映画-Movie Walker > 人物を探す > 松田政男

年代別 映画作品( 1968年 ~ 2010年 まで合計10映画作品)

2010年

ベオグラード1999

  • 2010年11月27日(土)公開
  • 出演

1970年の自衛隊市ヶ谷駐屯地、三島由紀夫・森田必勝割腹自殺事件に衝撃を受けた活動家が集まり、鈴木邦男を代表として発足した右翼民族派団体「一水会」の国内外での活動を記録したドキュメンタリー。1999年。平成天皇の在位十年記念式典が行われ,日の丸と君が代が国旗・国歌として法制化、日本国内のナショナリズムが異様に高揚してきていた時期。金子遊監督は自分の内側にも芽生え始めていた「内なるナショナリズム」の問題を探るためにカメラを持ってフィールドワークを開始。そんな折、バビロン音楽祭に出演する恋人の姿を16ミリフィルムに収めるため、イラク戦争前のバグダッドへ入る。恋人はそれがきっかけで新右翼「一水会」の事務局で働きだし、当時、書記長だった木村三浩に急速に接近していく。木村が行うトークショー、三島・森田を祀る「野分祭」、一水会フォーラムにおける西部邁の講義、新宿駅前における雨宮処凛らの街宣活動、アメリカ大使館前での暴力的なデモ行動に付き添ううちに、監督は徐々に木村の人物に魅了されていく。それまでの右翼のイメージとは違い、木村の論法は、論理的に緻密であるとともに、若者の社会への疑問に答えるだけの「熱」を帯びているように見えた。街頭での演説で木村がNATOによる空爆直後のユーゴスラビアへ渡航することを知り、随行して首都ベオグラードへ入る。そこで待っていたのは、民族浄化の虐殺者として名を知らしめていたV・シェシェリ(セルビア副首相)、ユーゴスラビアの大統領、セルビア民兵の指導者たちだった。そして、帰国後の木村には或る褒賞が待っていた。旅に随行したカメラが可視化したものは、右翼と左翼市民運動家ということ以上に、本質的に木村と監督のあいだを隔てる「ある秘密」であった。それから10年。2005年の一水会相談役の見沢知廉の自殺、2006年一水会事務局で5年間働いた元恋人の突然死に衝撃を受けた監督は、再びカメラを取り上げる……。

監督
金子遊
出演キャスト
木村三浩 鈴木邦男 西部邁 雨宮処凛
2007年

幽閉者(テロリスト)

  • 2007年2月3日(土)公開
  • 出演

アングラ映画の鬼才・足立正生が、35年ぶりの新作として放つドラマ。赤軍派兵士・岡本公三をモデルに、監獄に幽閉されたテロリストの孤独な闘いを力強く描く。

監督
足立正生
出演キャスト
田口トモロヲ PANTA 大久保鷹 梶原譲二
2005年

レフト・アローン2

  • 2005年2月26日(土)公開
  • 出演(松田政男 役)

「MOON CHILD」など瀬々敬久監督作の脚本を多数手掛ける井土紀州。彼が、学生たちによる政治運動など、自らの生まれた年、1968年の思想を探るドキュメンタリーの第2弾。

監督
井土紀州
出演キャスト
すが秀実 松田政男 西部邁 柄谷行人

レフト・アローン1

  • 2005年2月5日(土)公開
  • 出演(松田政男 役)

「MOON CHILD」など瀬々敬久監督作の脚本を多数手掛ける井土紀州。彼が、学生たちによる政治運動など、みずからの生まれた年、1968年の思想を探るドキュメンタリー。

監督
井土紀州
出演キャスト
すが秀実 松田政男 西部邁 柄谷行人
1984年

さらば箱舟

  • 1984年9月8日(土)公開
  • 出演(電気工事夫 役)

架空の小さな村を舞台に、約一世紀にわたる一家の興亡を描く一大叙事詩。「草迷宮」の寺山修司と岸田理生が共同で脚本を執筆。監督も同作の寺山修司で彼の遣作である。撮影は「海燕ジョーの奇跡」の鈴木達夫が担当。

監督
寺山修司
出演キャスト
小川真由美 原田芳雄 新高けい子 高橋洋子
1982年

俗物図鑑

  • 1982年11月8日(月)公開
  • 出演(機動隊々長 役)

“出歯亀評論家”“横領評論家”“性病評論家”など奇妙な評論家が集まり、世の良識を向うにまわしてマスコミで活躍する姿を描く。筒井康隆の同名の小説を映画化したもので、脚本は「団鬼六 蒼い女」の桂千穂、監督は「時の娘」の内藤誠、撮影は「転校生」の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
平岡正明 巻上公一 南伸坊 入江若葉

蠢動

  • 1982年10月2日(土)公開
  • 出演(剣術師範・松宮十三 役)

“時代劇を追求し続ける自主映画作家”として注目を集める三上康雄監督が、プロの協力を得て完成した。封建制度の中での義を主題に、雪中を走る、斬るの時代劇。雪に覆われた鳥取砂丘での殺陣もある。出演は西田良、汐路章、玉生司朗、古川京子といったプロの役者の他、映画評論家の松田政男、監督の三上康雄など。撮影はTVドキュメンタリーを撮り続ける岩井銀二、編集は「蔵の中」の木村幸雄、録音は「水戸黄門(1978)」の中川清が担当している。

監督
三上康雄
出演キャスト
三上康雄 西田良 汐路章 玉生司郎
1978年

ヒア&ゼア こことよそ

  • 1978年7月22日(土)公開
  • 字幕監修

72年以後3年間いっさいの新作を発表しなかったジャン・リュック・ゴダールが新しい同志であり、妻であるアンヌ・マリー・ミエヴィルと共に完成させた彼らのメッセージ映画。製作はジャン・リュック・ゴダールとアンヌ・マリー・ミエヴィル、監督はジャン・リュック・ゴダール、撮影はウイリアム・ルプシャンスキーが各々担当。 映画はまず、いかにこの映画をつくろうとしたかを示す。人民から出発した五つの主題、五つの音と五つの画による映画。「人民の意志」、「武装闘争」、「政治活動」、「戦争の持続」、そして「勝利の日まで」と70年2月から7月にかけて、ヨルダン、レバノン、シリアで撮影したイメージとサウンドを描き出す。そこで二分法で世界を測ろうとすることの疑問を感じる。時間と空間、音と画、夢と現実、百万長者と貧乏冠者。「再考する--」というビデオ文字のタイトルが登場するたびに、映画はそれまでの映画づくりを点検しフィードバックしつつ方向を模索していく。こことはテレビをながめるフランス人家族。よそとはパレスチナ革命の画像。そしてまたここは今日、騒音と夕食後宿題にとりかかる前にテレビを見ている子供であり、よそは、昨日であり、イスラエル側の機銃射撃に身をさらして作戦を点検するフェダインたちなのだ。これらの単純なイメージは自らを語っていることであるにもかかわらず、それとは別なことを語ってしまっている。我々はまだ見ることも聞くこともよく知らないでいるのだ。よそで聞けるようになるために、ここで見ることを学ぶ。他者のしていることを見れるために、互いに聞きあい話し合うことを学ぶ。他者とは、我々のここにとってのよそなのだ。

監督
ジャン・リュック・ゴダール
1975年

略称連続射殺魔

  • 1975年1月31日(金)公開
  • 製作

昭和44年に製作されたまま、公開されることのなかった幻の風景映画。正式なタイトルは、「去年の秋 四つの都市で同じ拳銃を使った四つの殺人事件があった 今年の春 十九歳の少年が逮捕された 彼は連続射殺魔とよばれた」である。彼とは、勿論あの永山則夫だ。映画のスタッフは、永山の足跡を忠実に追って日本列島をロケしてまわり、香港にまでも律儀に行く。カメラは、永山が眺めたであろう風景をただただ撮るだけである。撮影期間は44年8月~11月。編集・録音は44年12月、完成は44年12月。製作費950万円。この映画が5年間公開されなかったのは、足立・岩淵・野々村・山崎・松田・佐々木の6人のスタッフが、創り手と受け手の回路はかれら6人の内部で完結していると考えたからである。永山則夫の足跡を知るためには、鎌田忠良の『殺人者の意思』が参考になる。鎌田はこの映画のスタッフのよきチューナーであった。スタッフ側からのこの映画に対する発言は、松田政男『風景の死滅』、足立正生『映画への戦略』に収録されている。

監督
足立正生
出演キャスト
足立正生
1968年

絞死刑

  • 1968年2月3日(土)公開
  • 出演(検察事務官 役)

「無理心中 日本の夏」の田村孟、佐々木守、大島猪と深尾道典がシナリオを執筆し、大島渚が監督した、死刑制度存廃問題、在日朝鮮人間題をテーマとした異色社会劇。撮影も同じ吉岡康弘。

監督
大島渚
出演キャスト
佐藤慶 渡辺文雄 石堂淑朗 足立正生
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 松田政男