TOP > 映画監督・俳優を探す > ルイズ・カーター

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1936年 まで合計15映画作品)

1936年

ロジタ(1936)

  • 1936年
  • 出演(Guadalupe 役)

ニューヨークメトロポリタン・オペラ座出演のグラディウス・スウォザウトが「赤毛パレード」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールズと共に出演する映画で、リチャード・ウォルトン・タリーとデイヴィッド・ベラスコ合作の舞台劇より、「人生は42から」のハーラン・トンプソンがブライアン・フッカーと協力して潤色し、「アフリカ駐屯兵」のフランク・パートス及びチャールズ・ブラケットが更にアーサー・シークマン、ナット・ペリンと共同脚色し、「ルムバ」「路傍」のマリオン・ガーリングが監督に当たり、「花嫁の感情」のレオ・トーヴァーが撮影した。助演者は「運河のそよ風」のチャールズ・ビックフォード、「ピストルと音楽」のグレイス・ブラッドリー、「ソレルとその子」のH・B・ワーナー、ヴォードヴィル俳優のウイリー・ハワード及びハープ・ウィリアムス、「久遠の誓い」のシャーロット・グランヴィル、「舗道の雨」のマイナー・ワトソン、「クカラチャ」のドン・アルヴァラド等である。音楽は「1936年の大放送」と同じくレオ・ロビン作詞、ラルフ・レインジャー作曲、舞踊振付は「絢爛たる殺人」のリロイ・プリンツの担任。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
ジョン・ボールズ グラディス・スウォザウト チャールス・ビックフォード ウィリー・ハワード
1935年

幻の合唱

  • 1935年
  • 出演(Mrs._Crisparkle 役)

「情熱なき犯罪」「透明人間」のクロード・レインズと「第三階級」「若草物語(1933)」のダグラス・モンゴメリーと共に主演する映画で、チャールズ・ディケンズの未完成小説に取材してレオポルド・アトラスとブラッドリー・キングが書き下ろし、「ミイラ再生」のジョン・L.ボルダーストンと「わがまま者」のグラディス・アンガーと共同脚色し、「鷲と鷹(1933)」「白い肉体」のスチュアート・ウォーカーが監督に当たり「百万ドル身代金」「ナガナ」のジョージ・ロビンソンが撮影した。助演者は「戦争と母性」のヘザー・エンジェル、「ブルースを唄う女」のデイヴィッド・マナース、新入社のヴァレリー・ホブスン、舞台から来たフランシス・L・サリヴァン、ウォルター・キングスフォード、E・E・クライヴ、ルイズ・カーター等である。

監督
スチュアート・ウォーカー
出演キャスト
クロード・レインズ ダグラス・モンゴメリー ヘザー・エンジェル デイヴィッド・マナース

可愛いオディ

  • 1935年
  • 出演(Aunt_Jane_Ford 役)

「あたいは街の人気者」「輝く瞳」のジェーン・ウィザースが主役を演じる映画で「女は要らねえ」のルー・ブレスラウがエドワード・エリスキュと協力して書き下ろした台本により「あたいは街の人気者」と同じくルイス・サイラーが監督に当たった。助演者は「歓楽の女王」のピンキー・トムリン、「ホワイト・パレード」のジェーン・ダーウェル新人のリタ・カンシノ、「東への道」のラッセル・シンプソン、ジョージ・ジヴォー、フランシス・フォード等で、撮影は「輝く瞳」のアーサー・ミラーの担当である。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
ジェーン・ウィザース ピンキー・トムリン リタ・カンシノ ジェーン・ダーウェル
1934年

米国のメロディ

  • 1934年
  • 出演(Mrs._Tarrant 役)

「昨日」「裏町」のジョン・ボールズが「鏡の前の接吻」「透明人間」のグロリア・スチュアートと主演する映画で、ポール・ガンジュリンの原作を作者自らジョージ・オニールと共同脚色し、「海上ジャズ大学」「令嬢暴力園」のヴィクター・シャーティンガーが監督し「昨日」のメリット・B・ガースタッドが撮影に当たった。なを歌曲はハワード・ジャックソンとシャーティンガーが協作している。助演者は新人モーガン・ファーレー、「南方の騎士」のルース・ホール、アルバート・コンティ、ドロシ・ピーターソン、アンダーソン・ローラー等。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
ジョン・ボールズ グロリア・スチュアート アルバート・コンティ ドロシー・ピーターソン

南瓜とお姫様

  • 1934年
  • 出演(Mrs._Bessie_Bisbee 役)

「ヒョットコ夫婦」「ヒョットコ6人組」のW・C・フィールズが出演する映画で、ジュリアン・ストリートの原作を先の2映画のウォルター・デレオンがポール・M・ジョーンズと共同して脚色し、「青春の頬杖」「競馬天国」のアール・C・ケントンが監督にあたり、「坊やが盗まれた」のアルフレッド・ジルクスが撮影した。助演者は「兄貴は世界一」のジョーン・マーシュ、「美人探し」のバスター・クラブ、「坊やはお休み」のエイドリアン・エイムス、「ジェニイの一生」のルイズ・カーター等。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
W・C・フィールズ ジョーン・マーシュ バスター・クラブ エイドリアン・エイムス
1933年

第三の恋

  • 1933年
  • 出演(Mrs._Lawson 役)

「晩餐八時」「地獄の市長」とマッジ・エヴァンス、「ニューヨーク・ハリウッド」「坊やが盗まれた」のアリス・ブラディー、「世界ボクシング王」「林檎の頬」のオットー・クルーガーが共演する映画で、フェイス・ボールドウィン作の小説に基づいて「酔いどれ船」「私重役様よ」と同じくゼルダ・シアースとイヴ・グリーンが共同して脚色にあたり、「暁の暴風」のリチャード・ボレスラスキーが監督し、「ダンス・ティーム」「懐かしの谷」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影を担任した。助演者は「闇の口笛」「真夜中の処女」のユーナ・マーケル、「一日だけの淑女」「晩餐八時」のメイ・ロブソン、「暁の暴風」「晩餐八時」のフィリップス・ホームス、「新世紀」「響け応援歌」のエドワード・ヌージェント、「生活の設計」のイソベル・ジュウエル、「カイロの一夜」のヘッダ・ホッパー、「御冗談でしョ」のフロリン・マッキニー等。

監督
リチャード・ボレスラウスキー
出演キャスト
マッジ・エヴァンス アリス・ブラディ オットー・クルーガー ウナ・マーケル

戦争と母性

  • 1933年
  • 出演(Mrs.Rogers 役)

「名門芸術」に出演した舞台の名女優ヘンリッタ・クロスマンが主演する映画で、I・A・R・ワイリー原作の小説を「街の狼」「軟派ガール」と同じくフィリップ・クラインとバリイ・コナーズが共同脚色し、「肉体」「人類の戦士」のジョン・フォードが監督に当たり、「輝く西部」のジョージ・シュナイダーマンが、撮影した。助演者は「あめりか祭」のノーマン・フォスター、「懐かしの谷」のマリアン・ニクソン、欧州映画界の花形だったヘザー・エンジェル、「白馬王国」のチャールズ・グレイプウィン及びルシル・ラヴァーン、「お気に召すまま(1932)」のヘッダ・ホッパーその他である。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ヘザー・エンジェル マリアン・ニクソン ヘッダ・ホッパー モーリス・マーフィー

ジェニイの一生

  • 1933年
  • 出演(Mrs._Gerhardt 役)

「アメリカの悲劇」の作者セオドア・ドライザー原作の小説を映画化したもので「ブロンド・ヴィナス」のS・K・ローレンと「謎の真空管」のフランク・パートスが共同して改作し、「お蝶夫人」「七月の肌着」の共同脚色者ジョセフィン・ラヴェットとジョセフ・モンキュア・マーチが共同脚色し、「舗道」「お蝶夫人」と同じくマリオン・ガーリングが監督し、シルヴィア・シドニーが主演するもの。助演者は「民衆の敵」「街の狼」のドナルド・クック、「リリオム」「鉄血士官校」のH・B・ワーナー、「火の翼」「狼火」のメアリー・アスター、「戦慄街」「放送室の殺人」のエドワード・アーノルドが主なるもので、ルイズ・カーター、ドロシー・リベーア、その他が助演している。撮影はレオン・シャムロイの担当。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
シルヴィア・シドニー ドナルド・クック メアリー・アスター エドワード・アーノルド

新世紀

  • 1933年
  • 出演(Mrs._Smith 役)

「暴君ネロ(1932)」に次ぐセシル・B・デミル監督作品で、「犯罪都市(1931)」「キック・イン」のバートレット・コーマックが原作脚色、「鉄窓の女」「春の驟雨」のペヴァレル・マーレーが撮影に当たった。出演者は「ビール万歳」「地下の雷鳴」のチャールズ・ビックフォードを始め、「乗合馬車」「鉄血士官校」のリチャード・クロムウェル、新進のジュディス・アレン、「略奪者」「女給と強盗」のハリー・グリーン、「夜毎来る女」のブラッドリー・ペイジ、「燃ゆる海原」のエドワード・ヌージェント、「鉄血士官校」のベン・アレクサンダー、ファッジー・ナイト、ジョージ・バービア等である。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
チャールス・ビックフォード リチャード・クロムウェル ジュディス・アレン ハリー・グリーン
1932年

私の殺した男

  • 1932年
  • 出演(Mrs._Holderlin 役)

「陽気な中尉さん」「モンテカルロ」のエルンスト・ルビッチがトーキーになってから始めて手がけたシリアス・ドラマで原作は「シラノ・ド・ベルジュラック」で有名なエドモン・ロスタンの息モウリス・ロスタンの筆になる舞台劇。それをレジナルト・バークレイが手を加えて改作し更に「陽気な中尉さん」と同様サムソン・ラファエルソンとエルネスト・ヴァイダが協力してシナリオにまとめ上げたもので撮影は「龍の娘」「失われた抱擁」のヴィクター・ミルナーが担任。主なる出演者を挙げれば「侠盗ヴァレンタイン」のライオネル・バリモア、「盗まれた天国」「夜の天使」のナンシー・キャロル、「アメリカの悲劇」「光に叛く者」のフィリップス・ホームズ、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、ルイス・カーター、ルシアン・リトルフィールド等である。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ライオネル・バリモア ナンシー・キャロル フィリップス・ホームス ルイズ・カーター
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ルイズ・カーター

ムービーウォーカー 上へ戻る