TOP > 映画監督・俳優を探す > ガス・サヴィル

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1930年 まで合計4映画作品)

1930年

西部の星影(1930)

  • 1930年
  • 出演(Pop 役)

「快走王」「君恋し」と同じくリチャード・アーレン氏とメアリー・ブライアン嬢の共演映画で、「滅び行く民族」「曠野に叫ぶ(1930)」のゼーン・グレイ氏の原作から「危険なる楽園」「若き翼」のウィリアム・スレイヴンス・マクナット氏とグロヴァー・ジョーンズ氏が脚色し、「崩るる天地」「砂丘を越えて」のオットー・ブラワー氏と「桃色の盗賊」のエドウィン・H・ノッフ氏とが共同監督し「半分天国」「七日間の休暇」のチャールズ・ラング氏が撮影した。助演者には「ロマンスの河」「サンダーボルト(1929)」のフレッド・コーラー氏、「命を賭ける男(1930)」のレジス・トゥーミー氏、「駄法螺成金」のハリー・グリーン氏、ジョージ・チャンドラー氏、ウィリアム・ルメイヤー氏等が顔を出している。因に本映画の物語は1925年にジャック・ホルト氏を主役としてパ社で映画化されたことがある。

監督
オットー・ブラワー エドウィン・H・ノッフ
出演キャスト
リチャード・アーレン メアリー・ブライアン フレッド・コーラー ハリー・グリーン
1922年

嵐の国のテス(1922)

  • 1922年
  • 出演(Old_Man_Longman 役)

「勝手口から」「小公女」等と同じく其後製作されたユー・エイ社メアリー・ビックフォード嬢主演映画である。グレース・ミラー・ホワイト女史の小説を、目下ゴールドウィン社の名原作家監督家として名声噴々たる「懐かしの我家」「君を思えば」「背中を掻いて頂戴」等の作者ルパート・ヒューズ氏が映画に脚色し、「狂える悪魔」「女優の悲哀」等妙腕を揮ったジョン・エス・ロバートソン氏が監督をした。相手役は「母の愛」等のロイド・ヒューズ氏、其他グローリア・ホープ嬢、ジーン・ハーショルト氏等が共演している。尚此原作は8年前ピックフォード嬢が5巻物として映画化した事のあるもので、其間の進歩を語るにふさわしいものがある。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
メアリー・ピックフォード ロイド・ヒューズ グロリア・ホープ デイヴィッド・トーレンス
1921年

激闘果つる迄

  • 1921年
  • 出演(Old Man Ring 役)

「野人の勇」「山頂の勇姿」「正義の銃士」「熱沙を蹴りて」などと同じくバック・ジョーンズ主演のフォックス映画で、相手役は「戦闘の跡」「雷岳の危難」など出演のキャロル・ホロウェイである。数多いフォックス物を監督したエドワード・ルサンの監督。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
バック・ジョーンズ キャロル・ホロウェイ ガス・サヴィル バート・スプロット
1919年

やがて夫に

  • 1919年
  • 出演(Jasper_Stagg 役)

「忠僕のジュビロー」「自然児」「海から来た男」「金持の親類」等同様ウィル・ロジャース氏主演、クラレンス・G・バッジャー氏監督のゴールドウィン映画である。相手役はペギー・ウッド嬢、その他カレン・ランディス氏クララ・ホートン嬢の若い人気者やハーバート・スタンディング氏が出演している。原作は「ケンタッキーの大佐」同様オピー・リード氏である。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ウィル・ロジャース ペギー・ウッド ハーバート・スタンディング カレン・ランディス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ガス・サヴィル

ムービーウォーカー 上へ戻る