映画-Movie Walker > 人物を探す > シェルドン・ルイス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1933年 まで合計14映画作品)

1933年

鉄腕名騎士

  • 1933年当年公開
  • 出演(Lawyer 役)

「荒野の叫び」「闘技場の王者」と同じくアラン・ジェームズ監督、テッド・マッコード撮影になるケン・メイナード主演映画で、脚本はロバート・クィグリーが書き下ろした。相手役は「荒野の叫び」「西部無敵王」のセシリオ・パーカーが演じている。

監督
アラン・ジェームズ
出演キャスト
ケン・メイナード セシリア・パーカー フーパー・アッチリー ウォルター・ミラー
1929年

黒旋風

  • 1929年当年公開
  • 出演(Witch-doctor 役)

「ブラッド・シップ」「最後の戦線」をものしたジョージ・ビー・サイツ氏の監督作品で、ウォルター・アーチャー・フロスト氏とポール・ディッキー氏との合作舞台劇に基き、「トレント大事件」「娘乱暴記」のピューラー・マリー・ディックス女史が脚本したもの。出演俳優は、「哀調の小道」「想天舞曲」のジョセフィン・ダン嬢、「彼女は戦いに行く」のジョン・ホランド氏、「疑惑晴れて」「大河の奇賊」のアール・フォックス氏、「紐育萬華鏡」「言論の自由」のヘンリー・ビー・ウォルソール氏、本映画によって初御目見えの新進女優ドロシー・ジョーダン嬢等で、その他シェルドン・ルイス氏、フリッツ・フェルト氏が助演している。キャメラは「寝巻」「踵の魅惑」のグレン・マックウィリアムス氏が担任している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ジョセフィン・ダン アール・フォックス ジョン・ホランド ヘンリー・B・ウォルソール

猛虎ターザン

  • 1929年当年公開
  • 出演(Achmed_Zec 役)

エドガー・ライス・バロウズ作のターザン章の1つを映画化したもので、サイレント末期に製作されたサウンド版である。脚色はアイアン・マクロスキー・ヒースで、監督には連続映画に経験深いヘンリー・マックレイが当たり、出演者はフランク・メリル、ナタリー・キングストン、アル・ファーガソン、シェルドン・ルイス、クライヴ・モーガン等である。

監督
ヘンリー・マックレイ
出演キャスト
フランク・メリル ナタリー・キングストン アル・ファーガソン シェルドン・ルイス
1928年

鋼鉄軍曹

  • 1928年当年公開
  • 出演(Marchand 役)

アンカー映画社発売のクレセント映画で「地獄極楽」「燃ゆる復讐」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので、「野球成金」「金髪の歌」のライラ・リー嬢、「野球王」「雨製造者」のウェード・ボトラー氏、「ワイルド・ギース」「そばかす拳闘士」のウェズリー・バリー氏、「大陸大王」「鍍金広小路」のシェルドン・ルイス氏「デニーの薮医者」のホイラー・オークマン氏「燃ゆる青春」のギャレス・ヒューズ氏等が共演する戦争喜劇である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ライラ・リー ウェード・ボトラー ウェズリー・バリー ドナルド・キース
1927年

情熱の激浪

  • 1927年当年公開
  • 出演(Captain_Judd_Drake 役)

ジョージ・W・パイパーがストーリーを組み立て撮影台本を作ったものからデューク・ウォーンが監督した映画である、主なる出演者は「未来派女学生」「弥次喜多海軍の巻」のドナルド・キース、「特急黒ダイヤ」「足で蹴る恋」「珍婚世界漫遊記」のエドナ・マーフィをはじめ、チャールズ・K・フレンチ、それから古くは連続映画「拳骨」「笑いの面」などに出演したシェルドン・ルイス、同じく「紫の覆面」「名金」などの連続で名を轟かしたフランシス・フォード、「少年ロビンソン」「我れ一度怒れば」「天晴れ名投手」のトム・サンチ、セイラー・シャーキー等で、カメラはウォルター・グリフィンが担任している。

監督
デューク・ウォーン
出演キャスト
チャールズ・K・フレンチ ドナルド・キース エドナ・マーフィ シェルドン・ルイス

追放の女

  • 1927年当年公開
  • 出演(Hugh_Jeffrey 役)

「ブロークン・ロー」「南北珍雄腕比べ」出演のヴァージニア・リー・コーピン嬢が主演するもので、ハル・リード氏原作の舞台劇を「恐怖街」「瞳を刺す足」のエニッド・ヒバード女史がエセル・ヒル女史と共同で脚色し、「深夜の薔薇」「ベルス(1926)」と同じくジェームズ・ヤング氏が監督した。助演者は「悪の港」「スピード花嫁」のレイ・ホーラー氏、「ミスター・ウー」「中華街見物」のアンナ・メイ・ウォン嬢、「海のロマンス」「中華街見物」の上山草人氏、エリック・メイン氏、メルポルン・マクドウェル氏、シェルドン・ルイス氏等でキャメラは「虹晴」「明日の結婚」のアーネスト・ミラー氏担当である。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
ヴァージニア・リー・コービン レイ・ホーラー メルボーン・マクドウェル マーガレット・セドン
1926年

嵐の花嫁

  • 1926年当年公開
  • 出演(Piet_Kroon 役)

ジェームズ・フランシス・ドワイヤー氏作の小説をマリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が映画脚色し、「奔流天に騰る」「極楽トンボ三人連」等と同じくジエー・ステユアート・ブラックトン氏が監督したもので、主役は「知略三段返し」「海の野獣」等出演のドロレス・コステロ嬢が勤め、「知略三段返し」「奔流天に騰る」等出演のジョン・ハロン氏が相手役を演じ、オツトー・マテイーソン氏、シエルドン・ルイス氏、タイロン・パワー氏、ジュリア・スウエイン・ゴドン嬢等は助演している。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
ドロレス・コステロ ジョン・ハロン オットー・マティーソン シェルドン・ルイス

紅顔の侠児

  • 1926年当年公開
  • 出演(Ratburn 役)

ファースト・ナショナルの西部劇スターとして入社したケン・メイナード氏の第一回作品である。マリオン・ジャクソン女史が原作及び脚色し、「侠勇トムソン」と同じくアルバート・S・ロージェル氏の監督したもので、対手役には「男は度胸」等出演のドロシー・デヴォーア嬢が出演している。その他にもジョージ・ニコルズ氏、J・P・マッゴワン氏、ジョセフ・スウィッカード氏、シェルドン・ルイス氏及び名馬ターザンが共演している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード ドロシー・デヴォーア ジョージ・ニコルズ ジョセフ・スウィッカード

鍍金広小路

  • 1926年当年公開
  • 出演(Nicholas_Welby 役)

W・B・マックスウエル氏作の小説をマリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が脚色し、「奔流天に騰る」「極楽トンボ三人連」等と同じく、J・スチュアート・ブラックトンが監督したもので、「六人の嫌疑者」「奔流天に騰る」等出演のジョン・ハロン氏「突飛大将恋の初陣」「監獄行列車」等出演のドロシー・ラヴオーア嬢が主演し、「太平洋横断」「特製鋼鉄人形」等出演のマーナ・ローイ嬢を始め、ガードナー・ジエームズ氏、マックリン・アーバツクル氏、シエルドン・ルイズ氏、マテイルド・コモン嬢等が助演している。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
ジョン・ハロン ドロシー・デヴォーア マーナ・ローイ マクリン・アーバックル
1925年

輝く三色旗

  • 1925年当年公開
  • 出演(Pugin 役)

エミール・オジュ氏作の舞台劇を映画化したものでアデレイド・ヒールブロン女史が脚色し、「極楽突進」「女名捕手」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督した。主役は「駅馬車(1925)」「極楽突進」「紅ばらの唄」等出演のベティー・カンプソン嬢が演じ、相手役には「紅椿」等出演のウォーレス・マクドナルド氏、「金色の寝床」等出演のセオドア・コスロフ氏が出演し、その他シェルドン・リョイス氏、マーガレット・セドン嬢、ゲイル・ヘンリー嬢、ジョセフ・J・ダウリング氏等が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ベティー・カンプソン ウォーレス・マクドナルド セオドア・コスロフ シェルドン・ルイス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > シェルドン・ルイス