福の扇」等出演のハントリー・ゴードン氏、「鉄の爪」「ニューヨークの寵児」等出演のシェルドン・ルイス氏等である。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ベティー・カンプソン パーシー・マーモント シェルドン・ルイス ハントリー・ゴードン
1923年

紐育の寵児

  • 1923年当年公開
  • 出演(Giovanni 役)

センチュリー喜劇の人気者であった、ベイビー・ペギー・モンゴメリーがジウエルのスターに昇格した第1回作品で、キング・バゴットとレイモンド・シュロックの共作になり、シュロックが脚色を、バゴットが監督をした。ペギーを助けて出演する人々には、フォックスのスターであったグラディス・ブロックウェル、「鉄の爪」「拳骨」「嵐の孤児」等で有名なシェルドン・ルイス、「スザンナ」等出演のカール・ストックデール等というオールド・タイマーがある。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー Junior Coughlan ドロシー・ハーゲン Estelle Goulder

嵐の孤児(1921)

  • 1923年6月1日(金)公開
  • 出演(Jacques_Frochard 役)

仏国の劇作家ダンネリの舞台劇「2人の孤児」を基として、これにチャールス・ディッケンスの『二都物語』やカーライルの「仏国革命史」などを参考としてD・W・グリフィス氏一流の雄大な物語が展開される。「世界の心」「イントレランス」「国民の創生」など氏の大作品があるが、どれもこの作品におよばぬこと遠きものであるといわれている。18世紀の末、暴虐なる貴族と王朝とを倒し、流血慘雨の革命を経て、遂に打ち樹てられた自由の天地、いわゆるフランス革命の恐怖時代を背景とした大絵巻きである。この渦中にまき込まれた薄命の孤児2人の生涯こそ、この上なく劇的なもので無ければ成らない。観るものの同情を集めるこの孤児の役は、リリアンおよびドロシーのギッシュ姉妹が演じている。革命党の首領ダントンにはモント・ブルーが扮し、そのほか腕達者の元に一絲乱れず立派な演技を示す。劇の最後にダントンがギロチン台上に昇った乙女を救わんと鉄蹄砂を蹴って従者とともに驀進する辺りの緊張味は、クライマックスとして稀に見る力強いものである。

監督
D・W・グリフィス
出演キャスト
リリアン・ギッシュ ドロシー・ギッシュ ジョゼフ・シルドクラウト キャサリン・エメット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > シェルドン・ルイス