映画-Movie Walker > 人物を探す > チャーリー・ワッツ

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2015年 まで合計8映画作品)

2015年

12-12-12 ニューヨーク、奇跡のライブ

  • 2015年1月16日(金)公開
  • 出演

ハリケーン『サンディ』の大打撃を受けた被災地救援のためにポール・マッカートニーやザ・ローリング・ストーンズら豪華アーティストが集結、2012年12月12日にニューヨークで開催されたチャリティー・コンサート『12.12.12 The Concert For Sandy Relief』の模様を収めたドキュメンタリー。伝説的バンド、ニルヴァーナがポール・マッカートニーをメンバーに迎えて一夜限りの復活を果たすなど音楽ファン垂涎の共演が続くステージだけでなく、寄付受付ダイヤルの電話応対をウーピー・ゴールドバーグらが自ら行い、イベントの裏方として参加するジェイク・ギレンホールやクリステン・スチュワートら舞台裏の姿も追う。ポール・マッカートニーは本作の製作総指揮も務めている。

監督
アミール・バーレフ チャーリー・ライトニング
出演キャスト
ジョン・ボン・ジョヴィ エリック・クラプトン ロジャー・ダルトリー マイケル・デンプシー
2013年

ザ・ローリング・ストーンズ スウィート・サマー・サン ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク2013

  • 2013年10月26日(土)公開
  • 出演

ローリング・ストーンズがロンドンのハイド・パークで、2013年7月6日、13日の二日間にわたって行ったコンサートの模様を収録した音楽ドキュメンタリー。両公演からのベスト・テイクにボーナス映像も加え、二日間の熱演を伝える。収録曲は、『ホンキー・トンク・ウィメン』、『スタート・ミー・アップ』など。

監督
ポール・ダグデール
出演キャスト
ミック・ジャガー キース・リチャーズ チャーリー・ワッツ ロニー・ウッド
2011年

ザ・ローリング・ストーンズ サム・ガールズ

  • 2011年11月5日(土)公開
  • 出演

1978年に行われたザ・ローリング・ストーンズの北米ツアーから、テキサス州フォートワースでのライブを記録したコンサート映画。全17曲。85分。撮影後長らく未公開のままだったが、33年後の2011年に、オリジナル16mmフィルムからのデジタルリマスタリング、5.1ch化され公開された。日本では、冒頭にミック・ジャガーの15分のインタビュー映像を加えて、2011年11月5日よりワーナー・マイカル・シネマズ系で上映。

出演キャスト
ミック・ジャガー キース・リチャーズ チャーリー・ワッツ ビル・ワイマン
2010年

ザ・ローリング・ストーンズ レディース・アンド・ジェントルメン

  • 2010年10月1日(金)公開
  • 出演

ローリング・ストーンズが名盤『メイン・ストリートのならず者』をリリース後、1972年から73年にかけて行った北米ツアーを記録したドキュメンタリー。74年にプレミア上映された後、なぜか一般公開されなかった作品を最新技術でリマスタリングし、ストーンズがライブ絶頂期と言われたころの映像を蘇らせている。DLP上映。

監督
ローリン・ビンザー
出演キャスト
ミック・ジャガー キース・リチャーズ チャーリー・ワッツ ビル・ワイマン

ストーンズ・イン・エグザイル 「メイン・ストリートのならず者」の真実

  • 2010年7月12日(月)公開
  • エクゼクティブ・プロデューサー、出演

ローリング・ストーンズの代表作の1つ「メイン・ストリートのならず者」。莫大な写真やホーム・ムービー、本人たちのナレーションによってその製作風景に迫ったドキュメンタリーだ。

監督
スティーヴン・カイヤック
出演キャスト
ミック・ジャガー キース・リチャーズ チャーリー・ワッツ ビル・ワイマン
2008年

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト

  • 2008年12月5日(金)公開
  • 製作総指揮

40年以上にわたってロック界を牽引し続けている、ザ・ローリング・ストーンズ。彼らがNYで敢行したライブとその舞台裏を、鬼才マーチン・スコセッシがつぶさに捉えた音楽映画。

監督
マーティン・スコセッシ
出演キャスト
ザ・ローリング・ストーンズ クリスティーナ・アギレラ バディ・ガイ ジャック・ホワイト
1993年

ブルー・アイス

  • 1993年3月6日(土)公開
  • 出演(Drums 役)

ボビー・ショート、ローリングストーンズのチャーリー・ワッツなど、スーパー・スターをナイト・クラブのシーンに起用した、華やかでスタイリッシュなスパイ映画。007とは対照的な個性を持つ主人公のハリーは、英国スパイ小説の第一人者テッド・オールビュリーが作り出したヒーローで、これを脚本家のロン・ハッチンソンが脚色した。監督は「リコシェ」「ハイランダー」のラッセル・マルケイ。プロデュースはハリー役を務めるマイケル・ケイン。相手役は「ブレードランナー」以来、活躍が目覚ましいショーン・ヤング。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
ショーン・ヤング マイケル・ケイン ボブ・ホスキンス イアン・ホルム
1978年

ワン・プラス・ワン

  • 1978年11月1日(水)公開
  • 出演(The Rolling Stones 役)

'60年代、若者に大きな影響を与えたポップ・グループ、ローリング・ストーンズを画面に登場させ、一シーン、一カットという映画技法で複数のストーリーを描く。製作はマイケル・ピアソンとイェーン・クォーリア、監督・脚本は「ヒア&ゼア こことよそ」のジャン・リュック・ゴダール、撮影はトニー・リッチモンド、音楽はアーサー・ブラッドバーンとデリック・ボール、編集はケン・ラウルス、メイクアップはリンダ・ドゥ・ヴェッタが各々担当。出演はザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガー、ブライアン・ジョーンズ、キース・リチャード、チャーリー・ワッツ、ビル・ワイマンとアンヌ・ヴィアゼムスキー、イェーン・クォーリア、フランキ・ダイモン・ジュニア、ダニー・ダニエルスなど。

監督
ジャン・リュック・ゴダール
出演キャスト
ミック・ジャガー ブライアン・ジョーンズ キース・リチャード チャーリー・ワッツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャーリー・ワッツ